« OpenOfficeという選択 | トップページ | 削除ファイルの復元 »

2005/02/01

一太郎・花子裁判

一太郎裁判のニュースが先ほどから、度々流れています。

「一太郎」、「花子」の「ヘルプモード」が某家電メーカーの特許に引っかかるという。
はっきり言ってこんなもので。
こんなのちょっとしたプログラマなら、思いつく機能じゃないのかな?
アイコンにマウスオーバーして、ヘルプを感知するのは元々ある機能ですよね。
これが、「ヘルプモード」アイコンをクリックしてから、目的のアイコンをクリックするだけですよね。
ヘルプ感知でポップアップさせるのと、ポップアップウインドウが出るかの違いだけなのに。
それなら、アイコン上で右クリックなんかで、出せばいいのかな?
まあ、特許というのは申請して取ったもの勝ちだから、特許を取った方が強いのかもしれないけれど、こんなの特許なのですかね。
つまらない特許ですね。

パソコン、専用機を含めて、多くの優れた日本語ワープロがありましたが、今となってはただ一つ残った「一太郎」。
「一太郎」は一度使った人なら、誰もが某異国メーカーの「○ード」よりはるかに優れた日本語ワープロである事は認めるはず。

こんな事で、「一太郎」が消えて欲しくないというファンはいまだに数多くいるはず。
日本語ワープロは、日本語を知っている日本のメーカーに作り続けて欲しいと思うのは私だけでしょうか?
「日本語」まで、他国に売り渡したくはありません。

こんな事で、「一太郎」が消える事だけは困ります。
ジャストシステムは直ちに控訴するそうですから、最後まで戦ってほしいものです。
そしてたとえ裁判に負けても、こんな機能など無くてもかまいません。
「一太郎」は絶対無くなる事はないでしょう。
良いソフトなのだから。

そう言えば先日「一太郎2005」のバージョンアップ案内が来ていた。
ここ、最近バージョンアップしていなかった。
まだ「一太郎12」を使っている。
今回は、絶対バージョンアップします。

|

« OpenOfficeという選択 | トップページ | 削除ファイルの復元 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/2773517

この記事へのトラックバック一覧です: 一太郎・花子裁判:

« OpenOfficeという選択 | トップページ | 削除ファイルの復元 »