« Mixi | トップページ | HTMLメールの危険-1 »

2004/10/20

プログラムテスト

あるネット上の掲示板に書き込みをして、面白い現象を見つけました。
私が書き込んだ文章内には、複数のホームページアドレス(以後、URL)が含まれていました。
掲示板は、「http://」から始まるURLを書き込むと、ハイパーリンクが付けられ、青色の下線が引かれて、クリックするとそのホームページへ移動するタイプのものでした。
文章内に3つのURLを書きました。
ところが、ハイパーリンクが付いたのは最後のURLだけでした。
はじめの2つには、普通の文字列になっていました。
自分の書き込みが間違っているのかと、不安になりもう一度テストしてみたのですが、やはり最後のURLだけに付きます。
この掲示板は、あるレンタル掲示板提供会社の提供する無料レンタル掲示板でした。
個人の方が趣味で書いたプログラムではないのです。
このレンタル会社は有料の掲示板も提供しています。
有料掲示板のテストページに書き込んでみましたが、同じ現象が起きます。
別にハイパーリンクが付かないなら、付かないでいいのです。
付けるならいくつ書いても、全てに付けるべきでしょう。

ハイパーリンクを付けるプログラムは、"http://"で始まって、半角英数字で構成され、途中に".(ドット)"があって...という文字列を正規表現で探し出し、探し出した文字列にハイパーリンクのタグを書き出すわけです。
たいして難しいプログラムでもないのです。
みなさんも、掲示板やエディタソフトなどでよく見かけられるものでしょう。
私もプログラムを書きますが、この場合実際に自分で記事を書き込んでテストをするのは当然のことです。
多分この掲示板のプログラムを書いたプログラマもテストをされたでしょう。
でも、テストではハイパーリンクは一つしか書かなかったのでしょうね。
コンピュータプログラムにバグはつきものです。
バグのないプログラムなんて無いのかもしれません。
あらゆる状況でのテストを行うことは、確かに不可能なことです。
しかし、この程度のバグはちょっとまめにテストをすれば、すぐに見つけられるたぐいのものです。

今日は、自分に対しても、より慎重なバグ取りをするように教えられました。

|

« Mixi | トップページ | HTMLメールの危険-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/1729638

この記事へのトラックバック一覧です: プログラムテスト:

« Mixi | トップページ | HTMLメールの危険-1 »