« Nifty パソコン通信 | トップページ | パソコンで年賀状 2 »

2005/08/06

トラックバックについて

ずいぶん長い間、このブログを書くことをサボっていました。
7月は一度も書いていないのですから。

久々に、ココログからトラックバックの通知メールが来ました。
4月7日に書いた「宇治 これからの花」に対するトラックバックでした。
どんなページからのトラックバックか見に行ってきました。
相手のページに、私のブログへ言及など一切なく、当然私のページへのリンクもありませんでした。
確かに、京都の観光名所がずらりと紹介されているページなのですが、すべて「Wikipediaより引用」です。
どうしてこんなページからのトラックバックを受けなければならないのか、腹が立ってきました。

私見として、トラックバックを行うということは、必ず相手ページへの何らかの言及リンクを自分のページに埋め込むべきだと思うのです。
相互リンクになっていなければならないと思うのです。
けっして、相手に対して強引に自分のブログへのリンクを張らせる機能ではないと思うのです。

確かに、相手のページに自分へのリンクを張らせる便利な機能で良いじゃないかという意見もあります。
また、こちらから相手への逆トラックバックを張りに行けばいいじゃないかという考え方もあると思います。
しかし、そのためには相手のページ内容にあわせたブログをこちらも書かなければなりません。
相手のページ内容が、書く気にさせるものならそれでもかまいませんが、今までのトラックバックを受けたケースではそんな気にさせる内容はありませんでした。
私は、基本的に私のページへのリンクがないトラックバックは削除いたします。

私はこのように考えていますが、実際にトラックバックを送ってきた人は決してトラックバックスパムなどと考えてやっているわけではないのかもしれません。
いくつかのブログ運営サイトを見てみました。
ほとんどのサイトでトラックバックの説明で、相手ページへのリンクをについて書かれていないのです。
例えば、ココログの「トラックバック野郎」の使い方には

トラックバックは、ある記事にリンクを張ったときに、その相手(記事)に対してリンクを張ったことを伝えられる機能です。そこには、リンクを張ったユーザーが運営するブログの URL やユーザー名、記事の概要が記述されます。

と書かれています。この「ある記事にリンクを張ったときに」が大切なのです。
ところが、その後の実際の使い方については
テーマが書かれた記事には「トラックバック URL」というアドレスが振り当てられていますので、記事の最後にある「トラックバック URL」を選択して、コピーしてください。
そして、ココログで作成した自分のブログから、提示されたテーマに合わせて新しい記事を作ります。
 この記事を自分のブログに公開する際、操作パネルの右下にある「相手先のトラックバックURLを入力」という空欄に先ほどコピーした「トラックバック URL」をペーストします。

と書かれているのです。
実際の使い方において、「記事にリンクを張る」ことが書かれていないのです。

ココログの説明では、「記事にリンクを張る」ことが一応書かれていますが、全く書かれていない説明もずいぶんあります。
これでは、相手へのリンク無しにトラックバックを送るのが、「トラックバックの使い方」だと思う人が多くなっても不思議ではありません。

本来の悪質なトラックバックスパムについては、ブログ運営者も頭を悩まされていることであり、対策も講じられているものと思います。
同時に、善良なブロガーにはしっかりとマナーを教えていただきたいものだと思います。

|

« Nifty パソコン通信 | トップページ | パソコンで年賀状 2 »

コメント

( ̄∀ ̄*)はじめまして。おいら、北海道に住んでいるRIKAKOと申します。

おいらもトラックバックには基本的にはリンクをすべきと考えます。ただ、マナーとかいうものは、時間とともに変化していくものなので、定期的にココログルで「TB マナー」を検索し、現状が自分ノポリシーとかけはなれていないか、チェックしているのです。

それで、今回ここがヒットしまして。

おいらの場合は、サイドバーにTBマナーのエントリを貼りました。・・・でも、キーワード検索で送ってくる人は、読んじゃいませんがね、たぶん。

考え方はいろいろなので、リンクなしが一概に悪いとはいいませんが、受けてのポリシーに沿ってほしいとおもいますね。相手のサイトに強制リンクするのですから。

だいたいそういうTB送る人で、知らずにやっている人と、そうでない人はわかるものですよね。

そうでない人(確信的)は、コメントに無数に「TBありがとうございます」さんが書き込みしていて、管理人はそれに対してコメント返しをしていない( ̄m ̄;)。

おいらはそういうTBも消しませんが、でも相手のブログにおじゃまして、私のポリシーに沿ってほしい旨お願いしてきます。それで、リンクを追記してくださる管理人さんもいますよ。それが縁で仲良くなったブログもあります(笑)。

気持ちよく、交流したいですよね、そのためのツールですから。

・・・今年も北海道に旅行予定あるのですか?今年は去年より気温は低いけど、本州なみに湿度がたかくて、いいところなし、です。家にクーラーないから、もう、最悪( ̄∀ ̄;)・・・。覚悟の上、来道されたし。

投稿: RIKAKO | 2005/08/07 10:12

RIKAKO様、はじめまして、何でも屋です。
コメントありがとうございます。
確かにマナーは時と共に変わっていくものですが、残念ながらネットでのマナーはどうも悪くなって来ている面は多々ありますが、良くなってはきていないのが現状のように感じています。
ネット人口が増えればやむを得ないのかもしれません。

RIKAKO様のサイドバーの「TBマナー」、拝見しました。
非常に参考になったと共に、少しでもこのような主張を外に向けて発信していくことが大切だと感じ、心強く思います。
私も参考にさせていただき、ただ削除するだけでなく、何らかの対策を考えてみようと思います。

今年も北海道の旅は行きたいのですが、どうも例年より天候が悪いようなので、ちょっと悩んでいるところです。
たぶん行くとは思うのですが。

投稿: 何でも屋 | 2005/08/07 22:12

お初です。
自分は自分の記事に関連性があるトラックバック (例えばある映画に関する日記に対する、その作品に関する日記からのトラックバック、など) は、相手方の記事に自分のその記事へのリンクがなくても受け入れています。映画の例でいえばその作品に関する情報の間口が拡がると思うからです。
邪道でしょうか?

投稿: ZapfDingbats | 2007/01/28 17:28

>ZapfDingbats様
ずいぶん前に書いた記事であり、私は最近ある程度考えを改める必要があるのではないかと考えています。
トラックバックについて、最近おもしろい記事を読みました。
http://www.kotono8.com/2006/01/06trackback.html
これによりますと、4つの文化圏があり、それぞれの考え方の形がおられるようです。
このように、時と共に変わっていくものであり、このような文化圏が出来るのも当然かと思います。
私も最近、ZapfDingbats様のコメントのようなトラックバックがあっても、その仲間の人が許せばそれでよいのではないかと思います。
上記サイトで書かれているところの、「関連仲間文化圏」という事でしょう。
ただ、関連仲間としてどの範囲までのトラックバックを受け入れるか・拒否するかは受け入れ側の自由だと思います。
明らかに、自分の記事への誘導だけが目的のもの、アフィリエイトのポイント稼ぎ目的などは、同じ関連性のある記事であっても、スパムと見なされ拒否されて当然だと思います。

投稿: 何でも屋 | 2007/01/28 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/5341323

この記事へのトラックバック一覧です: トラックバックについて:

« Nifty パソコン通信 | トップページ | パソコンで年賀状 2 »