« いつかは壊れる ハードディスク | トップページ | 最も安全なドメインは日本 »

2009/11/11

外付けハードディスクの設定

前回書いたように、メインパソコンに接続するバックアップ用外付けハードディスクが壊れたので、新しく買ったハードディスクをセットアップしました。
新しく買った外付けハードディスクは、バッファローのHD-CL500U2で、容量は500GBです。
最近は、1テラバイト以上の大容量のものもあるのですが、私の場合は500GBもあれば十分です。
以前に使っていて壊れたハードディスクは150GBで、3年前に買った時は20,000円近くしたのですが、今回500GBで1万円以下。
随分安くなったものです。

このハードディスクはUSBケーブルでパソコンに接続して、電源をコンセントに差し込めばとりあえずパソコンは認識してくれます。
エクスプローラを起動してみると、間違いなくGドライブ(HD-CLU2)として認識されています。
本当にUSB接続で楽になったものです。

ところで、このハードディスクには、付属のソフトウエアがついているはずなのですが、パッケージの中に付属ソフトウエアのCD-ROMがありません。
エクスプローラで、新しいハードディスクのドライブを覗いてみると、DriveNavi.exeというファイルがすでに記憶されています。
あらためて取扱説明書を見てみると、付属ソフトウエアはDriveNavi.exeに含まれているようです。
なるほど、付属ソフトウエアはCD-ROMなどの記憶メディアを使わず、ハードディスク本体に記憶させているのですね。
これもメーカーの経費節減なのですね。
DriveNavi.exeは540MBくらいのサイズがあります。
さらに、うっかりこのファイルを削除してしまった場合は、バッファローのWEBサイトからダウンロードして下さいと取扱説明書には書かれています。
一昔前の、ハードディスクが1GBあたり一万円といった時代なら、こんな配布方法をされたら頭に来る所ですが、500GBのハードディスクでは、540MBなんて誤差の範囲です。
時代は変わったものです。
DriveNavi.exeをダブルクリックすると、「かんたんスタート」が起動し、そこから設定や付属ソフトウエアをインストールすることが出来ます。

このハードディスクは、パーティションは切られておらず、FAT32でフォーマットされています。
Windows Vistaに接続して使うため、セキュリティ上からも、4GB以上のファイルを保存するためにも(実際こんな馬鹿でかいファイルを保存することはないのですが)、NTFSでフォーマットしなおします。
付属ソフトウエアにDisk Formatterというディスクをフォーマットするツールが含まれているようです。
通常は、Windowsのツールを使うのですが、Disk Formatterがどんなソフトか興味があったので、今回はこのツールでフォーマットしました。
物理フォーマットは既に行われているので、今回は論理フォーマットだけなので、ほんの数分で完了です。

バファロー製品の場合、独自の転送速度高速化技術である「ターボUSB」を使うことが出来ます。
「ターボUSB」を有効にすると、転送速度が20%くらい速くなるらしいです。
この機能も使ってみることにします。
「ターボUSB」を有効にするためには、ユーティリティをインストールする必要があるのですが、これも「かんたんスタート」からインストールすることが出来ます。
インストール後、USBケーブルを抜き差しすると、「ターボUSB」が有効になります。
使ってみると、実際転送速度が上がっている気がします。
以前の(壊れた)ハードディスクの時より、確かに速く書き込みが出来たようです。
実際に、転送速度を測ったわけではありませんが、実感では速くなっています。
「ターボUSB」はバッファローの独自技術だそうですが、「アイオーデータ」も「マッハUSB」という同様の高速化技術を使っているようです。

ところで以前は、新しいハードディスクはパーティーションを切り直し、複数のドライブに分けていました。
今回は、パーティーションの切り直しを止めて、一つのドライブとしました。
パソコンのOSをインストールしてあるハードディスクは、OS(及びソフトウエア)をインストールするドライブと、自分で作ったデータファイルを記憶させるドライブと分けることは有効な方法です。
OSをフォーマットして新規に再インストールする時に、データファイルが消えてしまう事がないからです。
しかし、バックアップ用のハードディスクでは、大した意味がないと考えたからです(以前はバックアップ用ハードディスクもパーティーションを切っていましたが)。
というより、パーティーションを切り直して、フォーマットし直すと何時間かかるかわからないので、面倒くさいというのが本心です。
昔のように、数十ギガバイトとか、せいぜい100ギガバイトそこそこのハードディスクなら良いのですが、数百ギガバイトとかテラバイトといった大容量の時代、大変な時間がかかるので、考えを変えることにしたのです。
多分今後も、OSをインストールするドライブとか、複数のOSをインストールする場合以外は、ハードディスクのパーティーションの切り直しなどは行わないつもりです。

というわけで、このハードディスクの設定は数時間を覚悟していたのですが、実際は30分程度で全てが終了してしまったのでした。

|

« いつかは壊れる ハードディスク | トップページ | 最も安全なドメインは日本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/46736380

この記事へのトラックバック一覧です: 外付けハードディスクの設定:

« いつかは壊れる ハードディスク | トップページ | 最も安全なドメインは日本 »