« Vistaで遊ぶ 3 | トップページ | Vistaで遊ぶ 5 »

2007/10/30

Vistaで遊ぶ 4

Vistaを使ってみて その1

Vistaを使い出して3週間がたちました。
この3週間で気づいたことをちょっと書いてみます。

以前に書いたように、Vistaを使うことにはあまり積極的ではありませんでした。
使用目的、使用状況を考えてみると、Windows XPで十分だからです。
これは今も変わりません。
パソコンを教えたり、サポート先でVistaを使わざるを得ないので、やむなくVistaを買ったのでした。

まず見た目、Windowのデザインはどうも好きになれません。
これは、画面上で右クリックして「個人設定」メニューを表示して「ウインドウの色とデザイン」で設定変更できます。
Vistaに慣れるために、「Windows Vista ベーシック」のデフォルト設定を使っていますが、何となくぼけたようなデザインは好きになれません。
「Windows スタンダード」を選択すれば、Windows XPスタイルのデザインに出来ます。
「Windows スタンダード」やWindows 2000スタイルのデザインになる「Windows クラシック」のほうがメリハリがあって、なんとなく落ち着く気がします。
まあ、これは慣れの問題ですから、いずれは気にならなくなるでしょう。

Vistaが公開されて以来、Vistaは起動に時間がかかるという記事をWebサイトでよく見かけました。
実際サポート先などで、起動にいやになるほど時間のかかるパソコンを数多く見かけました。
たぶん、肥大化したOSなら当然だと思っていました。
ところが、私のマシンで起動してみるととっても速いのです。
先ほどテストしてみると、シャットダウンした状態から、完全に起動するまでWindows XPで1分40秒かかるのに対しWindows Vistaは59秒で起動しました。
もちろんマシンの性能や、Windowsの設定、常駐ソフトの内容など様々な要素がありますから、一概に比較することは出来ません。
テストした2台のマシンは、Windowsの基本設定は、デフォルト設定からそんなに変えなくて、常駐ソフトもほぼ同じ内容、ログオン時にパスワードを入力するのも同じです。
マシンの性能はVistaのマシンは遙かに上です。
ちなみに、XPのマシンはPentium 4 2.5GHzに1GBのRAM,VistaのマシンはAMD Athlon64 X2 Dual Core 4200+ 2.2GHzに2GB RAMです。
今までに見たVista搭載マシンの起動にはこの倍以上の時間がかかったものがたくさんありました。
市販の家庭用パソコンは、多くの常駐ソフトが入っていたりして起動に時間がかかることも理由の一つかもしれませんが、メモリ(RAM)容量の差が大きい気がします。
私のパソコンはRAM容量以外、市販のミドルクラスパソコンとたいしたスペックの差はありません。
現在市販のミドルクラスパソコンの多くは、Vista Home Premiumで1GB程度のRAMが搭載されています。
Microsoftのシステム要件でも、1GBのRAMになっています。
私は、Microsoftのシステム要件は、最低の要件と考えて2GBのRAMをはじめから入れておきました。
Vista発売当時に多くの雑誌などでも、サクサク動かすにはVista Home Basic以外は2GBのRAMが必要と書かれていました。
決してVistaの起動は遅いとは言えないようです。
十分な容量のRAMを積めば、十分に速く起動します。
いずれ市販パソコンでも、多くは2GBあるいはそれ以上のRAMを入れて販売されるのではないかと思います。

次回からは、Vistaのいろいろな設定などについて書いていきます。

|

« Vistaで遊ぶ 3 | トップページ | Vistaで遊ぶ 5 »

コメント

先日私もサポートで動きの遅いvistaマシンがあったのでガジェットにパフォーマンスメーター?を表示させてみたらなんとデスクトップしか表示していないのにメモリーは80%以上を表示しているではありませんか、メモリー容量を見ると七百数十メガバイトどうやら1GBのようですが、多分グラフィックがチップセットでグラフィック用に256MB取られているようでした。
home premierにチップセットのグラフィックでメモリーを1GBしか積まないマシーンをよくわからない消費者に売るメーカーやショップの気持ちがわかりません。

投稿: クリちゃん | 2007/11/01 11:39

クリちゃん 久しぶりです。
私の場合、グラフィックに最大256MBとられますから、2GB RAMで何も表示せずにメモリ使用率30数パーセントくらいですね。
今はWin XP対応のものをVistaにも対応という形のソフトが多いですが、今後Vistaにあわせたソフトが増えていくとますますソフトは肥大化して、メモリも大容量を必要とするようになるでしょうね。
きっと来年くらいから、2GBとか4GBのRAMを装着したPCが増えてくるでしょうね。
XPが出た時だって、最初は256MB位のPCが多かったのですが、次第に512MBとか1GBのものが増えてきたのですから。
それから、Visataでは「タスクマネージャ」の「パフォーマンス」タブでも、メモリの使用率は見ることができますよ。

投稿: 何でも屋 | 2007/11/01 17:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/16925759

この記事へのトラックバック一覧です: Vistaで遊ぶ 4:

« Vistaで遊ぶ 3 | トップページ | Vistaで遊ぶ 5 »