« 迷惑メール対策 その2 | トップページ | 迷惑メール対策 その3 »

2006/10/20

eo光ネット 100Mプレミアム

光ファイバー通信を、「eo光ネットホームタイプ 100Mコース」から「100Mプレミアム」に変更しました。
「eo光ネット 100Mコース」は100Mアクセスラインを最大32人で共有しますが、「100Mプレミアムコース」は1Gbpsアクセスラインを最大32名で共有します。
ただし、1Gbpsは家の終端装置(GE-PON ONU)までで、実際に使うのは最大100Mbpsです。
NTT西日本の光プレミアム、NTT東日本のハイパーファミリータイプと同じようなものです。

8月24日に光電話と共に変更の申し込みをしていました。
光電話は9月7日(実際にはその一週間ほど前に開通していたのだが、番号ポータビリティに伴うNTTの切り替えのためにこの日になった)に開通したのですが、「100Mプレミアム」への変更は今日になりました。
申し込みから、約2ヶ月かかったことになります。

速度は「100Mコース」で十分速かったのですが、「100Mプレミアム」に変えてみるとどんなに違うんだろうか、というような興味半分で変更申し込みをしたのでした。
月額利用料は5,400円で、「100Mコース」よりも500円高くなります。
光電話に変えたことでトータルの通信費はかなり安くなったので、「まあ、500円位ならいいか!」という感じで申し込んだのでした。
変更費用として、「1ギガアクセスライングレードアップ特別割引」で8,400円(割引がなければ31,500円ですから、絶対変更していませんでしたが)かかりました。

申し込みまえに問い合わせたときは、終端装置の取り替えだけと言われていたのですが、家に来られた工事の人は「ケーブルもかえます」と言われました。
時間がかかり、面倒だなと思ったのですが、仕方がありません。
eonetの工事のやり方は、他社のように工事当日に遠くの電柱から家の前まで引いてくるような方法ではないのです。
家のすぐ近くまでの工事は、宅内工事日の前にすまされています。
いつ工事をやったのか、いつのまにか我が家の前の電話線にくるくるっと巻かれたケーブルがぶら下げてありました。
今日は、その巻かれたケーブルを家に引き、前のケーブルと取り替えるだけでした。
そして、終端装置を付け替えて終わり。
だから、工事は30分程度で終わりました。
工事に来た人も一人だけでした。

終端装置は「GE-PON ONU」に変わりました。
以前の終端装置は、PCポートが一つだけでしたから、光電話を使う場合PCポートと光電話アダプタを繋ぎ、光電話アダプタのPCポートとPCやルータを繋いでいたのですが、「GE-PON ONU」は「光電話ポート」と「PCポート」があります。
「光電話ポート」と「光電話アダプタ」をつなぎ、「PCポート」とパソコンやルータを繋ぐことになります。
「100M」も「100Mプレミアム」もPPPoEを使いますから、パソコンやルータの設定には変更はありません(NTT西日本の光プレミアムとはここが違います。NTT東日本のハイパーファミリータイプは知りません、ゴメンなさい)。

肝心の通信速度ですが、まあ期待通りというか、期待していなかった通りというか!!
とにかく私の場合を報告しておきましょう。
工事直前に、eonetのスピード測定サイトで計測したのが、「上り 40.40Mbps」「下り 54.36Mbps」でした。
工事後「100Mプレミアム」になっての測定結果は「上り 54.49Mbps」「下り 54.77Mbps」でした。
一応、測定環境を書いておきますと、ルータ(Aterm BR1500H)使用、CPU Pentium 4 2.40GHz,1.0GB RAM,Windows XP Professional SP2、セキュリティソフト(NIS) off。
上りは、15Mbps足らず速くなったのですが、下りは変わらずと言うところでした。
ただし条件によって、速度はかなり変わりますので、一概にプレミアムにしても意味がないとは言えないでしょう。

その後、ふと思いついてルータのファームウエアのバージョンアップをしてみました。
ルータは、NEC Aterm BR1500Hで買ったのは2002年秋。今となってはかなり古いものです。
そして、使用開始から一度もファームウエアのバージョンアップなど行っていなかったのです。
NECのサイトにバージョンアップ情報などないのではないかと思っていたのですが、ありました。
2003年の7月に最後のバージョンアップファイルが公開されていました。
早速バージョンアップを実施すると、なんと驚きです。
ファームウエアのバージョンアップ以外上と全く同じ条件で「上り 76.95Mbps」「下り 83.05Mbps」という数字をたたき出しました。

光ファイバーのような高速ブロードバンドでは、様々な要素がボトルネックとなり通信速度が遅くなります。
ざっと思いつくだけでも、パソコンのCPUやメモリなどのスペック、パソコンのOSやその設定、セキュリティソフト、ルータのスペックや設定、スピード測定サイトまでの距離やルート、測定サイトの環境等々、数多くの要素が考えられます。

この劇的な速度アップは、ルータだけのおかげか、やはり「100Mプレミアム」にしたことも絡んでいるのかよくわかりません。
しかし、とにかく大幅にスピードアップしたことに今は満足しています。

|

« 迷惑メール対策 その2 | トップページ | 迷惑メール対策 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/12346904

この記事へのトラックバック一覧です: eo光ネット 100Mプレミアム:

« 迷惑メール対策 その2 | トップページ | 迷惑メール対策 その3 »