« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006/09/22

迷惑メール対策 その2

ソフトのメンテナンス

今回は迷惑メール対策ソフトの使用・メンテナンスについてです。
迷惑メール対策に多くの人が、セキュリティソフトやインターネットサービスプロバイダ(ISP)等が提供している「迷惑メール対策サービス」を使っています。
ソフトやサービスを導入すれば、簡単に迷惑メールを撃退できるように考えてしまいそうです。
しかし、迷惑メールを完全に防御できている人は少ないのではないでしょうか。

迷惑メール対策がウイルス対策などと異なるのは、「迷惑メールの定義」が人によって異なることです。
私にとって「迷惑メール」とは、

  1. ウイルスやフィッシングなど、悪意を持ち危害を加えるプログラムを含んだメール
  2. 身に覚えのない所からの嘘の請求等
  3. 出会い系・アダルトサイトなどの宣伝
  4. 買う気にもならない商品・サービスの宣伝
  5. その他諸々

となります。
加えて、外国語のメールは私にとっては全て迷惑メールです。(外国語でメールのやり取りをする相手はいないのですから)
(1),(2)は誰にとっても迷惑メールだと言えるでしょう。
しかし、(3)以降は受け取る人によって、迷惑だと思う人もいれば、余り気にならない人もいるでしょう(むしろ喜んで受け取る人もいるかもしれません)。
つまり、「迷惑メール」として拒否したいメールの内容は人によって異なるのです。

多くの迷惑メール対策のソフトやサービスは、次のように受信メールを「迷惑メール」と決めるようです。

  1. 明らかに危害を加えるドメインやメールアドレスのリストとの照合。
  2. 受信時にフィッシングなどの危険をチェック
  3. メールヘッダーやタイトル、本文などで迷惑メールに特徴的な内容を含むかどうかをチェック。
  4. ユーザーが拒否したい/許可したいドメインやアドレスとの照合。
  5. その他

このなかで、(3)(4)はユーザーはユーザーによって異なるものです。
ユーザーによって異なるために、ソフト・システム開発側で、勝手にルールを決めておくわけにはいきません。

私が使っているNorton Internet Securityには、(3)のプログラムとして「スパムルール」というのがあります。
メールに、特定の語句が含まれていると「迷惑メール(スパムメール)」と判断する機能です。
例えば、アダルト・出会い系の宣伝メールに多く書かれている「援助交際(援交)」や「セックス...」などの語句を登録しておくと、これらの語句を含むメールを「スパムメール(迷惑メール)」と判断してくれます。
(4)のプログラムとして、度々同じ所から来る「迷惑メール」のアドレスなどを登録すると、そこから来たメールを「スパムメール」と判断してくれる機能があります。

このように、迷惑メール対策では、ソフトを買ったりサービスを申し込めばそれで済むわけではなく、ユーザー自身がソフトに登録するなどのメンテナンスを行い、次第に望みどおりに判断してくれるように学習させなければなりません。
このメンテナンスは、一回で済むものではありません。
少しずつ時間をかけて、判別の精度を上げていきましょう。

セキュリティソフトを買ってきたり、プロバイダの迷惑メール対策を申し込んだのに迷惑メールがちっとも減らない方は、もう一度ソフトの取扱説明書やヘルプ、プロバイダの案内サイトなどを確認して、メンテナンスを行ってみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/17

迷惑メール対策 その1

私は現在7個のメールアドレスを使っています。
そのうちの幾つかに迷惑メールが大量に送られて来るようになりました。
迷惑メール対策の第一は、メールアドレスを出来る限り公開しないことです。
公開されている掲示板などに自分のメールアドレスを書き込んだりしないことです。
また、信用できない・怪しげなアンケートや懸賞に応募してメールだドレスを書き込む等も止めましょう。

しかし、業務用のアドレスを業務用ホームページで公開しないわけにはいきません。
業務用アドレスの迷惑メール対策はこれから色々と考えてゆくつもりですが、全く公開などしていないアドレスの一つに毎日数十通の迷惑メールが来ます。
このアドレスには、重要なメールが来るわけでもないので、2~3日に一回しかチェックをしないのですが、その度に迷惑メール・いたずらメールを100通くらい削除しなければなりません。

何故このアドレスに大量に迷惑メールが来るのか不思議でした。
このメールアドレスは、「@nifty」のものです。
@niftyは最初「@nifty ID@nifty.com」の形式でメールアドレスが提供されます。
そして、「@nifty ID」は「アルファベット3桁+数字5桁」と決まっています。
勿論「@」の前の「nifty ID」部分は、自分の好みに変更できます。
@niftyの場合、「自分の好み」に変更する画面で、「@nifty ID宛メールを受信する」がデフォルトになっており、「@nifty ID@nifty.com」のメールアドレスも有効になってしまうのです。
つまり、「@nifty ID@nifty.com」と「自分の好み@nifty.com」のどちらでも、メールが届くのでです。
「@nifty ID宛メールを拒否する」というオプションを選択すれば、「@nifty ID@nifty.com」のアドレスは無効となります。
私は、この@niftyのメールアドレスを随分前(少なくとも1900年代)から使っていますが、昔はそんなオプションがあった記憶はありません。
だから、私の場合「@nifty ID@nifty.com」のアドレスは有効になっていました。

