« ソフトウエアのダウンロード購入 2 | トップページ | パソコン選び 1 »

2007/08/24

迷惑メールの規制強化

総務省は宣伝目的の「迷惑メール」規制強化に乗り出すようです。
http://www.asahi.com/digital/internet/TKY200708220294.html

記事にも書かれているように、現行の「特定電子メール送信適正化法(迷惑メール規制法)」は、全く効果を感じません。
現行法では、受信者の同意なくメールを送る場合「未承諾広告」と表記し、「受信拒否」の通知方法を明記する事になっています。
しかし、「未承諾広告」と表記されたメールなど滅多に見かけません。
また、「受信拒否」の通知など行えば、返って迷惑メールが増えることになります。
このような法律では、とうてい迷惑メールを取り締まる事など出来ないでしょう。
規制強化案にあるように、受信者の同意がない宣伝メールは全て違法なメールとし、厳しい刑事罰を科せる事ができるようにすべきです。
さらに、送信元の特定などの捜査を行いやすくしてほしいものです。

迷惑メールを厳しく取り締まってもらいたいのは事実ですが、多分そんなに簡単に迷惑メールは減らないでしょう。
最も有効な迷惑メール撲滅方法は、全ての受信者が迷惑メールを無視する事です。
郵便等を使ったダイレクトメールと違って、電子メールを使った宣伝メールはほとんど経費がかかりません。
郵便等を使った場合、一万件のメールで1件程度の販売では全く商売になりません。
電子メールの場合、百件送ろうが、一万件送ろうが大して費用は変わりません。
十万件のメールを送って、10件の販売でも十分商売になるわけです。
したがって、宣伝メールを送っても全く効果がないと業者に思わさなければなりません。
最終的には、全ての人が無視しなければ迷惑メールはなくならないでしょう。
しかし、十万件で10件の商売が、5件になり、3件になっていけば、業者もいずれは諦める事になるでしょう。
「特定電子メール送信適正化法(迷惑メール規制法)」が施行されてから、多くの真っ当な業者は「迷惑メール」と言えるようなメールでの宣伝は行っていないと思います。
宣伝目的の迷惑メールを送っている業者は、出会い系やアダルト系サイト、違法な薬や海賊版ソフトの販売等々、真っ当な業者はいません。
決して、このような宣伝に乗ってはいけません。
とにかくこの種のメールは無視しましょう。

|

« ソフトウエアのダウンロード購入 2 | トップページ | パソコン選び 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/16224700

この記事へのトラックバック一覧です: 迷惑メールの規制強化:

« ソフトウエアのダウンロード購入 2 | トップページ | パソコン選び 1 »