« 外付けハードディスクの設定 | トップページ | さようなら Aterm BR1500H »

2009/12/04

最も安全なドメインは日本

マカフィー・ストア


世界で最も危険な国別ドメインはカメルーン(.cm)らしい。
マカフィーが2009年の年次報告書「危険なWebサイトの世界分布」を発表しました。
国別トップ・レベル・ドメイン(ccTLD)ごとに、ウイルスがおかれているなどの危険なサイトの割合を調査したものです。
http://www.mcafee.com/japan/security/mtmw_2009.asp
これによると、最もリスクの高いドメインはカメルーン(.cm) で、36.7%がリスクを伴うサイトと評価されました。
どうやら、利用者の「.com」のタイプミスを悪質な管理者はねらっているのではないかと考えられているようです。
当然のことながら、リスクの高いドメインの第2位は「.com」(32.2%)です。

一方、最もリスクの低いドメインのランキングでは、「日本(.jp)」が第2位(0.1%)です。
ちなみに第1位は、当然のことながら「政府(.gov)」で0.0%です。

マカフィーによりますと、「サイバー犯罪者は、悪意ある活動を行う場をサイトの登録が安価かつ便利であり、検挙される可能性が最も小さい地域に移します」とのことです。
昨年最も危険なドメインのトップは「香港(.hk)」だったのですが、詐欺に関係する登録を積極的に取り締まり、今年は危険なドメインの34位まで下げています。
危険なドメイン上位の国は、もっと積極的に対策を講じてほしいものだと思います。

私は、5年前に個人事業用に独自ドメインを取得したのですが、その時「.jp」を取るか「.com」を取るか迷いました。
どうも、「.com」のドメインを持つことがかっこいいというような風潮が一部にあるように思います。
私もこの時、友人達から「.com」を取るように勧められました。
しかし、「.com」はgTLD(generic Top Level Domain)であり国籍・地域に関係なく取得できるとはいえ、もともとアメリカのドメインです。
私は、日本で仕事をするためのドメインなら、日本のドメインを使おうと思い、「.jp」ドメインを取得しました。
「属性型・地域型(co.jp, ne.jp等 )」は会社法人などの制約がありますが、「汎用JPドメイン」なら、日本国内に住所を持てば個人でも取得できます。
取得料金が、多少高いのですが、そんなに差があるわけではありません(以前はかなり差があったのですが)。
別に、「.com」がみんな悪いわけではないのですが、なにか「.jp」を取っておいてよかったと今回の発表を見て思ったしだいです。
加えて、「.com」で30%以上など、危険なサイトがこんなにも多いというのにも驚かされました。

とはいえ、このような発表で全てを判別できるわけでもなく、我々ユーザーはセキュリティーソフトの導入や、危険なサイト・怪しげなサイトに決して近づかない事が最も重要なことは言うまでもありません。

|

« 外付けハードディスクの設定 | トップページ | さようなら Aterm BR1500H »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/46933323

この記事へのトラックバック一覧です: 最も安全なドメインは日本:

« 外付けハードディスクの設定 | トップページ | さようなら Aterm BR1500H »