« 何かおかしいIT系企業のサポート | トップページ | Kawasaki から Kawasaki へ »

2006/09/07

光電話 完了編

今日はNTT番号の切り替え工事日だ。
NTTの電話番号を、NTTに対しては休止にして、光電話でその番号を使えるようにする工事だ。
工事と言っても局内工事なので、自宅に工事に来るわけではない。

工事時間は13:00~14:00で予約をしていた。
工事前にケイ・オプティコムから確認電話がかかってくることになっていたのだが、11時過ぎにかかってきた。
切り替え工事の簡単な説明と、注意事項を伝えられた。

13時をすぎ、適当な時間を見計らって、受話器を取ってみる。
1時半ころに受話器を取ってみると、「ツー」という音がしなく、通話できない状態になっていた。
さっそく、NTT回線に繋がっていた電話機のモジュラージャックを外し、光電話アダプタの電話用のモジュラーに繋ぐ。
ただそれだけ。
自分の携帯電話に発信してみる。
ああ、繋がった。
つぎに、携帯電話からかけてみる。これも問題なし。
いとも簡単に開通した。
ノイズなども全くなく、とってもクリアーに聞こえます。

我が家の電話は元々ISDN回線で使っていたから、モジュラージャックを繋ぎ換えるだけだったが、アナログ回線で使っていた人は回線種別を「プッシュ回線」に切り替える等の設定変更が必要な場合もあるのでご注意。

我が家では、プロパンガスの自動検針器が電話回線に繋がっていた。
早速プロパンガス会社に連絡をした。
これもすぐに工事に来てくれ、30分程度で工事完了。
ガス自動検針は光電話でも使えるか心配していたのだが、工事さえ行えば、ほとんどのケースで問題なく使えているそうだ。

番号ポータビリティでNTTで使っていた番号を光電話で使う場合、マイライン/マイラインプラスなどと共に契約した割引サービスは自分で解約しなければならない。
NTTコミュニケーションズのシャベリッチプラス、テレチョイス、ホーム・オフィス割引プラス、KDDIのだんぜんトーク等々だ。
解約を忘れると、後で請求書が来ることになるのでご注意を。

これで、光電話への切り替えは全て終わった。
これからは、NTTの基本料は支払わなくて済み、光電話アダプタのレンタル料300円だけだ(ケイ・オプティコムの場合)。
さらに、通話料も日本全国8.4円/3分(近畿2府4件へは7.77円/3分)、携帯電話へ掛けても18.9円/1分だ(勿論ケイ・オプティコム間なら無料)。
携帯に掛けるときも、0039を先に付けるなんて面倒なこともなくなる。
安くなったからと言って、長電話にならないように気をつけよう。

|

« 何かおかしいIT系企業のサポート | トップページ | Kawasaki から Kawasaki へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/11801027

この記事へのトラックバック一覧です: 光電話 完了編:

« 何かおかしいIT系企業のサポート | トップページ | Kawasaki から Kawasaki へ »