« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009/01/28

ブロードバンドの移行 1

最近よくある仕事が、ブロードバンド接続のプロバイダや回線業者の変更に伴う移行作業です。
ブロードバンド接続が十分に普及してきたため、すでに他社を利用している方へ、低価格を武器に勧誘電話をかけて、移行を進める業者があるためです。
大手プロバイダや回線業者が直接行ってはいないと思うのですが、代理店のなかにはかなり強力な勧誘を行っているところがあるようです。
多くの場合、「2ヶ月は無料ですから、是非お試しください」などと勧めるようです。
たしかに「前より安くなって、更に高速になって、良かった、良かった!」と喜んでおられる方もおられます。
しかし、こんな方ばかりではありません。
「つい勧誘電話のうまい口車に乗せられて、こんなはずじゃなかった!」という方もおられるのです。

今回は、「こんなはずじゃなかった」のお話しです。
今回のお客様は、ADSLの新規設定です。
お伺いしてみると、マンションで既に「光」を使用中でした。
勧誘のあった「ADSL」に変更すると、月1,000円程度お安くなるようです。
インターネットは、たまに情報検索したりメールを使う程度なので、速度にはそんなにこだわらない。
だから、多少回線速度が落ちてもかまわないので、月額料金の安いADSLにすることにしたそうです。
しかし、まだお試し期間中なので、光接続もキャンセルされていません。
マンションタイプでは、条件次第で、光でも高速なADSLより遅いということもありますから、この選択は間違っていないと思います。
少々嫌な予感がしたのは、光のマンションタイプでVDSL方式ということです。

マンションなど集合住宅では、マンションまでは光ファイバーが引かれ共有スペースに終端装置など必要な機器を置きます。
そこから各戸へ引くには次のような方法があります。
1.各戸へ光ファイバーを引く。
2.各戸までLANケーブルを引く。
3.各戸まで既存の電話線を使う。
4.無線LANを使う。
新築のマンションなどで、建築時に光回線を引く場合は、1.の直接各戸まで光ファイバーを引く方法や2.のLANケーブルを引く方法もとられるのですが、既存のマンション等では工事が大変なため、3.の既に引かれている電話線を利用して、各戸へ分配されることが多いのです。
この既存の電話線を利用する方法が、VSDL方式です。
詳細な仕組みは省略しますが、VDSL方式では、共有スペースから各戸までの電話線を利用する部分はADSLと同じ方法を使うのです。

今回のお客様は、光をキャンセルされていませんから、同じ電話線を光の信号もADSLの信号も流れることになります。
その場合、お互いの信号が干渉して、接続が不安定になることがあります。
「VDSL,干渉」というようなキーワードでぐぐってみると色々出てくると思います。
VDSL方式のマンションでも、ADSLとは干渉しなかったというものもあります。
干渉で、速度が落ちたという例もあります。

実際私の経験でも、VDSL方式のマンションでは、はじめはADSLのリンクが不安定だったが、回線業者で帯域調整をしてもらって、うまくリンクしたケースもあります。
電話交換局からたいして距離もないのに、全く回線速度が出ないこともあります。
どう帯域調整をしても、リンクしなかった例もあります。
接続大成功、大満足という事もあります。(しかし、お隣が光を利用されていて、光の方に影響が出ていたかどうかなんてことは全く知りませんが)。

もともと、ADSLは交換局からの距離をはじめとして、様々な要素で回線独度が大きく変わったり、さらには全くリンスせず、使用不可能なこともある性格のものです。
とにかく、やってみなければどうなるかわからないのがADSLです。
光ファイバーも、様々な要素で回線速度は変わりますが、ADSLほど大きな差が出ることはなく、ほぼ間違いなく接続は成功します。

今回のお客様は、結局回線業者側でどう調整してもらってもリンクせず、ADSLの使用は諦められました。
もし、先に「光接続」をキャンセルされていれば、ADSLの接続に成功したかもしれませんが、それでも失敗したかもしれません。
やってみなければわからないのが、ADSLなのですから。

光ファイバーの場合は、繋がらないことはまずありません。
しかし、何度も言いますが、ADSLは「やってみなければわかりません」。
少しでも安くしたいとか、光でもあまり速度が出ないとかの事情でADSLをトライしてみようというお気持ちはよくわかります。
勧誘してくる業者はそのようなお客様の心理を読んで、いいことばかりを言ってきます。
決して、リスクや悪いことは言いません。
成功して、満足しておられる方もありますから、絶対止めろとはいいません。
しかし、失敗するかもしれないというリスクを十分考えたうえで、行っていただきたいと思います。
ADSL同士の間での移行の場合は、必ず旧回線業者の契約を解除しなければなりませんが、光からADSLの場合は基本的に光の契約を解除しなくても、ADSLを申し込むことが出来ます。
今回のお客様のように、ADSLの成功が確認出来るまで、光の契約を解除しないことをお勧めします。
特に、仕事で日々インターネットを使用する方などは、失敗すれば仕事にも差し支えますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/23

eo光 満足度第1位

ブロードバンド接続に利用中の「eo光」から届く案内メールのトップに、
『おかげさまで「eo光」は
プロバイダ満足度調査2008において
総合満足度 第1位を獲得!!
(光ファイバーの部 価格.com調べ)』
の文字がありました。

