« ソフトのヘルプ | トップページ | Nifty パソコン通信 »

2005/02/22

やはりワープロは一太郎

2月10日に「一太郎2005」が発売されました。
私は、プライベートではパソコンワープロは「一太郎」を使い続けていました。
もちろん、IMEは「ATOK」です。
会社に勤めていたときは、オフィスでは「ワード」も使わざるを得なかったのですが。

退職して、パソコンを人に教える仕事を始めて、ワードも教えないといけなくなりました。
そこで、最近は出来るだけワードにふれようとしているのですが、やはり使いにくい。
それでも、IMEは「ATOK」を使い続けています。
最新の「MS IME 2003」でも、古い「ATOK 15」の倍くらい時間がかかってしまいます。

一太郎も、バージョン12から全くバージョンアップしていなかったし、「ATOK」もバージョン15のままだったので、今回バージョンアップすることにしました。
一太郎裁判の後なので、よけいに買いたくなったのも事実ですけれど。
発売翌日に購入し、インストール。早速使ってみました。
最近はワードばかりでストレスをためながら使っていたのですが、「一太郎」では全くストレス無く使えます。
日本には、こんなにすばらしい日本語ワープロがあるのに、多くの人がワードに移っていったのか不思議でなりません。
日本語ワープロは、日本人が作ってこそ良いものが出来るのは当然のことなのに。
みんな業務効率を落とすためにワードに移っていったのでしょうか。
ワードオンリーの方、だまされたと思って一度「一太郎」を使ってみてください。
たぶん、ワードには戻れないと思いますよ。
どうしてもワードじゃないといやだという方も、IMEは「ATOK」を使ってください。
変換効率だけでも、十分に使う価値はあります。
それに、MS IMEはただ変換するだけですが(それも誤変換たっぷりで)、「ATOK」は正しい日本語を教えてくれます。
最近多い「ら抜き言葉」なんかもちゃんと指摘してくれます。

最近の「一太郎」はワードとの互換性を謳っていますが、本来逆じゃないかと思うのですよね。
ワードが「一太郎」との互換性を考えなければならないようになってほしいものです。
先日の、「一太郎裁判」で知ったのですが、官庁関係ではまだ「一太郎」が多く使われているそうですね。
日本では、官庁の習慣に民間が合わせている面が多いのに、どうしてここだけは民間がワードなのでしょう。
なんとかワードになれようと、一太郎にふれないようにしていたのですが、また一太郎に戻りそうです。

|

« ソフトのヘルプ | トップページ | Nifty パソコン通信 »

コメント

 僕はもっぱらエディタ愛好派です。安い(多くは無料、せいぜいがシェアウェア)、安定性抜群だからです。もう、一度使い出したらワープロソフトには戻れません。文章を書くならエディタ。文書を作りたい時にだけワープロと割り切っています。

 僕のエディタ関連のカテゴリーです。よろしかったら参考にしてください。
http://soba.txt-nifty.com/blog/cat3081802/index.html

「エディタ解説本、昔は少なかったが、今は結構ありますネ。」
http://soba.txt-nifty.com/blog/2005/04/post_2818.html
も書きました。

投稿: SOBA | 2005/06/19 14:39

SOBA様

>文章を書くならエディタ。文書を作りたい時にだけワープロと割り切っています。
多くの人が、そのように使っていると思いますよ。
私は「秀丸」使用歴十年以上です。

ただワープロとして、一太郎とワードを比べての話です。
ワードでは一太郎の足元にも及ばないという話なのです。

投稿: 何でも屋 | 2005/06/20 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/3032315

この記事へのトラックバック一覧です: やはりワープロは一太郎:

« ソフトのヘルプ | トップページ | Nifty パソコン通信 »