« ADSL どうやって申し込むの? | トップページ | 外付けハードディスクの設定 »

2009/11/09

いつかは壊れる ハードディスク

パソコンのファイルは基本的にハードディスクに記憶されています。
そして、このハードディスクはいつかは壊れるものです。
パソコンの各部品(CPU、電源装置、メモリ等々)は、それぞれ寿命があります。
これらの寿命については、色々な見方があるとは思いますが、我々が使用する一般ユーザー向けパソコンにおいては、ハードディスクは寿命が短いものの一つではないかと私は考えています。
ハードディスクやCD・DVDドライブは物理的な動き(ディスクの回転、ヘッドの動き)があり、トラブルが起きやすいと考えています。
興味ある方は、「ハードディスク 寿命」といったキーワードで検索してみると、詳しい情報を得られると思いますが、私は単純にそのように考えています。
個人的には、寿命は3~5年くらいだと考えています。

ハードディスクはトラブルの起きやすいパーツなのですが、同時にトラブルが起きると最も困るパーツなのです。
パソコンでの様々な作業の成果は全てハードディスクに保存されているのですから、ハードディスクにトラブルが起きると、今までの全ての成果が消えてしまうのですから。
他のパーツなら、トラブルが起きても部品交換を行えばたいした問題にはなりませんが、ハードディスクのトラブルは取り返しがつきません。
私は常々、友人やパソコンを教えた方々には、ハードディスクはいつ故障するかわからないものであり、定期的に必ずバックアップをとっておくようにと助言しています。

私のパソコンの中には、仕事上の重要なファイルをはじめ、私自身やお客様の個人情報なども保存されているため、毎日定期的にバックパップをとっています。
以前はCD-RやDVDにバックアップをとっていたのですが、最近はハードディスクの価格が下がってきたため、外付けハードディスクにバックアップをとっています。
人にはハードディスクのトラブルの怖さやバックアップについてさんざん言っているのですが、実は私自身今までハードディスクのトラブルにはあったことがなかったのです。
古いパソコンは、10年近く使っていますが、いまだに元気に動いています。

ところが、今回わずか3年足らずのバックアップ用外付けハードディスクがトラブルに遭ってしまったのです。
3~4日前から、一部のファイルへのアクセスに時間がかかったり、書き込みエラーが出るようになり、とうとう昨日には書き込みエラーだらけになってしまったのです。
バックアップ用のハードディスクは、ある意味最も重要なものですから、寿命と判断して取り替えることにしました。
日々人には厳しく言っていながら、自分ではまだ3年足らずの新しいものだからと、一番安心していたハードディスクですから少々驚きました。
パソコンのハードディスクトラブルにそなえて、バックアップをとっているのですが、そのバックアップ用のハードディスクの方が先に逝ってしまったことになります。

とりあえず、安全のためにメインに使っているパソコンの全データを、予備に使っているパソコンにコピーしました。
そして、早速外付けハードディスクを買いに量販店に行ってきました。

最初に書いたように、頭の中ではハードディスクのトラブルの危険についてはわかっており、日々その対策は行っているのですが、実際に今回トラブルにあってあらためてバックアップの重要性について再認識しました。

|

« ADSL どうやって申し込むの? | トップページ | 外付けハードディスクの設定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/46716772

この記事へのトラックバック一覧です: いつかは壊れる ハードディスク:

« ADSL どうやって申し込むの? | トップページ | 外付けハードディスクの設定 »