« キーボードのポジション | トップページ | USBメモリー・DVDからのウイルスに注意 »

2009/07/01

マウスのホイールクリック

現在では、ほとんのマウスにホイールが付いています。
ホイールは左右のボタンの間に、くるくる回転するボタンの事です。
今回は、マウスのホイールの便利な使い方についてです。

ホイールでどのような動作をさせるかは使用するソフトウエアによって変わります。
一般的には、上下方向のスクロールやズームに使われます。
多分多くの方がこの使い方はよくご存じで、普段から頻繁に使われている事と思います。
ワープロソフトや表計算ソフト、WEBブラウザのスクロールなどでは、スクロールバーをクリックするよりホイールを使う方が楽に行う事が出来ます。

このように、ホイールは回転してスクロールなどを行う以外に、クリックを行う事が出来る場合があります。
よく使うソフトウエアとして、Webブラウザの「Firefox」「Internet Explorer 7以上」「Sleipnir」でホイールのクリックが有効です。
これらのブラウザは、何れもタブ機能を持っています。
このタブ機能で、ホイールのクリックが有効です。

この機能をご存じなかった方のために、簡単に説明しておきましょう。

リンクを新しいタブで開く

ブラウザのタブ機能は、一つのブラウザの起動で、タブを使って複数のページを開いておく事が出来ます。
画面に多くのブラウザを起動させることなく、複数のページを開いておけるため、画面が煩雑にならず、すっきりとインターネットの閲覧が出来ます。
一つのページに、他のページ・サイトへのリンクがあり、このリンクをクリックする時、元のページも残しておきたい場合があります。
検索サイトなどから、いくつかのページを開いてみたい場合など、このように考えるでしょう。
こんな場合、通常リンクの上で右クリックして、表示されるメニューから「リンクを新しいタブで開く」「新しいタブで開く」といったメニューをクリックします。
この操作で、新しいタブページが表示され、そこにリンク先ページが表示されます。
この操作では、「右クリック」と「メニューのクリック」の二つの操作が必要です。

このような操作を行う代わりに、リンク上で「ホイールをクリック」しても、同じ動作を行う事が出来るのです。
二つの動作で行う操作を、一つの動作で行う事ができます。

ここに説明した動作は、各ブラウザの初期設定のままでテストしていますので、設定を変えて使っておられる場合は、機能しない可能性もありますのでご了解ください。

|

« キーボードのポジション | トップページ | USBメモリー・DVDからのウイルスに注意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/45507888

この記事へのトラックバック一覧です: マウスのホイールクリック:

« キーボードのポジション | トップページ | USBメモリー・DVDからのウイルスに注意 »