ちょっと驚いて、早速「価格.com」 を覗いてみると、確かに総合一位だけでなく、全部門で一位になっています。
「eo光」の利用を始めて6年余りになりますが、回線品質、料金、サービス等について全く不満を持ったことがありません。
そして、2年あまり前に「光電話」の利用も開始したのですが、これも非常に満足しています。
別に私が獲得したわけではないのですが、やはり自分の利用しているというだけで何かうれしくなってしまいます。

ブロードバンドのトラブル等でサポートに行くと、よく「もっと快適にインターネットをするにはどうしたらいいですか?」というような質問をよく受けます。
私は、迷うことなく「eo光」を勧めています。
ただ、eo光は、近畿圏だけのサービス。
近畿以外の方にはお勧め出来ないのが残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/09

これは使える5万円パソコン

Lavie Light

今まで使っていたノートパソコンが古くなり(Windows 98だったのですから),新しいノートパソコンを購入することにしました。
私にとってノートパソコンの使用目的は、ちょっとした資料を持ってお客様の所へ出かけて行ったり、出先で簡単な文書を書いたり、ブロードバンドの設定に行ってテストを行ったりというのがほとんどです。
通常の仕事は、メインに使っているデスクトップパソコンを使用しますから。

今回は、以前このブログでも書き、今とっても人気のモバイルノートを選ぶことにしました。
買ったのは、Lavie Light (PC-BL100RA)です。
OSはWindows XP Home SP3,CPUはAtom N270(1.60GHz),1GB RAM,HDD 160GBとスペックは十分です。
勿論LAN、無線LANは付いており、131万画素のWebカメラまで付いています(私は多分使わないでしょうが)。

A4の紙より一回り小さい

右の写真は、A4の紙の上に置いて撮ったものですが、このようにA4より小さな250×176.5×31.3~36.5mm、重量1.2kg足らずと、持ち運びもとっても楽です。
液晶画面がWSVGAで1,024X600ドットと、Webサイトの閲覧などには縦がちょっと少なくスクロールが面倒なのですが、この本体サイズではやむを得ないでしょう。
キーボードのキーピッチが17mmと、通常の19mmより少々狭く、ちょっと不安もあったのですが、使い出すとすぐに慣れてしまい、問題なくブラインドタッチで打てます。
タッチパッドのクリックボタンが、パッドの左右にあるのですが、これもそんなに使いにくいものではありません。
何よりうれしいのが、OSにハイスペックを要求するWindows Vistaを使わずに、Windows XPを使っていることです。

上に書いたようなスペックで、サクサクと動いてくれ、現在市販されているソフトウエアはほとんど全てXPで使えるのですから、価格を安く抑えるためにも、XPを選択しているのは正解だと思います。
大手家電量販店(Joshin)で購入して44,800円でした。
一昔前は、ノートパソコンといえば、20万前後はしたものですが、5万円を切って手にすることが出来るとは、ありがたい時代になったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/06

キーボードを使いこなす 3 [キーボードショートカット]

文字入力以外のパソコン操作をキーボードで行うには、文字や記号以外のキー(Ctrlキー、Altキー、Shiftキー等)を単独又は他のキーと組み合わせて使用します。
このようにマウスの操作をキーボードで代用することを「キーボードショートカット」と言います。

マイクロソフトはソフトウエア製作者に出来る限りWindowsと同様の仕様を求めています。
そのため、優れたプログラマが適切にプログラムしたソフトウエアは、よく使う操作はどれも同じキーボードショートカットを使うことができます。
例えば、「コピー」という操作は、ワープロソフトやWebブラウザ、Windowsのエクスプローラ等様々なソフトウエアで使用するものですが、キーボードで「Ctrl + C」と操作すれば、適切にプログラムされたソフトウエアではマウスで「コピー」を実行するのと同様に動きます。

キーボードショートカットで「Ctrl + C」「Alt + F4」のように、プラス記号(+)を使って複数のキーを使用するように表記された場合、「Ctrl」「Alt」など左側のキーから順に押してください。
「Ctrl + C」なら、「Ctrl」キーを押しながら「C」キーを押します。
文字や記号などのキーを先に押してしまうと、通常のキーボードでの文字入力になってしまいますので、必ず「Ctrl」「Alt」等のキーを先に押してください。
アルファベットの文字キーは「C」と大文字で書かれていても、「c」の小文字で押します。

「キーボードショートカット」のキーの組み合わせは沢山あり、最初は覚えるのが面倒に感じるかもしれませんが、少しずつ使っていくうちに自然に覚えて行けます。

覚えておくと便利で、多くのソフトウエアに共通のキーボードショートカットは、こちら(http://www.d-yumekobo.jp/benri/bn_wn_01.html)を参照してください。

多くのソフトウエアに共通のキーボードショートカットの他に、ソフトウエア固有のキーボードショートカットもあります。
優れたソフトウエアは、マウス操作と同様の操作をキーボードで行えるように作られており、そのソフトウエア固有のキーボードショートカットが設定されていることも多いので、「ヘルプ」などを探してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/03

キーボードを使いこなす 2 [ソフトを開く]

Windowsのソフトをどのように起動していますか?

