« 有害サイトブロック | トップページ | Vistaの設定 1 シャットダウンボタン »

2008/01/06

Vistaを使って3ヶ月

メインパソコンのOSをWindows Vistaに替えて3ヶ月ほどたちました。
使い始めてまもなくの時に一度書きましたが、2ヶ月以上使っての感想を改めて書いてみます。

新しいパソコン、高性能のパソコンになって動作が速くなりそれなりに満足していますが、Vistaになって便利になったとか、使い心地が良くなったと言うことはほとんど無いと言うのが実感です。
セキュリティが強化されたと言われていますが、だからといってセキュリティソフトが必要なくなったわけでもありません。
ユーザーアカウント制御 (UAC)にしても、XPでもしっかりと管理者権限アカウントと一般ユーザアカウントを分けて管理すれば通常の使用では十分だと思います。
エアロ機能で複数のソフトを立ち上げて使用する時に、便利になったと言われていますが、20個も30個ものソフトを同時に使うなら確かに便利かもしれませんが、5個や10個のソフトを使う程度なら、それほど便利になったとは思わないし、かえって透過ウインドウなど見にくいだけです。
使い出してすぐにエアロは使用をやめてしまいました。
Windows Internet Explorer 7の新機能と言われているRSSリーダー機能やタブブラウザ機能にしても、他のブラウザ(FireFox等)では以前からある機能であり、なにも目新しい機能でもありません。
Windowsメールの迷惑メール対策機能なども、すでに他のメールソフトでは以前からある機能であり、多くのセキュリティソフトでももっと優れた迷惑メール対策機能を持っています。
このように、Vistaを使用して良かったと思えるものはほとんど無いというのが実感です。

Vista Home Premium,Ultimateにのみ提供されているWindows Media Centerを使う方は、Vistaになって良かったと思われるかもしれません。
Media Center、エアロなどを使わないなら、Vista Home Basicで十分であり、Vista Home Basicを使うなら、Windows XPで十分であると思います。
Vistaを使って新しいことをするわけでもなく、今までWindows XPで使っていたソフトをVistaに入れ替え、今までと同じ仕事をやっているわけですから、Vistaに変わってその仕事が格段に早くなったとか、やりやすくなったのでなければXPで十分なわけです。

私の場合、パソコンサポートやパソコン指導のために、Vistaを使わざるを得ないからVistaを一台買いましたが、そのような事情がなければ、新しく一台のパソコンを買うならWindows XP搭載のパソコンを買います。
今売られていパソコンは、たとえBasicな低価格パソコンでも、数年前のパソコンに比べ遙かに高性能になっています。
Windows XPは販売開始以来6年がたち、非常に安定した、所謂枯れたOSとなっています。
Windows XP発売開始頃に比べ遙かに高性能になった現在のパソコンで、安定したWindows XPを動かすのが最も快適に作業が出来るのではないかと思うのです。
Windows XPは2008年6月まで販売は継続されています。
一般家庭個人向けパソコンは現在ほとんど全てがVista搭載になっていますが、DELLの個人事業主・SOHO向けやeMachines等ではWindows XP搭載パソコンが販売されています。
エンタテイメントやゲームをたっぷり楽しみたい方はWindows Vista搭載のハイエンドマシンを選択されればいいでしょう。
しかしワープロ・表計算と言った基本作業やインターネットでWebサイト閲覧やメール交換程度の機能があれば十分という方は、新しくパソコンを買う場合にも、Windows XP搭載パソコンを選択するのも一つの方法かもしれません。

|

« 有害サイトブロック | トップページ | Vistaの設定 1 シャットダウンボタン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/17596696

この記事へのトラックバック一覧です: Vistaを使って3ヶ月:

« 有害サイトブロック | トップページ | Vistaの設定 1 シャットダウンボタン »