« キーボードを使いこなす 1 [デフォルトボタン] | トップページ | キーボードを使いこなす 3 [キーボードショートカット] »

2009/01/03

キーボードを使いこなす 2 [ソフトを開く]

Windowsのソフトをどのように起動していますか?

  • 「スタート」ー「すべてのプログラム」から目的のソフトを見つけてクリック。
  • デスクトップにソフトの「ショートカットアイコン」があれば、「ショートカットアイコン」をダブルクリック。
  • 目的のソフトが「クイック起動」や「スタートメニュー」に登録されていれば、「クイック起動」のアイコンや「スタートメニュー」の項目をクリック。

他にも方法はありますが、多くの方は、このような方法で、ソフトを起動しているのではないでしょうか。

1.の方法では、数多くのソフトがインストールされているパソコンでは、探すのが結構面倒です。
2.の方法では、他のソフトが開いている場合は、最小化するなどしないとデスクトップが見えません。
3.の方法は、案外簡単なのですが、余りたくさん登録することが出来ません(たくさん登録しても良いのですが、かえって探すのが大変)。

しかし、キーボードを使うと、一発で起動させることが出来ます。
これには、ちょっとした設定が必要です。
早速設定してみましょう。

設定

1.「スタート」から、「すべてのプログラム」で設定するソフトを探します。

右クリックからプロパティを表示

2.ソフトが見つかれば、右クリックでコンテキストメニューを表示します(左図)。

3.コンテキストメニューから、「プロパティ」をクリックして、ソフトの「プロパティ」を表示します。

プロパティでショートカットのタブを表示

4.ソフトの「プロパティ」で、「ショートカット」のタブページを選択します(左図)。

5.「ショートカットキー」に任意の1文字を入力します。入力する文字は、設定するソフトを連想しやすい文字が良いでしょう。
例えば「ワード」に「W」の文字、「エクセル」に「E」の文字などを使うのも良いかもしれません。「Outlook Express」や「Windowsメール」に、メールソフトの意味で「M」を使うのも良いかもしれません。
任意の1文字を入力すると、「Ctrl + Alt + 『任意の1文字』」に表示が変わります。

6..「適用」をボタンをクリックし、「OK」ボタンをクリックすると、設定が保存されます。

設定は、以上で完了です。
以上の設定により、「Ctrl」キーと「Alt」キーを押した状態で設定した「任意の1文字」を押すだけで、目的のソフトを起動することが出来ます。
マウスを使って、「スタート」から目的のソフトを探しクリックしたり、デスクトップのアイコンを探してクリックするより、遙かにスピーディーに起動することが出来ます。

設定の注意

  • 上の設定では、「任意の文字」と書きましたが、文字、数字、記号等のキー、ファンクションキー(F1,F2等)、カーソルキー(↑,←等)等も使用することが出来ます。
    ただし、「Esc」「Enter」「Tab」「Space」「PrintScreen」「Del」「BackSpace」の各キーは使用することが出来ません。
  • 上の例では「Ctrl + Alt + 『任意の1文字』」となっていますが、「Ctrl + Alt」以外でも「Ctrl」「Alt」「Shift」のうちから「好みの2つのキー」を設定することができます。
    「ショートカットキー」入力ボックスに「任意の1文字」を入れる代わりに、「好みの2つのキー + 『好みの文字等のキー』」(例えば「Alt + Shift + A」のように)をキーボードで実際に押すことによって、好みの組み合わせを設定することが出来ます。
  • Windowsのヘルプ等では、「Ctrl、Alt、Shiftから任意の二つのキー」とされているのですが、「好みの文字等のキー」に「ファンクションキー(F1,F2等)」や「テンキー(Num 1,Num 2等)」を使うと、Ctrl、Alt、Shiftから任意の1つのキーでも設定が可能です(Ctrl + F1のように)。
  • 組み合わせは、他のソフトとダブらないようにしてください。
    もし、ダブって設定してしまうと、最後に設定したソフトが起動することになります。
  • Windows固有のキーボードショートカットや、広く一般的に使われているキーボードショートカットとダブらないように設定してください。
    例えば、「Alt + F4」は「起動しているソフトを終了する」時に使うWindows固有のショートカットキーなのですが、ソフトの起動に「Alt + F4」を設定してしまうと、「ソフトを終了する」ショートカットキーは無効となってしまい、設定したソフトが起動してしまいます。
  • ソフトによっては、ソフト固有のショートカットキーが設定されていることがあります。そのようなソフトの使用中には、使用中のソフト固有のショートカットキーが優先され、「ソフトの起動」は無効となります。

|

« キーボードを使いこなす 1 [デフォルトボタン] | トップページ | キーボードを使いこなす 3 [キーボードショートカット] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/43621110

この記事へのトラックバック一覧です: キーボードを使いこなす 2 [ソフトを開く]:

« キーボードを使いこなす 1 [デフォルトボタン] | トップページ | キーボードを使いこなす 3 [キーボードショートカット] »