「nifty ID」の形式(アルファベット3桁+数字5桁)は多くの人が知っています。
つまり、「@nifty ID@nifty.com」のメールアドレスは、でたらめなアドレスを作るのが非常に簡単なわけです。
可能な全てのアドレスを作っても「26x26x26x100000=1,757,600,000」です。
多分、全てのアルファベット、全ての数字を使っているとは思えないので、もっと少ない数になるでしょう。
ランダムなメールアドレスに片っ端から迷惑メールを送る犯人にとっては、絶好のターゲットになってしまうのです。

今は、@niftyのサイトにも「ID形式や簡単な名称は迷惑メールのターゲットに」(http://www.nifty.com/mail/alias/index.htm)の注意書きが書かれてあり、「@nifty ID宛メール拒否設定」を勧める内容が書かれています。
しかし、案外「@nifty ID@nifty.com」が有効になっている人が多いのではないかと思います。
ぜひ、「@nifty ID宛メール拒否設定」をしておくことをお奨めします。

@niftyに限らず、多くのプロバイダが提供するメールアドレスにおいて、同じような事が言えるのではないかと思います。
@nifty以外のプロバイダを使っている人も、一度チェックしてみられてはいかがでしょうか。

次回からは、セキュリティソフトを使っての、迷惑メール対策です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/11

Kawasaki から Kawasaki へ

久々にバイクの話です。

4年余り乗ったバイクを乗り換えることにしました。
今まで乗っていたのは、Kawasaki W650。
そして次のバイクは、Kawasaki Super SHERPA。
W650の前は、当時世界最速と言われていたZZR1100に乗っていました。

6年ほど前、腰を痛めそれから重いバイクの取り回しがしだいにつらくなりました。
ZZR1100は装備重量250kgを超えていました。
元気なときは、何ともなかったのですが。
そして乗り換えたのがW650でした。
スタイル、雰囲気、走行感はとっても気に入っていました。

数ヶ月前に、そのW650で立ちゴケしたのです。
その時の引き起こしの重かったこと。
W650は200kg程度なのですが、コカした時の引き起こしはZZR1100と同じくらい重いのです。
バイクはいつコカすかわりません。
それに、どうも最近重いバイクに乗るのが億劫になってきていました。
乗り出せば楽しいのですが、家から引き出して乗り出すまでにどうも重いと億劫になるのです。
腰を痛めてからとくにそうです。

そんなとき、仕事で動き回るのにカブを使うようになりました。
カブなら、気楽に乗れます。
乗り出すまでの億劫さがないのです。
仕事のない日でも、ちょっと近所まで気楽に走りに行けるのです。
しかし、カブでのツーリングはちょっと辛そう。
だいいち30km/hの制限もあるし、当然高速なんか使えないし。

軽くて、気軽に乗れて、高速も使えるバイクが欲しい。
別に大型免許を持っているからと言って、大型に乗ることもない。
今更、峠や高速をぶっ飛ばす気もないので、のんびりツーリングが出来ればいい。
それに、軽いオフ車ならツーリング途中でちょっとオフロードへ寄り道なんて事も気軽に出来る。
ZZR1100に乗っていたときなど、途中で「景色の良いところがあるよな」どと教えてもらっても、「そこまでの道は舗装してありますか?」といつも聞いていたものだが、オフ車ならそんなことに気を遣わなくても良い。

そんなわけで、とうとうSuper SHERPAに乗り換えることにしたのです。
250ccのオフ車です。
車重は111kgしかありません。
おまけに、オフ車でありながらシートが非常に低い。
限定解除のプライドなんか捨てて、250ccに乗ることにしたのです。
2日前にW650を行きつけのバイク屋さんへ持って行き、新車のSuper SHERPAを注文しました。
望みのカラーが今ないそうで、9月末でないと納車できないそうです。
たしか、9月23日に生産するとか言っていました。
乗れるのは、10月からになりそうです。
私にとってのバイクシーズンは10月くらいからですから、今から楽しみです。
バイクが来れば、また色々とここにも書いてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/07

光電話 完了編

今日はNTT番号の切り替え工事日だ。
NTTの電話番号を、NTTに対しては休止にして、光電話でその番号を使えるようにする工事だ。
工事と言っても局内工事なので、自宅に工事に来るわけではない。

工事時間は13:00~14:00で予約をしていた。
工事前にケイ・オプティコムから確認電話がかかってくることになっていたのだが、11時過ぎにかかってきた。
切り替え工事の簡単な説明と、注意事項を伝えられた。

