« タブブラウザ Sleipnir | トップページ | タブブラウザ Sleipnir 3 »

2004/11/12

タブブラウザ Sleipnir 2

今回も、Sleipnirの魅力についてです。

使えば使うほど便利で楽しいブラウザです。
今回は、面白い機能、便利な機能をいくつか紹介することにします。

まずは、「ツール」メニューの「Sleipnir オプション」で設定できる機能のいくつかです。


  • [全般]-[起動]-「起動時に前回終了時の状態を復元する」
    複数のソフトを開いていて、ついうっかり閲覧中にSleipnirを終了してしまった時とか、パソコンから席を外した間に誰かが勝手に終了してしまった時など、とにかく起動すれば以前の状態で表示されます。
    せっかく探し出したサイトを再度一から探し出すこともなくて済みそうです。

  • [全般]-[終了]-「インターネットの経歴を削除する」
    家庭で、子供には見せたくないサイトを閲覧していたとか、会社でこっそり仕事に関係のないサイトを楽しんでいたとか(いけないことだけどね)、閲覧経歴は消しておいた方が安全ですよね。

  • [全般]-[電子メール]-「mailtoで電子メールソフトウエアを起動しない」
    ホームページ上の、「mailto」をうっかりクリックしてしまいOutlook Express等が起動、あわてて終了させる事はよくあること。
    これはありがたい機能で、けっこう気に入っています。

  • [全般]-[お気に入り全般]-「起動時にお気に入りを並べ替える」
    「訪問回数」「アルファベット昇順」「アルファベット降順」の何れかでお気に入りを並べ替えることが出来ます。
    「訪問回数」を選択しておくと、よく訪問するページのお気に入りが上に並ぶので、簡単に探すことが出来ます。

  • [セキュリティ]-[セキュリティグループ]
    JavaScript、Java、ActivX、画像等の無効・有効を自由に組み合わせた「セキュリティグループ」をいくつでも作ることが出来ます。
    訪問するサイトの危険度により、「セキュリティグループ」を変えて閲覧することが出来ます。
    通常は、Java, ActivX等を無効にてセキュリティを高めておき、安全なページのみこれらを有効にした「セキュリティグループ」に切り換えるというような使い方を出来ます。
    IEの「インターネットオプション」の設定の上で、Sleipnirのオプションを使うことになるので、IEで低めのセキュリティに設定しておいた上で、Sleipnirのオプションで調整するという方法が良いのではないかと思います。
    また、ページを「お気に入り」に登録することにより、ページごとやフォルダごとに、セキュリティを変えて登録することも出来ます。
    とても見たくて面白いページだけれど、うるさいサウンドだけはご免だと言うようなページに、サウンドの再生だけ無効にするなんていう設定も出来ます。


お気に入りの処理については、まだ面白い機能があるのですが、これは次回に回すことにします。
とにかくまだまだ面白い機能のあるSleipnirなので、あと一~二回は続けられそうです。

タブブラウザ Sleipnir 公式ページ - BearFactory

|

« タブブラウザ Sleipnir | トップページ | タブブラウザ Sleipnir 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/1944901

この記事へのトラックバック一覧です: タブブラウザ Sleipnir 2:

« タブブラウザ Sleipnir | トップページ | タブブラウザ Sleipnir 3 »