« 迷惑メール対策 4 | トップページ | Shurikenで迷惑メール対策 2 »

2007/02/27

Shurikenで迷惑メール対策 1

数ヶ月にわたりセキュリティソフト「Norton Internet Security(NIS)」とメールソフト「Becky!」による「迷惑メール対策」を試みある程度の対策効果は上がったのですが、日々の作業に手間がかかりすぎました。
特に手間がかかり面倒だったのは次のような点です。
日々の作業は、NISが「迷惑メール」を正常なメールと判断したり、その逆の判断をしたメールを見つけるたびに、「遮断リスト・許可リスト」へ登録したり、メールフィルタに登録する作業が大部分です。
この作業に手間と時間がかかりすぎるのです。
「Outlook Express」を使えばかなり楽にできるようですが、Outlook Expressは使いたくありません(その理由については別の機会に書くことにしますが、とにかく使いたくないのです)。
メールを見るのはメールソフトであり、迷惑メールの判断をするのはNISだから、メールソフトを開きながら、別にNISを開きながら作業をするから余計に面倒なのです。
市販のメールソフトには「迷惑メール対策機能」が付いたものがあります。
メールソフト側で迷惑メール対策を行った方が楽ではないかと考えました。
有名なメールソフトでは「Eudora」が迷惑メール対策機能を持っていますが、Justsystemの「Shuriken Pro4/R.2」にも迷惑メール対策機能が付いています。
迷惑メール対策の場合、優れた日本語の解析能力が求められます。
非常に優れた日本語変換ソフト「ATOK」を作っているJustsystem製の「Shuriken Pro4/R.2(以後Shuriken)」を使ってみることにしました。
Shurikenには「日本語形態素解析エンジン」が組み込まれています。
日本語には意味は同じでも文字にすると微妙に異なるものがあります。
例えば、「コンピュータ」「コンピューター」「こんぴゅーた」は全て同じ意味ですが、文字に書くと異なっています。
迷惑メール送信者は、フィルタに引っかからないように、微妙に文字を変えて送ってくることも多いものです。
このような、微妙な表記の「ゆれ」は外国製のソフトでは、解析精度が大きく落ちると考えられます。
そこで「Shuriken」を選んで、迷惑メール対策をテストすることにしました。
このテストを始める時、全く偶然なのですが、ハードディスク全てをフォーマットし直してWindowsを再インストールしましたから、NISが過去に学習した内容の影響も受けずにテストを行うことができました。
テストでは、NISの「Norton AntiSpam」機能を無効にして、Shurikenのみで「迷惑メール対策」を行いました。
次回は、Shurikenでの迷惑メール対策を詳しく書くことにします。

|

« 迷惑メール対策 4 | トップページ | Shurikenで迷惑メール対策 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/14064836

この記事へのトラックバック一覧です: Shurikenで迷惑メール対策 1:

« 迷惑メール対策 4 | トップページ | Shurikenで迷惑メール対策 2 »