« Shurikenで迷惑メール対策 2 | トップページ | 日本語入力システム ATOK その1 »

2007/03/10

一太郎2007 その2

一太郎2007になって、楽しみにしていた機能アップが、MicrosoftWordと
の互換性精度の向上です。
私は「一太郎2006」を持っていませんので、「一太郎2005」との比較
になりますが、互換性精度は非常に上がっています。
仕事上多くのワープロ文書を受け取りますが、大部分はWordです。
今まで仕方なくWordで開いていました。
罫線やアートなどがすれたりして、うまく表示されないことが多かったのです

「一太郎2007」になってずいぶん精度が上がりました。
一部罫線関係でまだずれたりするところもみられるようですが、ほとんど問題
なく表示されます。
「一太郎2007」でWaod形式での保存も、ほとんど問題なくWordで表示され
ます。
ちなみにWordのバージョンは2003です。
会社など仕事ではWordを使い、個人的には一太郎を使っておられる方も多いと
思います。
会社の仕事を持って帰って行うために、さらにWordも持っているという方も多
いでしょう。
そのような方も、ぼつぼつWordを持つ必要がなくなってきたように思います。
互換性精度が上がりさえすれば、Wordより遙かに扱いやすく、優れている一太
郎を選択すればいいのですから。
昔からパソコンを使っておられる方は、一太郎を知っておられる方も多いので
すが、最近になってパソコンを使われた人の中には、ワープロといえばWordし
か知らない人も多いと思います。
一度一太郎を使えば、一太郎がどれだけ使いやすいワープロかわかると思いま
す。

|

« Shurikenで迷惑メール対策 2 | トップページ | 日本語入力システム ATOK その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/14217737

この記事へのトラックバック一覧です: 一太郎2007 その2:

« Shurikenで迷惑メール対策 2 | トップページ | 日本語入力システム ATOK その1 »