  • 「スタート」ー「すべてのプログラム」から目的のソフトを見つけてクリック。
  • デスクトップにソフトの「ショートカットアイコン」があれば、「ショートカットアイコン」をダブルクリック。
  • 目的のソフトが「クイック起動」や「スタートメニュー」に登録されていれば、「クイック起動」のアイコンや「スタートメニュー」の項目をクリック。

他にも方法はありますが、多くの方は、このような方法で、ソフトを起動しているのではないでしょうか。

1.の方法では、数多くのソフトがインストールされているパソコンでは、探すのが結構面倒です。
2.の方法では、他のソフトが開いている場合は、最小化するなどしないとデスクトップが見えません。
3.の方法は、案外簡単なのですが、余りたくさん登録することが出来ません(たくさん登録しても良いのですが、かえって探すのが大変)。

しかし、キーボードを使うと、一発で起動させることが出来ます。
これには、ちょっとした設定が必要です。
早速設定してみましょう。

設定

1.「スタート」から、「すべてのプログラム」で設定するソフトを探します。

右クリックからプロパティを表示

2.ソフトが見つかれば、右クリックでコンテキストメニューを表示します(左図)。

3.コンテキストメニューから、「プロパティ」をクリックして、ソフトの「プロパティ」を表示します。

プロパティでショートカットのタブを表示

4.ソフトの「プロパティ」で、「ショートカット」のタブページを選択します(左図)。

5.「ショートカットキー」に任意の1文字を入力します。入力する文字は、設定するソフトを連想しやすい文字が良いでしょう。
例えば「ワード」に「W」の文字、「エクセル」に「E」の文字などを使うのも良いかもしれません。「Outlook Express」や「Windowsメール」に、メールソフトの意味で「M」を使うのも良いかもしれません。
任意の1文字を入力すると、「Ctrl + Alt + 『任意の1文字』」に表示が変わります。

6..「適用」をボタンをクリックし、「OK」ボタンをクリックすると、設定が保存されます。

設定は、以上で完了です。
以上の設定により、「Ctrl」キーと「Alt」キーを押した状態で設定した「任意の1文字」を押すだけで、目的のソフトを起動することが出来ます。
マウスを使って、「スタート」から目的のソフトを探しクリックしたり、デスクトップのアイコンを探してクリックするより、遙かにスピーディーに起動することが出来ます。

設定の注意

  • 上の設定では、「任意の文字」と書きましたが、文字、数字、記号等のキー、ファンクションキー(F1,F2等)、カーソルキー(↑,←等)等も使用することが出来ます。
    ただし、「Esc」「Enter」「Tab」「Space」「PrintScreen」「Del」「BackSpace」の各キーは使用することが出来ません。
  • 上の例では「Ctrl + Alt + 『任意の1文字』」となっていますが、「Ctrl + Alt」以外でも「Ctrl」「Alt」「Shift」のうちから「好みの2つのキー」を設定することができます。
    「ショートカットキー」入力ボックスに「任意の1文字」を入れる代わりに、「好みの2つのキー + 『好みの文字等のキー』」(例えば「Alt + Shift + A」のように)をキーボードで実際に押すことによって、好みの組み合わせを設定することが出来ます。
  • Windowsのヘルプ等では、「Ctrl、Alt、Shiftから任意の二つのキー」とされているのですが、「好みの文字等のキー」に「ファンクションキー(F1,F2等)」や「テンキー(Num 1,Num 2等)」を使うと、Ctrl、Alt、Shiftから任意の1つのキーでも設定が可能です(Ctrl + F1のように)。
  • 組み合わせは、他のソフトとダブらないようにしてください。
    もし、ダブって設定してしまうと、最後に設定したソフトが起動することになります。
  • Windows固有のキーボードショートカットや、広く一般的に使われているキーボードショートカットとダブらないように設定してください。
    例えば、「Alt + F4」は「起動しているソフトを終了する」時に使うWindows固有のショートカットキーなのですが、ソフトの起動に「Alt + F4」を設定してしまうと、「ソフトを終了する」ショートカットキーは無効となってしまい、設定したソフトが起動してしまいます。
  • ソフトによっては、ソフト固有のショートカットキーが設定されていることがあります。そのようなソフトの使用中には、使用中のソフト固有のショートカットキーが優先され、「ソフトの起動」は無効となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »