« 光電話 導入編 | トップページ | 何かおかしいIT系企業のサポート »

2006/08/30

光電話 接続編

昨日「光電話 導入編」で「まもなく、電話アダプタが送られてくる」と書いたが、もう届いてしまった。
申し込み前の話では、申し込み後一週間から10日で、「eo光電話アダプタ」を送るので、自分で設定してくださいと言われていた。
それが、5日で届いてしまった。
早いことは良いことだが、驚きの早さだ。

さっそく接続にかかる。
送られてきた「光電話アダプタ」は住友電工製の「MegaBit Gear MR1027」だった。
ケイ・オプティコムでは、他に富士通製のアダプタも使っているようであるが、どちらになるかは送られてこないとわからない。

設定は非常に簡単だ。
まず、回線終端装置とeo光電話アダプタをLANケーブル(ストレートケーブル)でつなぐ。
AC電源アダプタを繋ぎ、電源を入れると、eo光電話アダプタが光電話設定情報を自動的に取得してくれる。
その後、設定ボタンを押すと、自動的に設定情報がeo光電話アダプタに反映される。
PPPランプとVoIPランプが緑色に点灯すれば設定完了。
電話機のモジュラーを、eo光電話アダプタに接続して、「178」をダイヤルすると、自動音声ガイダンスで光電話アダプタの初期動作確認が行われる。
番号ポータビリティを利用しない場合は、これで設定完了だ。
設定には10分もかからなかった。
あとは、光電話アダプタのLANポートにパソコンやブロードバンドルータを接続すれば、パソコンのインターネットも使用できる。
eo光電話アダプタはルータ機能を持っていないから、以前からeo光でインターネット接続を行っていたのなら、パソコンやブロードバンドルータの設定は変更する必要はない。
我が家は、eo光ネット[ホームタイプ]100Mコースなのでこのような接続となるが、100Mプレミアムコースの場合は、パソコンやブロードバンドルータは、回線終端装置のPC用LANポートに接続することになる。

普通ならこれで、設定完了なのだが、番号ポータビリティを利用する場合は、NTTの切替工事が必要になる。
NTTの切替工事が行われるまでは、今までどおりにNTT電話を使うことになるのだ。
それまで、電話機のモジュラージャックをNTTのモジュラーに戻しておく。
NTTの「切替工事日の予約」は、eoユーザーサポートサイトの予約ページから行うことになる。
予約ページでは、利用条件の確認がありその後切替工事日を予約することになる。

私の場合、NTTの契約がISDNになっており、しかもiナンバー(子番号)を使用していた。
利用条件のなかで、ISDNのiナンバーを使っている場合はoeサポートに電話するように書かれていたので、とりあえず電話をしてみた。
電話で、NTTの利用内容、iナンバーをどうしたいか(捨てるかどうか)等を細かく聞かれ、一つ一つ承諾をとられた。
そして、NTT切替工事日もその場で予約してくれた。
このサポートの電話対応は、非常に親切で丁寧なだった。
ぶっきらぼうで、不親切で、いい加減なサポートが多い今の時代に、ケイ・オプティコムはこんなに丁寧な対応をするのだと、ちょっと驚きであった。

NTT切替工事日は最短で9月7日しか空いていないと言うことだったので、この日を予約した。
それまでは、NTT電話を使い続けることになる。
切替工事が終わり、無事開通してから、使い心地など書くことにする。

|

« 光電話 導入編 | トップページ | 何かおかしいIT系企業のサポート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/11684134

この記事へのトラックバック一覧です: 光電話 接続編:

« 光電話 導入編 | トップページ | 何かおかしいIT系企業のサポート »