« 日本語入力システム ATOK その1 | トップページ | 日本語入力システム ATOK その3 »

2007/03/21

日本語入力システム ATOK その2

パソコンで文章を書く時、頭の中では二つの仕事をしています。
第一は言うまでもなく、今書いている文章をいかによいものに仕上げてゆくかを考えることです。
自分の考えをどのように表現するか、人にわかってもらうためにはどのように書けばよいか、誤解を与えるような内容になっていないか、美しい日本語になっているか、などを考えながら書きます。
第二は、パソコンで正しく日本語に変換操作する作業について考える事です。
日本語入力システムを操作し、日本語入力システムが正しく仕事をしているかチェックすることです。

だれでも、文章を書く時には第一の仕事に専念したいものです。
パソコンでの日本語入力や、正しい変換かどうかのチェックなどに頭を使いたくはありません。
誤変換ばかりに気を取られていては、本来の文章を書くことに専念している頭の思考回路が、ぶつぶつ断ち切られてしまいます。
Windowsに標準で付いてくる日本語入力システム(MS IME)では、しょっちゅう思考回路が断ち切られてしまうのです。
変換精度、変換効率の高い「ATOK」を使えば、ストレスなく変換が行われ、余計なことに気を遣わずに、文章を書くことに専念できるのです。
私が、日本語入力システムに「ATOK」を使う第一の理由はこのことです。
ATOKがMS IMEよりすぐれている点は数多くありますが、ワープロはワードに変わっても日本語入力システムだけはATOKを使っておられる方々が数多くおられる理由はここにあると思います。

「ATOK」を知らない人のために、日本語入力システムと「ATOK」について書いておきます。
日本語入力システム(日本語変換ソフト)をIME(input method editor)といいます。
よく、MS IMEのことを「IME」という人がいますが、IMEは日本語入力システムのことです。
Windowsには、標準でIMEが付いてきます。
これが、「MS IME」です。
多くの人は、この「MS IME」を使っています。
Windowsに標準で付いており、Windowsパソコンを買えば、何の費用も払わず使えますから、全く意識せずに「MS IME」を使っている人が多いのです。
「ATOK」もIMEの一つで、徳島に本社のあるジャストシステム(Just System)という会社が作り、販売しています。
「MS IME」のように只ではなく、新たに買わなければなりません。
「ATOK」は1983年にNECのパソコンPC-100にバンドルされたワープロソフトJS-WORDの漢字変換部が始まりです。
それ以来バージョンアップを続け、最新の「ATOK」はバージョン20となる「ATOK2007」です。
日本語を知っている日本のソフト会社が制作している、20年以上の歴史を持つ日本語入力システムなのです。
「ATOK」はパソコン用だけではありません。
多くの携帯電話や、任天堂「Wii」などにも搭載されており、知らず知らずのうちに使っている人も多いのです。
http://www.atok.com/item/list/index.html

次回からは、「ATOK」のどこが賢いのかなどをを書いていきましょう。

|

« 日本語入力システム ATOK その1 | トップページ | 日本語入力システム ATOK その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/14343475

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語入力システム ATOK その2:

« 日本語入力システム ATOK その1 | トップページ | 日本語入力システム ATOK その3 »