« オンラインソフトで遊ぶ-3 ID Manager | トップページ | Windows 7 その2 »

2009/06/21

オンラインソフトで遊ぶ-4 KIOKU(スクリーンショット)

今回紹介するオンラインソフトは「KIOKU」です。
名前だけでは、どんなソフトかちょっとわかりにくいと思いますが、パソコンのスクリーンショットを撮影するソフトです。

KIOKU

このブログのような記事を書く時や、ソフトウエアの使用方法などを解説する時、パソコンの使用方法を説明したい時など、どうしても必要なのが、画面のスクリーンショットです。
「KIOKU」を使うと、パソコン画面のスクリーンショットを思うままに作成する事が出来ます。

画面のスクリーンショットを作成する機能は、Windowsにもあります。
「Print Screen」キーと「Alt + Print Screen」キーです。
「Print Screen」キーを押すと、画面全体の画像がクリップボードにコピーされます。
「Alt + Print Screen」では、アクティブになっているウインドウがコピーされます。
Windowsでは、このふたつのいずれかの方法でコピーして、Photoshopやペイントなどの画像処理ソフトにペーストするのが一般的な方法です。
この方法では、一々クリップボードにコピーして、画像ソフトにペーストという作業を繰り返さなければなりません。
クリップボードに複数のコピーを保存しておく事は出来ないからです。
コピーした画像の1部を使用したい場合など、加工が必要な場合は、画像処理ソフトで一部を切り取るなどの処理を行わなければなりません。

「KIOKU」はこのような面倒な手順を無くし、簡単に手際よくスクリーンショットの画像を作る事が出来ます。

KIOKUの機能と使ってみて

デスクトップ(画面全体)・アクティブなウインドウの撮影

これだけなら、Windowsの持つ「Print Screen」「Atl + Print Screen」コマンドでも同じなのですが、Windowsのコマンドでは、クリップボードにコピーするだけです。
「KIOKU」は、指定した保存形式で、画像ファイルが作成され、指定したフォルダに保存されます。
したがって、画像編集ソフトにペーストするような操作は必要ありません。
ファイル保存形式は"JPG","GIF","PNG","BMP"の4種類から選択する事が出来ます。
それぞれの形式によって、保存のオプション選択も可能です(JPGなら画質やプログレッシブかどうかなど)。
解像度の変更やレタッチが必要なければ、保存されたファイルをそのまま使用する事が出来ます。
Windowsのコマンドのように、一々画像編集ソフトに貼り付けて保存などの作業が不要であり、とても作業がはかどります。

スクリーンカットで撮影

デスクトップやアクティブウインドウだけでなく、望みの範囲を撮影する事が出来ます。
ソフトウエアのメニューバーだけを撮影したいといったケースはよくあるものです。
Windowsのコマンドを使う場合、デスクトップやアクティブウインドウの画像から、画像編集ソフトを使って、切り抜くような処理をしなければならないのですが、「KIOKU」を使えばそのような面倒な作業が必要ありません。
ホームページを閲覧中に、ページの一部分だけを保存しておきたい場合などでも便利に使えるのではないかと思います。

自動撮影

撮影する間隔を指定して、一定間隔ごとに連続撮影が可能です。
撮影するウインドウが縦に長く、スクロールが必要な場合などスクロールさせながら、連続撮影を行う事が出来ます。

その他にも、様々な撮影形式に合わせたキーの設定、保存形式の変換(JPGからGIFへの変換など)、マルチディスプレイの場合に撮影するディスプレイの指定やディスプレイを連結した画像の撮影、撮影時にサウンドを鳴らす等の多くの機能が準備されています。

実際に使ってみて、「これは使える」と言えるソフトだと思いました。
私自身このブログのように、ソフトウエアを紹介したり、ソフトウエアの使用方法に関する文書を書いたりする事が多いのですが、スクリーンショットを取るのは結構面倒なものです。
上の方でも書きましたが、一枚ごとにコピーを取っては画像編集ソフトを使用して、ファイルを保存していました。
今回「KIOKU」に出会い、これからはこの仕事がはかどると感じています。
特に、スクリーンカットで撮影出来るのは、大変ありがたい機能だと思います。
このソフトには、「ヘルプ」ファイルが無く、「Readme」テキストだけなのが残念なところですが、Reameを読みながら操作を繰り返せば、ほとんど苦労なく操作方法は覚える事が出来ます。

作者の"Raraway様"に心からお礼を申し上げます。

==2009/6/28 追加===

Windows Vistaになって、「Snipping Tool」というスクリーン ショットのキャプチャツールが追加されました(「スタートメニュー」から「アクセサリ」を選ぶとメニューの中にあります)。
このツールを使用すると、画面の好みの部分を好みの形で切り取り、スクリーンショットとして保存することが出来ます。
実際に使用してみましたが、以前からの機能に比べればかなり自由にスクリーンショットを切り出すことが出来ます。
一つ欠点は、一画面毎に「名前を付けて保存」を行わなければならないことです。
「KIOKU」は保存作業を行うことなく、次々とスクリーンショットを自動的に保存して行くことが出来ます。

|

« オンラインソフトで遊ぶ-3 ID Manager | トップページ | Windows 7 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/45409215

この記事へのトラックバック一覧です: オンラインソフトで遊ぶ-4 KIOKU(スクリーンショット):

« オンラインソフトで遊ぶ-3 ID Manager | トップページ | Windows 7 その2 »