13時をすぎ、適当な時間を見計らって、受話器を取ってみる。
1時半ころに受話器を取ってみると、「ツー」という音がしなく、通話できない状態になっていた。
さっそく、NTT回線に繋がっていた電話機のモジュラージャックを外し、光電話アダプタの電話用のモジュラーに繋ぐ。
ただそれだけ。
自分の携帯電話に発信してみる。
ああ、繋がった。
つぎに、携帯電話からかけてみる。これも問題なし。
いとも簡単に開通した。
ノイズなども全くなく、とってもクリアーに聞こえます。

我が家の電話は元々ISDN回線で使っていたから、モジュラージャックを繋ぎ換えるだけだったが、アナログ回線で使っていた人は回線種別を「プッシュ回線」に切り替える等の設定変更が必要な場合もあるのでご注意。

我が家では、プロパンガスの自動検針器が電話回線に繋がっていた。
早速プロパンガス会社に連絡をした。
これもすぐに工事に来てくれ、30分程度で工事完了。
ガス自動検針は光電話でも使えるか心配していたのだが、工事さえ行えば、ほとんどのケースで問題なく使えているそうだ。

番号ポータビリティでNTTで使っていた番号を光電話で使う場合、マイライン/マイラインプラスなどと共に契約した割引サービスは自分で解約しなければならない。
NTTコミュニケーションズのシャベリッチプラス、テレチョイス、ホーム・オフィス割引プラス、KDDIのだんぜんトーク等々だ。
解約を忘れると、後で請求書が来ることになるのでご注意を。

これで、光電話への切り替えは全て終わった。
これからは、NTTの基本料は支払わなくて済み、光電話アダプタのレンタル料300円だけだ(ケイ・オプティコムの場合)。
さらに、通話料も日本全国8.4円/3分(近畿2府4件へは7.77円/3分)、携帯電話へ掛けても18.9円/1分だ(勿論ケイ・オプティコム間なら無料)。
携帯に掛けるときも、0039を先に付けるなんて面倒なこともなくなる。
安くなったからと言って、長電話にならないように気をつけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/02

何かおかしいIT系企業のサポート

「新しくパソコンを買って、そのパソコンの使用説明がCDに入っているのって、おかしいね」とむかし友人と笑っていたことがあった。
CDの使用説明まで、CDの中のファイルに収録されている。
CDの使い方がわからないから、使用説明を読みたいのに、それをCDを使って読めとは、一体どうすればいいのだ。
自分も、友人もかなりパソコンの使い方を知っていたから、その時は笑い話で済んでいた。

最近インターネット接続サポートなどの仕事が増えてきて顧客と話をすると、このようなことが笑い話ではないと思い、けっこう腹が立っている。
例えば、インターネットプロバイダのインターネット接続の説明。
プロバイダのWebサイトには詳しく書かれており、「よくある質問」なども掲載されている。
でも、これってほとんど役には立たない。
インターネットの接続方法がわからない人は、Webサイトを見ることはできないのだから。
挙げ句の果てに、Webサイトの説明でわからなければメールで問い合わせしろと言われても、一体どうして問い合わせできるのだろうか?
電話を掛けようにも、サポートデスクの電話はほとんど繋がらない。
繋がっても、ガイダンスで「xxxの質問は何番のボタンを押せ」が続く。
いつまでたっても、目的の回答にたどり着けない。
回答も、音声テープだ。
初めて、インターネットに接続するパソコン初心者は、人間が出てきて説明してくれなければ解らないのは当然だ。

こんなこともある。
インターネットが今なら安くてお得なキャンペーンなどで、その条件がWebサイトには詳しく書かれているのだが、チラシや広告にはほとんど書かれていない。
顧客は、チラシなどの広告につられて申し込む。
その後で、条件が違うと言われる。文句を言うとWebサイトに詳しく書いてあると言われる。
新しくインターネットを利用する人が、申し込み前にWebサイト見られるわけはないだろう。

かなりパソコンやネットについて知っているつもりの、自分でもたまにはサポートに問い合わせをすることがある。
しっかりとした知識を持った人間が電話口に出てくれるとほっとする。
ガイダンスで、あちこちへ振り分けられ、テープが流れるだけの方式では、聞く気になれない。

たしかに一昔前に比べて、インターネット接続料金などは格段に安くなった。
新しいIT企業などがその牽引力であることは認める。
しかし、その方法は出来るだけ人間を減らし、Webサイトやメールを使う、人間は安い人件費で雇える人間を雇う、と言う方法がとられている。
この種の企業は何か勘違いしているのではないだろうか。
これでは、お年寄りやコンピュータの苦手な人は、ますますパソコンやネットが嫌いになっていくような気がする。

私は、多少高くても、もう少し親切な対応をして欲しいと思う。
NTTなどは、高いとか文句を言う人もいるが、116にでも電話すればなんとか対応してくれる。
非常にありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »