« パソコンで年賀状 3 | トップページ | Cubがやってきた »

2005/12/07

パソコンで年賀状 4

前回は年賀状ソフトを使わずに、住所録の管理と宛名書きを行う方法について考えてみました。
今回は、年賀状ソフトを使わずに、年賀状の裏面を作る方法について考えてみます。

年賀状の裏面は、文字と画像を組み合わせて好みのデザインを作り、印刷するのですから様々なソフトを使うことが出来ます。
画像と文字を使ってデザインできるソフトなら何でも良いわけです。
一太郎やMicrosoft Wordのような日本語ワープロソフト、Adobe PhotoShopやIllustratorのような画像処理ソフトのようなソフトがまず思いつきます。
このようなワープロソフトや画像編集ソフトの他に、案外便利で使いやすいのがプリンタやデジカメを買ったときに付いている付属ソフトです。

ワープロソフト
書式設定等で葉書サイズに設定して、自由に文章やイラスト・写真等を組み合わせ葉書のデザイン・印刷を行うことが出来ます。
  • 一太郎やMicrosoft Wordには葉書作成の為のテンプレートやコマンドが用意されています。
    「一太郎」なら[ナビ]-[よく使うテンプレート]-[開く]コマンドから「はがき作成」を選択すれば、ウイザード形式で簡単に年賀状裏面を作ることができます。
  • Microsoft Wordなら[ツール]-[はがきと差し込み印刷]-[はがき印刷]コマンドから、ウイザード形式で年賀状裏面を作成・印刷することが出来ます。
どちらも、年賀状専用ソフトの作成方法と同様に、非常に簡単な操作で作成可能です。
画像処理ソフト
PhotoShop等の画像処理ソフトを持っており、操作になれていれば年賀状専用ソフトやワープロソフト以上に自由にデザインした年賀状を作ることが出来るでしょう。
イラストを自分で描いたり、写真を加工したり、文字に装飾を付けたりと、自由自在に加工することが出来、最強のソフトであるといえるでしょう。
プリンタなどの付属ソフト
プリンタや一部のデジカメには、写真などの印刷ソフトが付属しています。
これらの中には、印刷時に文字・文章やイラストを追加できる機能のあるものがあります。
このようなソフトをうまく使うと、年賀状ソフトと同様のデザイン・印刷を行うことが出来ます。
私の使っているEpson PM-G700には、「アルバムプリント for EPSON」という写真印刷ソフトが付属しています。
このソフトは、ウイザード形式で写真印刷を行うことが出来、「編集」画面で写真の他に、文字・イラスト・図形・背景を入れることが出来ます。
自分で撮った写真やフリー素材のイラストなどを配置して、自由にデザインすることが出来ます。
他のプリンタなどにも同じような付属ソフトが同梱されていると思います。
一度プリンタ付属のCD-ROMや使用説明書を探してみましょう。
案外使いやすいソフトかもしれません。
その他
エプソン製品(プリンタ、スキャナなど)ユーザなら、フリーの年賀状作成ソフトをエプソンのサイトからダウンロードして使うことが出来ます。
勿論、イラストなどフリーの素材も提供されています。
http://www.i-love-epson.co.jp/printown/

オンラインソフト等でフリーで使えるはがき印刷ソフトを探してみたのですが、案外使いやすいソフトをフリーで手に入れることは難しいようです。
宛名と違って、写真・イラストなどの画像を自由に配置して、文字も入れてとなると結局画像編集ソフトやワープロにはかないません。

|

« パソコンで年賀状 3 | トップページ | Cubがやってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/7511388

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンで年賀状 4:

« パソコンで年賀状 3 | トップページ | Cubがやってきた »