« 9本指でキーボード | トップページ | 有害サイトブロック »

2007/05/17

Shurikenのその後

メールソフトにジャストシステムのShurikenを使い出して3ヶ月になります。

元々迷惑メール対策に効果のあるメールソフトを探し、Shurikenにたどり着いてのですが、迷惑メール対策としては十分に満足しています。
3月はじめに新バージョン「Shuriken 2007」が売り出され、早速バージョンアップしました。
新バージョンになって、迷惑メール対策機能も以前のバージョンよりよくなったのではないかと思っています。
実は二週間ほど前に、Windows XPをクリーンインストールし直したため、Shurikenも新たにインストールし直しました。
送受信メールファイルなどはバックアップを取っていたのですが、迷惑メールフィルタまでは保存していません。
したがって、迷惑メールの学習は一から始めたわけですが、4~5日でほぼ95%の迷惑メールを選び出してくれるようになりました。
現在迷惑メールを正常なメールとして誤処理するのは、ほとんどが外国語メールです。

迷惑メール対策以外にもっとも便利な機能が「ToDoバンク」機能です。
多数のメールを受信すると、とりあえず斜め読みをして「後で読もう」「後で返信メールを書こう」というようなケースはよくあることです。
そして、後で行うつもりがついうっかり忘れてしまったり、多数のメールの中に埋もれてしまって、どこへ行ってしまったか探すのに苦労することもよくあることです。
Shurikenの「ToDoバンク」を使うとこのような面倒をかけずにすみます。
受信メールを選択して、「ToDoバンク」メニューを選ぶと「後で読む」「後で返信する」「後で全員に返信する」のメニューを選ぶことができます。
「後で」は日付・時刻を指定しておくことができます。
指定した時刻以後にShurikenを起動すると、「ToDoの確認」ダイアログが表示され、「ToDoバンク」に登録したメールの一覧が表示され、ここから必要なメールを表示することができます。
これで、メールの行方不明を防ぐことができます。

「複数アカウントの一括受信」も気に入っている機能です。
複数のメールアドレスを持っている場合、多くのメールソフトで「一つ筒のアカウントを受信」「一括アカウントの受信」機能はあります。
Shurikenは「一括受信」メニューを選ぶと、「複数アカウントの一括受信」ダイアログが表示され、アカウントのリストが示されますので、全て受信するか一部のチェックを外して一部を受信するか簡単に選択することができます。
急いで必要なアカウントだけを受信したい場合など非常に便利です。

送受信データなどのファイルのバックアップについては注意が必要です。
初期設定でデータ保存ファイルを指定して、そのフォルダに保存されているのを確認していました。
この保存されたファイルがあれば大丈夫と安心して、Windowsの再インストール、さらにShurikenの再インストールを行ったのでした。
しかし、Shurikenのインストール後この保存ファイルを使用してインポートすることはできません。
Shurikenのメニューではインポートできず、エクスプローラを使って苦労して保存ファイルを使えるようにしましたが、一時は復活を諦めようかとも思いました。
Shurikenの場合「ツール」-「バックアップ」コマンドで作成されるバックアップファイルを使用しないと、インポートできないようです。
「ツール」-「バックアップ」-「自動バックアップの設定」で定期的に(できれば毎日)バックアップされるように設定しておきましょう。
ここで作成されるバックアップファイルを使えば、いつでも「フォルダ」-「インポート」でインポートを行うことができます。

Just MyShop(ジャストシステム)

|

« 9本指でキーボード | トップページ | 有害サイトブロック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/15102038

この記事へのトラックバック一覧です: Shurikenのその後:

« 9本指でキーボード | トップページ | 有害サイトブロック »