« USBメモリー・DVDからのウイルスに注意 | トップページ | DVD/CDドライブ たまにはクリーニングを »

2009/07/26

なんてったってメモリー追加

最近パソコンの起動が遅い、何か動作が重いと感じている方はいませんか?
パソコンサポートにお伺いして、このような相談をたまに受けます。
相談はなくても、インターネットの接続サポートなどに伺って、パソコンの動作が重く、なかなか仕事がはかどらない事はよくあります。

先日もあるお宅のパソコンが非常に重く、何とかならないかとの相談を受けました。
Windows Vista Home Premium搭載のノートパソコンです。
購入されて2年余りで、インターネット閲覧とワープロソフトを使用されているだけです。
早速パソコンを起動してみましたが、Windowsが起ち上がるのに3分程度はかかります。
さらに、Internet Explorerを起ち上げて初期ページを表示するのに2分程度はかかります。
はっきり言って、とても重いです。

ウイルスに感染しているといけませんので、インストールされているウイルスバスターでスキャンしてみましたが、問題ありません。
さらに、「エアロ」「Windowsサイドバー」を無効にしてみましたが、いっこうに軽くはなりません。

「コントロールパネル」から「システム」を開き、「メモリ」を調べてみると、1GBのメモリーです。
最近のWindows Vistaパソコンは殆ど2GBかそれ以上のメモリーが搭載されているのですが、Vistaパソコンの初期モデルでは、ハイエンドパソコンは別にして、スタンダードモデルでは1GBのメモリー搭載のものがかなり売られていました。
Windows Vistaの場合、「エアロ」など全ての機能が使える最低限のメモリー容量は1GBであり、初期モデルはこの動作環境ギリギリのスペックで売られていたものが随分ありました。
Windoews XPやそれ以前のパソコンでもそうだったのですが、公表される動作環境は「とにかく動く」という程度のもので、特にメモリーは快適に動かすためにはその2倍程度は必要です。
お客様には、2GBのメモリーを購入するようにお勧めしました。
ノートパソコンで、メモリースロットが二つしかないため、1GB追加というわけにはいかないため、2GBの購入を案内しました。

後日、メモリーが送られていたとの連絡を受け、設置にお伺いしました。
最近のノートパソコンでは、メモリー交換はデスクトップパソコンより簡単です。
メモリーを交換して、電源を投入、パソコンを起動してみます。
一分少々で起動しました。
コントロールパネルで確認すると、間違いなく2GBのメモリーを認識しています。
Internet Explorerを起動して、ホームページを表示してみます。
十数秒程度で起動して、ホームページを表示します。
驚くほどの改善です。

Windows XPの時もそうだったのですが、Windows Vistaにおいても、パソコンメーカーは(ハイエンドパソコンは別として)スタンダードモデルのパソコンでは、Microsoftの発表する動作環境ギリギリのスペック(特にメモリー)で売り出しました。
後のモデルでは、十分な容量のメモリーを搭載しているのですが、初期モデルはこの傾向が強いものです。
なるべく安く売って、普及を促す目的かも知れません。

Windows XPでは500MBかそれ以下の場合1GBまたはそれ以上に、Windows Vistaの場合1GBかそれ以下の場合2GBまたはそれ以上のメモリーに増やすだけで、とても快適にパソコンを使える場合が多いものです。
パソコンの起動・動作が重い場合、試してみる価値は大いにあります。

|

« USBメモリー・DVDからのウイルスに注意 | トップページ | DVD/CDドライブ たまにはクリーニングを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/45746244

この記事へのトラックバック一覧です: なんてったってメモリー追加:

« USBメモリー・DVDからのウイルスに注意 | トップページ | DVD/CDドライブ たまにはクリーニングを »