« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年4月

2010/04/25

絵文字の使用について

最近メールやインターネット上の書き込みなどで、絵文字をよく見かけます。
携帯各社では、絵文字のサービスには力を入れており、携帯同士のメールには特に若い人を中心に頻繁に使われているようです。
パソコンサイトでも、mixi等のSNSサービスなどで絵文字が充実されており、多くの方が使用しています。
しかし、絵文字の使用は非常に危険な場合があります。

1つの例を示してみましょう。
次の画像は、実際にあるSNSのサイトで、あるユーザーがコミュニティで質問をしているところの一部を画面コピーしたものです(他人の書き込みをコピーしてこのようなところに晒すのは御法度なのですが、この画像では全く誰がいつ書いたものかもわからず、特定の個人情報などにも当たらず、どこにでもある書き込み内容なので、公開させていただくことにします)。

絵文字サンプル

この書き込み人は、この画像の前に質問内容を書いており、その最後にこの画像のように「教えて下さい + 絵文字」で終わっています。
この書き込みは、ちょっと見た目には何も問題ないように見えます。
しかし、本当は大いに問題がある書き込みなのです。

多分、書き込みをした人は、「教えて下さい よろしくお願いします」という様なつもりで画像を選択したのでしょう(つまり絵文字は「よろしくお願いいたします。」の意味)。
しかし、実際には「教えて下さい がく~、落胆」という内容になっているのです。
書き込みとした人の意図と全く異なった意味になっているのです。

なぜ意図と異なった意味になったかを簡単に説明しましょう。
今回例に挙げたケースでは、書き込みから公開までの手順は次のようになっています。
「書き込み画面」で、書き込み人は「画像一覧」から画像を選び書き込みを行います。
つぎに、「入力内容を確認する」ボタンをクリックして、「プレビュー画面」を表示し、書き込み内容を確認します。
そして、問題がなければ「書き込む」というボタンをクリックして、書き込みを完了し、公開されます。

「書き込み画面」の「画像一覧」では、画像が一覧表示されているだけで、画像の説明は一切ありません。
「プレビュー画面」と「公開画面」では、画像にマウスポインタを当てると、「画像の説明」がポップアップ表示されます。
今回の例では、「がく~、落胆」と表示されます。
このポップアップする画像の説明は、Web表示の元になる「XHTMLソースコード」の画像表示の部分に、「<img src="http://xxxxxx.yyy/img/emoji/zzz.gif" alt="がく~、落胆" width="16" height="16" border="0">」のように記されています("http"以下のアドレスは適当に変えています)。
このコードの「alt=」以下の文字が表示される仕組みです。
さらに、付け加えておくと、目の不自由な方は「音声読み上げブラウザ」というブラウザを使っておられ、書き込み文字は普通に読み上げられ、画像は「alt=」以下の文字を読み上げられます(今回の例では「がく~、落胆」と読み上げられます)。
また、画像を表示しないようにして、テキストのみでこのサイトを見ている人もいます。

以上のような手順と仕組みになっているのですが、ここで問題点を考えてみましょう。
書き込む人は、画像一覧のなかから、「画像を見るだけ」で(画像の説明なしで)画像を選択します。
画像を選択する時、顔の表情画面だけでは、見た人の受け取り方は人それぞれです。
多分、書き込み人は選択した画像を見て、「がく~、落胆」とは受け取らなかったのでしょう。
ここで、画像作成者の意図と異なった受け取り方をして、画像を選択したわけです。
第三者(画像の使用者)は、作者と違った見方をするかも知れないのです。
そして、「プレビュー画面」や「書き込み公開画面」では、「画像作者」の意図にしたがった画像の説明がポップアップするのですが、マウスポインタを画像に持って行かなければポップアップしません。
しかも、上に書いたXHTMLのソースコードでは、ブラウザが「Internet Explorer」ならポップアップしますが、ポップアップしないブラウザもあります(私のテストでは「Firefox」ではポップアップしません。)。
また、誰もがマウスポインタを使って、ポップアップさせその内容を読むとは限りません。
多分、そんなことをしない人の方が多いでしょう。

つまり、画像制作者と画像の使用者による画像の意味の受け取り方が異なることもあれば、画像使用者と第三者の読者との間で意味の受け取り方が異なることもあるわけです。
しかも、画像使用者・読者のそれぞれが、本来の正しい意味(画像制作者の意図した意味)のとおりに理解している場合もあれば、間違って理解している場合もあるのです。
さらに、画像を表示しないブラウザや表示しないように設定しているブラウザの使用者は、画像の存在など知らないこともあるのです(「alt」の文字を表示する場合もありますが)。

