« パソコンの寿命とWindows 7 | トップページ | いつかは壊れる ハードディスク »

2009/11/08

ADSL どうやって申し込むの?

あるお客様から「パソコン操作について教えて欲しい」という依頼を受けました。
そのお客様は、業務上パソコンでWEBなどを利用することが必要となり、パソコンを購入し、ADSLでインターネット接続環境を構築されたのでした。

そこで、お客様との話の中で出てきたのが次のような話でした。
ADSLを申し込むのだから、当然WEB接続の環境などはなかった。
そこで、ADSLの開設について業者に問い合わせると、ホームページから申し込んでほしいと言われた。
その業者は、紙の書面での申し込みは受け付けていない。
しかたなく、ネットカフェへ行き、申し込みを行った。

これって、おかしくないですか?
これからネット接続をするために申し込みを行うのに、その申し込みをネットで行えるわけないじゃないですか。
すでに、ネット接続環境があって乗り換えるなどなら可能ですが、一から申し込む場合絶対不可能です。
NTTなどほとんどの業者は、電話で問い合わせれば申込用紙を送ってくれ、その申込用紙を郵送すれば受け付けてくれます。
お客様は、どうしてもその業者を使わざるを得ない事情があったので、仕方なくネットカフェから申しこんだというのです。

確かに電話や書面で受付をするのに比べ、ネットで受け付ければ人件費などの経費を減らせ、効率的なのはわかります。
しかし、何でもネットで済ませるというのはいかがなものでしょうか。
今回は近くにネットカフェがあったからできたのですが、だれもができるわけではありません。
これからネット接続をして、ネットの使い方を覚えようとする人や、近くにネットカフェ等がない人はどうすればいいのでしょうか。
企業の姿勢を疑います。

IT関係の企業が、特に効率化を求めるのはわかりますが、ちょっとおかしいと思うことがよくあります。
例えば、インターネット接続でトラブルがあったとき、その解決方法をWEBサイトの「よくある質問」を調べろと言われても、どうしてWEBサイトを覧られるのでしょうか?
パソコンがトラブルで動かない時、解決方法がCDにあるファイルに書かれている。
でも、パソコンが動かないのだから、そのCDの内容を見ることが出来ない(パソコンが2台あればいいのだけど)。
等々、おかしな事だらけです。

実はこれと似た内容を随分昔にこのブログで書いたことがあります。
http://yumekobo.way-nifty.com/kobo/2006/09/it_99aa.html
相変わらずだなと思いながら、この記事を書いている次第です。

|

« パソコンの寿命とWindows 7 | トップページ | いつかは壊れる ハードディスク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/46709209

この記事へのトラックバック一覧です: ADSL どうやって申し込むの?:

« パソコンの寿命とWindows 7 | トップページ | いつかは壊れる ハードディスク »