« Cubがやってきた その3 | トップページ | やはりFirefox その2 »

2006/08/19

やはりFirefox

通常使用するブラウザをFirefoxに変えた。
ここ2年くらいWebブラウザとしてInternet Explorer(IE)を使っていた。
元々インターネットを始めた頃からブラウザはNetscapeだった。
IEがNetscapeのシェアを食いつぶして、のし上がってきてもNetscapeを使い続けていた。
最近、ホームページ制作やパソコンサポートの仕事をするようになり、ホームページのブラウザテストや、パソコン指導でIEを使わざるを得ないからIEを使っていたのだが、やはり好きになれない。

Firefoxが出て以来、IEのシェアが落ちてきているというデータをあちこちで見かける。
なかには、IEのシェアが70%以下、Firefoxのシェアが25%以上というようなデータも見かける。
しかし、これらのデータの多くは海外のもので、日本の事情はどうも違うようだ。
日本では、やはり90%以上がIEなのではないだろうか。
私のサイトのアクセスデータでも95%程度がIEであり、パソコンサポートなどで見てもほとんどの人がIEを使っている。

日本では、企業のパソコン研修やパソコン教室でも、インターネットの使い方ではまず「IEを開きましょう」から始まる。
プロバイダなどのサイトで「インターネット設定」などのページを見ても、IEの設定しか載せていないものが多い。
きっとこんな事が理由で、IEのシェアが高いのではないかと思う。
パソコン初心者の多くが、IE以外のWEBブラウザを知らないのではないだろうか?
IEを使うことを強制しているようで、腹立たしくさえ思う。

私は、パソコンサポートに行っても、時間さえあれば「使うブラウザは何にしましょうか?」と聞くことにしている。
このように聞くことにより、IE以外のブラウザを使うメリットを説明することが出来る。
確かに、IEを使うメリットもあり、IEのシェアが落ちれば、IE以外のブラウザを使うメリットが減ることも事実なのではあるが。

次回から、Firefoxを使うメリットや、おもしろさを書いて(すでに多くの方々が書いておられるのだが)少しでもIE以外のブラウザを使う人を増やしたいと考えている。

|

« Cubがやってきた その3 | トップページ | やはりFirefox その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/11508337

この記事へのトラックバック一覧です: やはりFirefox:

« Cubがやってきた その3 | トップページ | やはりFirefox その2 »