今回示した例では、書き込みをした方の意図とは全く異なった文章になっていたわけです。
読者に対し、非常に失礼な文章になっていたわけであり、私ならたとえ答えがわかっていても、回答を書き込む気にはなりません。
絵文字というのは、画像を見ただけでは、見る人によって様々に理解できるものですから、使用者と読者によって異なった受け取り方をしてもしようがないものです。
このような性格を持つ「絵文字」は、初めての人や、不特定多数の人、目上の人などに対する文章では使うべきではないと思うのです。
使うとすれば、本当に気心の知れた友人同士のみに限定すべきだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/19

マイクロソフト製メールソフトのフォント設定

最近「Windows Live Mail」のテストを行っています。
「Windows Live Mail」は「Outlook Express」「Windowsメール」の後継になるマイクロソフト製のメールソフトです。
「Windows 7」を使用されている多くの方は、「Windows Live Mail」 を使用されており、「Outlook Express」等から乗り換えられた方も多いと思います。
そのため、「Windows Live Mail」もテストしておかなければならないので始めたわけです。。

このテスト中に、思いがけないことに気づきこのブログを書くことにします。
次の2つの画像を見て下さい。

画像1
画像1

画像2
画像2

これらは、送られてきたメールの一部を画面コピーしたものです。
画像1は、私が普段使っているメールソフト「Shuriken」での表示画面です。
画像2は、同じメールの同じ部分を「Windows Live Mail」で表示した画面です。
随分違うことに気付かれると思います。
画像2ではなぜか表示が崩れている様に見えます。
私は、いつも画像1の様な画面を見ていましたから全く気付かなかったのですが、今回のテストで何か変だぞと思ったのです。
Outlook ExpressやWindows Live Mailを利用していた方の多くが、画像2のような崩れた表示を見ていたのです。

原因の話の前に、フォントの話をしておきましょう。
フォントには「等幅フォント」と「プロポーショナルフォント」があります。
「等幅フォント」は、各文字の幅は同じようにデザインされています。
次の画像のように表示されます。
等幅フォント
一つ一つの文字として読みやすく、改行・スペース・タブなどでも、文字が揃い読みやすくなります。

一方「プロポーショナルフォント」は文字によって幅が異なります。
次の画像のように表示されます。
プロポーショナルフォント
「っ」「ャ」などは文字幅が小さくデザインされています。
一連の文章として、美しく見え、読みやすいと言えるでしょう。

そこで、画像2の表示が崩れている原因の話です。
この例では、「┌」「┐」「│」等の罫線用文字を利用して、文字を囲み強調しているのです。
この場合等幅フォントなら、罫線用文字を囲みに利用しても、全ての文字幅が一定のため、綺麗な囲みになります。
一方、プロポーショナルフォントでは、文字によって幅が異なる事があるため、囲みがずれてしまうのです。
つまり、画像1は「等幅フォント」で、画像2は「プロポーショナルフォント」で表示されているのです。

このように、メール(特にメールマガジンなど)では等幅フォントの特長を生かし、罫線文字や記号文字(*、=、/等)スペース等を利用して、タイトルの強調や行末をそろえるなど、より読みやすい工夫を凝らしています。
そのために、メールソフトは等幅フォントで表示するように設定しておく方が、送信者の意に沿う表示となるのです。
プロポーショナルフォントでは、表示が崩れることがあるのです。

しかし、多くの方が使っておられる「Outlook Express」「Windowsメール」や「Windows Live Mail」は「初期設定」が「プロポーショナルフォント」になっています。
多くの外国製メールソフトは、プロポーショナルフォントに初期設定されているようです。
アルファベットでは、プロポーショナルフォントの方が読みやすいからだと思われます。
最初に示した「Windows Live Mail」での表示の崩れも「プロポーショナルフォント」に初期設定されていたのが原因だったのです。
しかし、外国製メールソフトでも、日本語化して日本で使用するようにして配布しているのですから、等幅フォントに初期設定を変更しておいてくれてもいいように思うのですが、どうやらそんなことは気にせずに配布しているようです。

と言うわけで、多くの方が使用しておられる「Outlook Express」等のマイクロソフト謹製ソフトも、ぜひ「等幅フォント」に設定変更されることをお勧めします。
ここでは、変更方法を「Windows Live Mail」を例にとって説明しますが、「Outlook Express」や「Windowsメール」も同様に変更できます。

