« パソコン大掃除 その1 | トップページ | パソコン大掃除 その3 »

2004/12/28

パソコン大掃除 その2

今日は、キーボード、マウス、モニタをお掃除しましょう。

キーボード
普通の汚れなら、きつく絞った雑巾で拭けばいいのですが、たまにはキーの間の埃やゴミをとってあげましょう。
なかには、ホッチキスのピンなんかが挟まっている事もあります。
やはり年に一度くらいはキーを外して洗ってみると見違えるほど美しくなります。

キーの配列に自信のある方は良いのですが、そうでない方はキーを外す前にデジカメなどでキーボードの写真を撮ってコピーしておきましょう。
キーを外す道具として、キートップリムーバーというのを売っているようです。
そげ抜きを大きくしたようなものでトップキーをつかんで外すようです。
私は、マイナスドライバーで傷つけないように静かに外しています。
外したトップキーを布袋などに入れて、中性洗剤で洗います。
キーを外したキーボード本体は、エアクリーナーなどでしっかりゴミや埃を取っておきます。
洗ったトップキーは十分に乾かしてから、元通りにはめ込みます。
上からちょっと力を入れて押し込めば、簡単にはまるはずです。

キーボードはけっしてアルコール類などでは拭かないようにして下さい。
表面の文字が消えてしまう事があります。

マウス
光学マウスの場合は、中性洗剤を薄めた液で浸した雑巾などで表面の汚れを取るだけで良いでしょう。

ボール式のマウスは、中に埃などが入っています。
まず裏面の蓋を外し、ボールを取り出します。
ボールは、布などで拭いて表面の埃を取って下さい。
ガムテープの上で転がしてやると細かい埃まできれいに取れます。
中のローラーには、埃がからみついている事が多いものです。
綿棒などで、からみついた埃を取ってやりましょう。
どうしても取れない場合は、ピンセットなどで優しく取り除きます。
ローラーは普通3つありますので全てきれいにしておきます。
最後に、エアクリーナーで中の埃を吹き飛ばしておきましょう。
ついでに、マウスパッドもきれいに雑巾で拭いておきましょう。(布製は駄目ですよ)
これで、マウスポインタの動きがとっても軽快になったでしょう。

モニタ
液晶モニタの場合は、表面を濡れた雑巾などで拭く事は止めた方が良いでしょう。
乾いた布で軽く拭く程度にしておきましょう。
画面表面は柔らかいので、けっして力を入れてごしごしやらないようにしましょう。
静電気とゴミをとる刷毛が売られていますので、これで普段から定期的に掃除しておくとよいでしょう。

CRTモニタは、固く絞った布で拭きましょう。
普通の雑巾を使うと、布の「けば」が表面についてなかなか取れません。
メガネふきなどに使われている不織布を使うと「けば」がつきません。
最後に乾いた不織布で乾拭きをしておきましょう。
きれいに乾拭きをしないと、表面に拭き跡が残りかえって見にくくなってしまいます。
アルコール類を含んだ洗浄剤やシンナーなどを使うと、表面のコーティングをはがしてしまうので使用しないようにしましょう。

後は、パソコン内部(ハードディスク)の大掃除なのですが、まだ年賀状の書き残しや年末の仕事が残っています。
もし大掃除でパソコンの調子がおかしくなると困るので、年明けにしましょう。

|

« パソコン大掃除 その1 | トップページ | パソコン大掃除 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/2396300

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン大掃除 その2:

« パソコン大掃除 その1 | トップページ | パソコン大掃除 その3 »