« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007/09/18

パソコン選び 2

現在市販されているパソコンにインストールされているOSは大部分がWindows Vistaです。
Windows Vistaは日本では、一般用途向けに4種類のエディションが販売されています。
以前の、Windows 95,Windows ME等では基本的に1種類のみでした。
前バージョンのWindows XPでは、Home EditionとProfessionalの2種類あったのですが、メーカー製の個人向けパソコンはほぼ全て"Windows XP Home Edition"をインストールして販売されていました(後になってMedia Center Editionが販売されましたが、殆ど普及しなかった)。
家電店等で販売されているホームユーザ向けパソコンはほぼ全て"Home Edition"がインストールされていましたので、パソコンを買う時にOSの種類を気にする必要は殆
どありませんでした。
しかし、Windows Vistaでは、使用目的などにより4種類ものエディションがあります。
一般個人向けに、"Home Basic"と"Home Premium"、ビジネスユーザ向けに"Business"、個人・ビジネス両用として"Ultimate"が販売されています。
家電店等で一般に販売されているホームユーザ向けパソコンの多くは"Home Basic"又は"Home Premium"がインストールされています。
また"Business Edition"や"Ultimate"をインストールしたパソコンも一部では販売されています。
4種類のエディションの用途、特徴、対象ユーザ等を知り、購入時に選択しなければなりません。
Windows XPやそれ以前のWindowsでは、エディションを選択する必要はありませんでした。
通常の使用なら、「Windowsパソコンをください」と言って買いに行けばよかったのです。
使用するソフトウエア等により、ある程度のスペックを上げる必要がありましたが、とりあえず買ってくればそれなりに動いてくれました。
しかし、Windows Vistaでは、Windows Vistaのエディションによって必要とされるパソコンのスペックが変わってきます。
まず自分の目的にあったエディションを選ぶ事から始めなければならないのです。

4種類のエディションの特徴について見ていきましょう。

Home Basic

家庭での基本的な利用に対応するエディションです。
インターネットの閲覧やメール、ワープロ等での文書作成など一般的な使用なら十分に働いてくれるでしょう。
他のエディションに比べ、低いスペックで動かす事が出来ます。
普段はインターネットとメール、たまに年賀状を印刷するくらい、というような使用法ならHome Basicで十分です。
Windos XP Home Editionの後継と考えて良いでしょう。

Home Premium

家庭での基本的な利用に加えて、エンタテイメントをたっぷり楽しむ事の出来るエディションです。
デジカメで撮った写真や音楽、テレビの録画を楽しんだり、編集してDVDを作成したりするなど、エンタテイメントやゲームをたっぷり楽しむならHome Premiumをお勧めします。
Windows Aeroによる新しいウインドウの切り替えなど、見た目の機能も新しく付け加えられました。
Home Basicに比べ、パソコンの高いスペックを求められますから、高価なマシンを購入する事になります。
エンタテイメントをたっぷり楽しみたいのならお勧めしますが、インターネットの閲覧以外何も使わないような方には、オーバースペックといえるかもしれません。
Windows XP Media Center Editionの後継といえるものです。

Business

企業ユーザ向けのエディションです。
高度なセキュリティ機能やネットワーク機能を持ち、Windows XP Professionalの後継となるエディションです。
メディアセンター機能はありません。
一部のメーカーを除いて、Business Edhionをインストールした一般ホームユーザー向けパソコンは市販されていません。

Ultimate

Home PremiumとBusinessの両機能を持ったハイエンドエディションです。

一般ホームユーザは、Home BasicとHome Premiumから選択する事になります。
前記しましたように、Home BasicとHome Premiumでは、必要とされるスペックが異なります。
スペックが異なるという事は、パソコンの価格が異なるという事です。
このことを頭に入れて、まずどのエディションのWindows Vistaを使うかをまず決める必要があります。
エディションが決まれば、そのエディションにあわせたパソコン選びをしてゆく事になります。

次回はハード面の選択について書こうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/09/10

パソコン選び 1

パソコンサポートでよく初心者のお宅へお伺いするのですが、どうしてこんなパソコンを買われたのかと首をかしげたくなるような時がよくあります。
ブラウザでインターネットサイトの閲覧をするだけだと言われる方が、大容量ハードディスク・付属ソフトてんこ盛り・テレビ機能まで付いたハイエンドモデルを買われているような事がよくあります。
聞いてみると、たまにインターネットサイトを見るだけで、それ以外に使った事はないというのです。

