« Kawasaki から Kawasaki へ | トップページ | 迷惑メール対策 その2 »

2006/09/17

迷惑メール対策 その1

私は現在7個のメールアドレスを使っています。
そのうちの幾つかに迷惑メールが大量に送られて来るようになりました。
迷惑メール対策の第一は、メールアドレスを出来る限り公開しないことです。
公開されている掲示板などに自分のメールアドレスを書き込んだりしないことです。
また、信用できない・怪しげなアンケートや懸賞に応募してメールだドレスを書き込む等も止めましょう。

しかし、業務用のアドレスを業務用ホームページで公開しないわけにはいきません。
業務用アドレスの迷惑メール対策はこれから色々と考えてゆくつもりですが、全く公開などしていないアドレスの一つに毎日数十通の迷惑メールが来ます。
このアドレスには、重要なメールが来るわけでもないので、2~3日に一回しかチェックをしないのですが、その度に迷惑メール・いたずらメールを100通くらい削除しなければなりません。

何故このアドレスに大量に迷惑メールが来るのか不思議でした。
このメールアドレスは、「@nifty」のものです。
@niftyは最初「@nifty ID@nifty.com」の形式でメールアドレスが提供されます。
そして、「@nifty ID」は「アルファベット3桁+数字5桁」と決まっています。
勿論「@」の前の「nifty ID」部分は、自分の好みに変更できます。
@niftyの場合、「自分の好み」に変更する画面で、「@nifty ID宛メールを受信する」がデフォルトになっており、「@nifty ID@nifty.com」のメールアドレスも有効になってしまうのです。
つまり、「@nifty ID@nifty.com」と「自分の好み@nifty.com」のどちらでも、メールが届くのでです。
「@nifty ID宛メールを拒否する」というオプションを選択すれば、「@nifty ID@nifty.com」のアドレスは無効となります。
私は、この@niftyのメールアドレスを随分前(少なくとも1900年代)から使っていますが、昔はそんなオプションがあった記憶はありません。
だから、私の場合「@nifty ID@nifty.com」のアドレスは有効になっていました。

「nifty ID」の形式(アルファベット3桁+数字5桁)は多くの人が知っています。
つまり、「@nifty ID@nifty.com」のメールアドレスは、でたらめなアドレスを作るのが非常に簡単なわけです。
可能な全てのアドレスを作っても「26x26x26x100000=1,757,600,000」です。
多分、全てのアルファベット、全ての数字を使っているとは思えないので、もっと少ない数になるでしょう。
ランダムなメールアドレスに片っ端から迷惑メールを送る犯人にとっては、絶好のターゲットになってしまうのです。

今は、@niftyのサイトにも「ID形式や簡単な名称は迷惑メールのターゲットに」(http://www.nifty.com/mail/alias/index.htm)の注意書きが書かれてあり、「@nifty ID宛メール拒否設定」を勧める内容が書かれています。
しかし、案外「@nifty ID@nifty.com」が有効になっている人が多いのではないかと思います。
ぜひ、「@nifty ID宛メール拒否設定」をしておくことをお奨めします。

@niftyに限らず、多くのプロバイダが提供するメールアドレスにおいて、同じような事が言えるのではないかと思います。
@nifty以外のプロバイダを使っている人も、一度チェックしてみられてはいかがでしょうか。

次回からは、セキュリティソフトを使っての、迷惑メール対策です。

|

« Kawasaki から Kawasaki へ | トップページ | 迷惑メール対策 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/11932233

この記事へのトラックバック一覧です: 迷惑メール対策 その1:

« Kawasaki から Kawasaki へ | トップページ | 迷惑メール対策 その2 »