« 5万円パソコン | トップページ | Googleマップのストリートビュー »

2008/11/05

ファインダーのないデジカメ

2台目のデジカメ(PENTAX Optio M50)を買って3ヶ月余りたち、今ちょっと後悔しています。
理由は、ファインダーがないことです。

買ってしばらくの間は、ほとんど室内で使っており、それほど気にせず使っていたのですが、最近野外で使うようになり、ファインダーがないことがとっても不便で、使いにくいのです。
カメラを使い始めて50年近くなりますが、ファインダーのないカメラは初めてです。
フイルムカメラの時代は当然ですが、1台目のデジカメ(OLYMPUS CAMEDIA C-700 Ultra Zoom)にもファインダーは付いていました。

私にとって、ファインダーがないとどうして困る理由は二つあります。
第一は、カメラをしっかりと構えられないことです。
立派なポートレートの撮影などするわけではなく、ほとんどがスナップ写真を撮るのが目的ですから、滅多に三脚や一脚を使うことはありません。
このカメラは、シャツやジャケットのポケットに入れて、手軽に持ち運びたいために買ったのですから、余計三脚などもって行くことはありません。
そこでブレのない写真を撮るためには、しっかりとカメラを安定させることが大切です。
液晶画面を見るために、手を伸ばしてカメラを構えるのでは、いくら脇をしっかり締めて構えても、やはりブレます。
ファインダーがあれば、撮影する時カメラを持った手を顔に付けます。
これだけで、手を伸ばすより、カメラは遙かに安定します。
ブレ対策機能も万能ではありません。
そばに電柱や壁などがあれば、それを支えにしたりするのですが、どこにもあるわけではありません。
シャッター速度を速くすれば、ブレは軽減出来るのですが、このような低価格のカメラでは、自由に速度を変えることもできません。
せいぜい、ISO値を上げることくらいですが、あまり上げると画質が落ちてしまいます。

第二は、明るい所では、液晶画面は非常に見にくいことです。
ファインダーなら、液晶ファインダーでも、しっかり見えます。
たしかに、液晶ファインダーは、決して一眼レフのように、鮮明な画像が見えるわけではありませんが、明るくて見にくい液晶モニターより遙かにしっかりと見ることができます。

WEBサイトなどで、様々な意見などを見てみましたが、コンパクトデジカメから、カメラを始めた人は、ファインダーがあっても、液晶画面を使って撮影している人が多いようです。
ファインダーを使わない人が多いから、メーカーは価格を下げるために、ファインダーを取っ払ってしまった、と書かれているサイトもありました。
私は、ホームページの制作などの仕事をしており、ホームページ掲載用に、お客様が撮影した写真を扱うことも多いのですが、コンパクトデジカメで撮影された写真は、拡大してよく見るとブレている写真がかなり多いものです。
ファインダーを付けると、価格が上がったり、ボディーサイズが大きくなったりするとは思います。
メーカーは色々な撮影シーンをモードの切り替えで簡単にできるなどの機能の充実を売りにしたりしているようですが、そんなことより、多少価格が上がっても、ぜひとも全ての機種にファインダーだけは付けてほしいものです。

次にデジカメを買う時は、絶対にファインダーの付いている機種を買おうと思っています。

|

« 5万円パソコン | トップページ | Googleマップのストリートビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/43020247

この記事へのトラックバック一覧です: ファインダーのないデジカメ:

« 5万円パソコン | トップページ | Googleマップのストリートビュー »