車を買う、冷蔵庫を買う、洗濯機を買うというような場合なら、自分の目的・使用方法にあった商品を選ぶ事は難しいものではなく、誰もが自然に最適な商品を選んでいます。
しかし初心者の方には、自分にとって最適なパソコンを選ぶのはかなり難しいと思います。
家電店の店員さんに言われるまま買っている方がけっこう多いように思います。
店員さんは(全てとは言いませんが)高機能で高価な商品を売りたいのは当然であり、少しでも高価なものを勧めるでしょう。
その結果、目的と全く異なるパソコンを買わされておられる方がかなり多いように思います。
テレビに例えれば、4畳半一間のアパートで仕事から帰ってきてニュースと天気予報以外見ないのに、50万円以上もする50型ハイビジョンテレビを買っているようなものです。

パソコン選びが初心者にとって他の商品と異なって、ちょっと難しいのは次のような理由があるからでしょう。

  1. 他の家電製品などと異なり、様々な目的に使用する事が出来、いったい何が出来るのかわかりにくい。
  2. 外形だけみても、性能等の詳しい内容がわかりにくい。
  3. カタログなどの性能表を見ても、その内容によってどのように異なるかがわかりにくい。
  4. 使用目的により、必要な周辺機器やソフトが異なり、いったい何が必要なのかがわかりにくい。
  5. 自分の使用目的にはどれだけの性能が必要なのかわかりにくい。等々。

このように、いったいどんなパソコンを買えばいいのかわかりにくいため、とにかく店員の勧めるままに買ってしまう人が多いのでしょう。
確かに最高級品を買っておけば、後々色々な事が出来る事がわかり、色々やろうとする時に、機器やソフトを追加購入しなくてもすみます。
しかし、パソコンは進歩が著しく早いため、使用用途によっては数年後には買い換え等が必要なケースが多いものです。
何年か先に使う事を見込んで高価なものを買っても、使う時にはもう古くて使えないという事も考えられます。

そこで、何度かに分けて、初心者の方へパソコン選びに役立つかもしれない情報を書いてみようと思います。
私は、Macについては全く知りませんので、Windowsパソコンに限っての情報である事をお断りしておきます。

今回はベーシックパソコン、つまり現在市販されている最低限の性能、最低価格のパソコンで何が出来るか考えてみましょう。
今販売されているWindowsパソコンの最低のものは、Windows XP又はWindows Vista Home Basicが動くもっとも低スペックのパソコンという事になります。
多分価格は100,000円前後でしょう。
パソコン本体に、ディスプレイ、キーボード、マウスが付属しています。
OS(Windows)以外のソフトウエアはインストールされていません。
これで何が出来るかみてみましょう。

  • メモ帳やワードパッドで文字を書いたり、書いたものを文書として保存する事が出来ます。
    ワードパッドなら、文字のサイズやカラーを設定したりすることも出来、ワープロソフト並みとは言いませんが、ちょっと文章に飾りをつける事も出来ます。
  • 簡単な絵を描いたり、描いたものを保存する事が出来ます。
  • 簡単なゲームがいくつかありますので、ゲームを楽しむ事が出来ます。
  • アドレス帳で、友人や取引先の住所電話番号等の住所録を管理できます。
  • かなり高機能な電卓を使う事が出来ます。

ざっとこんな事が出来ます。

  • さらにパソコン以外にプリンタを追加購入すれば、作った文書や描いた絵をプリントする事が出来ます。
  • さらに、ADSL等のインターネット接続環境を整えれば、インターネットでホームページを閲覧したり、プリントしたり、お友達とメール交換をしたりすることが出来ます。
  • CDかCD/DVDドライブが付いていれば(普通たいてい付いています)、音楽CDを聴く事ができます。

この程度の事が、最小限の機能で、特別なソフトウエア等入っていないパソコンで楽しめます。

つまり、とりあえずインターネットでWebサイトを閲覧したり、メール交換をしたいだけなら、このような最小機能のパソコンで十分なのです。

次回から、パソコン選びに役立ちそうな情報を思いつくままに書いてゆく事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »