« Shuriken 2009 (2) | トップページ | オンラインソフトで遊ぶ »

2009/04/12

Shuriken 2009 (3)

前々回では「優れたセキュリティ対策」、前回は「迷惑メール対策」をご紹介しました。
今回は、その他のお勧めポイントをご紹介したいと思います。

フォルダウォッチ

フォルダウォッチはShuriken 2008から取り入れられた機能です。
複数の受信メールフォルダを作成し、受信時に自動振り分けをしている方も多いと思います。
この場合、多くのメールソフトで新着メールを読むには、それぞれの受信フォルダのメール一覧から、読みたいメールを選択・クリックして、メールビューアーに表示されたメール内容を読むことになります。
フォルダが増えてくると、ついうっかり新着メールのチェックを漏らしてしまうことがあります。
フォルダの中には、確実にチェックしておかなければならない重要なものもあれば、適当に貯めておいて暇な時に読めばよい程度のフォルダもあるでしょう。
重要なフォルダのチェックを漏らしてしまうと大変です。
フォルダウオッチは、重要なフォルダをスピーディーに、漏らすことなくチェックすることを助けてくれます。

フォルダウオッチ
マウスポインタを合わせるとプレビュー画面がポップアップ

重要なフォルダを「フォルダウオッチ」に登録しておくと、「フォルダウオッチ」の画面に、メールタイトル一覧が表示されます。
この一覧に、マウスポインタをあてると(一々クリックすることなく)、プレビュー画面がポップアップして、メール内容を見ることが出来ます。
一覧でマウスを滑らすだけで、次々とスピーディーにメールをチェックすることが出来ます。
さらに、Shuriken 2009では、サブフォルダも監視対象にすることが出来るように、改善されました。

ToDoバンク

メールを数通、数十通受け取った時、とりあえず全てをざっと目を通し、緊急の処理だけを行い、あとは暇な時にゆっくり読もう、などと言うことはよくあるものです。
暇な時になって、読まなければならないメールを覚えていればいいのですが、ついつい忘れてしまうことも多いものです。
読まなければならないメールがあったことは覚えていても、どのメールだったのか忘れていることもよくあります。
こんな場合に役立つのが、「ToDoバンク」です。
あとで読もうと思ったメールを、「ToDoバンク」に登録しておきます。
「後で読む」や「後で返信する」として登録することが出来ます。
期限を指定することも出来ます。
登録したタイトル一覧は、Shuriken起動時に毎回表示させることが出来ます。
必要な時に、表示させることも出来ます。
一覧の中から、処理するメールタイトルを選択し、「ToDo実行」ボタンをクリックすれば、「後で読む」場合はそのメールが表示され、「後で返信する」なら、返信用に送信画面が開きます。
これで、ついつい処理を忘れてしまうことを防ぐことが出来ます。

3回にわたってShurikenのお勧めポイントを書いてきましたが、この他にも多くの便利な機能、安心の機能があります。
最後に、その中から、私が使っていてとてもありがたい機能をもう一つ紹介しておきます。
それは、「外字・機種依存文字」の警告/置換機能です。

外字・機種依存文字の警告

メールでは、外字・機種依存文字は絶対に使ってはならないものです。
ついつい使ってしまうのが、「株式会社」の略に「括弧付きの株の文字」や、「○に囲まれた数字」などの文字ですが、これらは、機種依存文字であり、Windowsでは正しく表示されても、Macでは他の文字になったりと、機種によって正しく表示されません。
うっかり機種依存文字を使い送信しようとすると、Shurikenは警告と正しい文字に置換するように促す、警告が表示されます。

外字・機種依存文字の警告ダイアログ

WindowsメールやOutlook Expressなどには、この機能はなく、機種依存文字を使ったメールをよく受け取るのですが、Shurikenはしっかり注意してくれます。
また、半角カナ文字もメールでは使ってはいけない文字なのですが、Shurikenは自動的に全角カナに変換してくれます。

私は、これまでいくつかのメールソフトを使ってきましたが、Shurikenは間違いなくお勧め出来るメールソフトだと思っています。
体験版をダウンロードして、試してみることも出来ますので、税お試しされることをお勧めします。

|

« Shuriken 2009 (2) | トップページ | オンラインソフトで遊ぶ »

コメント

私もshurikenファンです。Outlookも使っていましたが、重たいのと不便さで、shurikenに完全移行しました。
一つ質問なのですが、受信したメールのうち、テキスト表示されて普通に読めるメールと、小さなフォントで読みにくいメールの2種類があります。前者が圧倒的に多いのですが、20通に1通くらい後者が混じっていて、やや不満です。これを解消し、全て同じ大きさのフォントのテキスト形式で表示させるにはどうすれば良いでしょうか? 
メルアド、上の(任意)の欄に記載しておきましたので、ご連絡頂けると幸いです。あるいは、このブログをブックマークさせて頂いて、コメレスをマメにチェックさせて頂きます。分かり易いブログですね。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: Michael | 2012/12/13 14:14

>Michael様
コメントありがとうございます。
Shurikenを起ち上げて、上のメニューバーで[設定]-[共通の設定]をクリックして下さい。
表示された「共通の設定」で、左の「グループ」欄で[表示・動作]-[ビューア内表示]を選択します。右の「設定一覧」で[アイコン表示にするファイル種類]を選択します。「設定値」が「テキスト・HTMLメール以外」又は「アイコン表示しない」になっているはずです。この文字の上をクリックして、右横の「▲」をクリックすると、「テキストメール以外」「テキスト・HTMLメール以外」「アイコン表示しない」から選択出来るようになります。「テキストメール以外」を選択して、「OK」をックリックし「共通の設定」を終了します。
これで、読みにくいメールも、他のメールと同様に読めるようになるはずです。

投稿: 何でも屋 | 2012/12/14 15:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/44647026

この記事へのトラックバック一覧です: Shuriken 2009 (3):

« Shuriken 2009 (2) | トップページ | オンラインソフトで遊ぶ »