« Googleマップのストリートビュー | トップページ | ひどい電気屋もあったもんだ »

2008/11/11

taspoを持って

今回は、いつものパソコンやインターネットの話じゃなく、煙草購入時に成人識別のため必要なtaspo(タスポ)の話です。

taspoが導入されてからも申し込みは行わず、近所の煙草屋さんやコンビニで、対面販売で購入していました。
しかし、煙草屋さんで一々店の人を呼び出し、煙草を買うのも面倒だし、店の人にも申し訳ないので、taspoを申し込みました。

私の吸っている煙草は、PARLIAM,ENT(パーラメント)です。
PARLIAM,ENTは3ヶ月ほど前にパッケージのデザインが変わりました。
店頭では、デザインが変わってから数日で、新デザインのものを購入していました。
taspoを手に入れてから、近所の煙草店4件ほどの自動販売機でPARLIAM,ENTを買ってみたのですが、どこの店の自動販売機も、出てくるのは旧デザインのPARLIAM,ENTでした。
taspoを使って自動販売機で買っている人がいかに少ないかを実感しました。

しかし、高校生など未成年者の喫煙が減ったという実感は全くありません。
taspoの開始前から、おそらく未成年者はコンビニやスーパーなどで購入するだろうと言われていたものです。
コンビニなど店頭販売でも、成人確認を行うように指導されてはいるようですが、とうてい徹底されているとは思えません。
taspo導入の目的はよく理解出来るのですが、効果はほとんど無いように思います。

taspoの効果を上げるには、いっそのこと、煙草は対面販売を禁止して、自動販売機でのみ許可するようにしてはどうかと思うのです。
今の時代、煙草を売っている店のほとんどが自動販売機を持っているでしょう。
コンビニやスーパーでも、大抵自動販売機はあります。
それなら、対面販売を禁止して、自動販売機のみにしても、問題はないと思います。
夜間に買う人のために、自動販売機での販売を24時間に戻してもよいと思います。
大人のtaspoを借りて、未成年者が煙草を買うかもしれないとは思いますが、今のままより効果はあると思うのです。

taspoの申し込みが面倒だから、店頭の対面販売で買うという人が多いというのはよくわかりますが(私もそうでした)、それでも煙草を吸いたいなら、taspoを使う事を義務づけられるのは仕方ないと思うのです。

|

« Googleマップのストリートビュー | トップページ | ひどい電気屋もあったもんだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/43082841

この記事へのトラックバック一覧です: taspoを持って:

« Googleマップのストリートビュー | トップページ | ひどい電気屋もあったもんだ »