  1. 「Windows Live Mail」を起動し、「メニュー」(表示されていない時は「Alt」キーを押すと表示されます)から「オプション」をクリック。
  2. 「オプション」画面で「読み取り」タブをクリック。
  3. 「フォント」ボタンをクリック。
  4. 「フォント」画面の「MS Pゴシック」になっているものを全て「MS ゴシック」に変更する。
  5. 「OK」ボタンを押し、「オプション」画面に戻る。
  6. 「オプション」画面の、「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る」にチェックが付いていない場合はチェックを付けておくことをお勧めします。
  7. 「オプション」画面で「OK]をクリック。

これで設定変更は完了です。

私はメールを使い出した当初は「Becky! Internet Mail」を、そして最近数年は「Shuriken」を使用しており、何れも表示フォントは「等幅フォント」に初期設定してありました。
マイクロソフト謹製のメールソフトは一度も使ったことはありませんでした。
パソコンサポートなどで、お客様のメールソフトの設定は何度となく行っているのですが(多くがOutlook ExpressやWindowsメール)、フォント設定については、いつも初期設定のままにしていたので、気付かなかったのです。
もっと早く気付いて、変更のご案内をすべきでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/01

Shuriken 2010

Just MyShop(ジャストシステム)

今回もメールソフトの話です。
私、何でも屋は5年くらい前から「Shuriken」を使っています。
数年ごとにバージョンアップをしています。
最近では、昨年「Shuriken 2009」のバージョンアップしており、全く不満なく利用していたのですが、今回「Shuriken 2010」にバージョンアップしてしまいました。

「Shurikenn 2010」での新機能・強化機能は「Webメール簡単登録」「付箋機能」「HTMLメールへの対応の強化」なのですが、「Webメール」は使いませんし、「HTMLメール」も使用しません。
期待は「付箋機能」だけなのですが、この「付箋機能」に惹かれてバージョンアップしてしまいました。
「バージョンアップ版」のダウンロード購入なら2,100円なので、まあこの程度なら買ってみようというわけです。

「付箋機能」とは、受信メールの必要なところに「付箋」を付けられるというものです。
簡単なメモ書きをどこにでも付けることが出来ます。
この「付箋」は使う人によって、色々な使い方があると思うのですが、私は「付箋」を付けることにより、過去のメールを簡単に探し出すといった使い方に期待しています。
メールマガジンなどに書かれていた興味ある内容や、ネットでダウンロード購入したソフトウエアのシリアル番号などを過去のメールから探すことがよくあります。

メールは「フォルダ」を作って振り分け、後日探し出すのが容易になるように整理しているつもりです。
また、「Shuriken」の検索機能も非常に高速で、高機能です。
しかし、検索キーワードがうまく合わなかったり、フォルダの中のメール数が増えてくると、探し出すのは案外面倒な物です。
こんな時のために、「付箋」に自分が普段よく使う言葉をキーワードとして書き込んでおくと後になって、「付箋」を検索することによって、目的のメールを簡単に探し出すことが出来るのではないかと思うのです。
例えば、ソフトウエアのシリアル番号にしても、「シリアル番号」「プロダクトキー」「プロダクトID」等々、ソフトによって色々です。
この場合、「シリアル番号」という言葉を「検索キーワード」と決めておき、この言葉を「付箋」に書き込んでおけば、検索が簡単になります。
「Shuriken 2010」は、通常のメールの検索機能の他に、「付箋」の検索機能が別にありますから、うまく使えばこのような使い方は便利ではないかと思っています。
勿論用途はこれだけではありません。
簡単な覚え書きや、後日処理する内容などのメモ書きなど様々な用途に利用できそうです。

「付箋」は十数種類のテンプレートが用意されています。
また、独自のテンプレートを作成することも出来ます。
テンプレートにより、背景色やフォントを変更することが出来、重要度や使用目的により使い分けることが出来ます。
「付箋」の一覧表示機能があるのですが、この一覧表示画面にはテンプレートのデザインを使って表示されますので、一目で重要度や使用目的がわかります。

検索は、通常のメールの検索と「付箋」の検索に分かれているため、「付箋」の検索では「付箋」のみを検索し、メールの内容を検索と混同されることはありません。
「付箋」の検索から、その付箋の着いたメールに簡単にジャンプすることが出来ます。

日頃多数のメールを利用する方には、この付箋機能は非常に便利な機能だと思います。
Thunderbird にはアドオンで付箋機能を加えることが出来るようですが(私は使ったことがなくネット情報です)、メールソフトに基本機能としてあるのは「Shuriken 2010」のみではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »