« Outlook Expressのトラブル 2 | トップページ | マイクロソフト製メールソフトのフォント設定 »

2010/04/01

Shuriken 2010

Just MyShop(ジャストシステム)

今回もメールソフトの話です。
私、何でも屋は5年くらい前から「Shuriken」を使っています。
数年ごとにバージョンアップをしています。
最近では、昨年「Shuriken 2009」のバージョンアップしており、全く不満なく利用していたのですが、今回「Shuriken 2010」にバージョンアップしてしまいました。

「Shurikenn 2010」での新機能・強化機能は「Webメール簡単登録」「付箋機能」「HTMLメールへの対応の強化」なのですが、「Webメール」は使いませんし、「HTMLメール」も使用しません。
期待は「付箋機能」だけなのですが、この「付箋機能」に惹かれてバージョンアップしてしまいました。
「バージョンアップ版」のダウンロード購入なら2,100円なので、まあこの程度なら買ってみようというわけです。

「付箋機能」とは、受信メールの必要なところに「付箋」を付けられるというものです。
簡単なメモ書きをどこにでも付けることが出来ます。
この「付箋」は使う人によって、色々な使い方があると思うのですが、私は「付箋」を付けることにより、過去のメールを簡単に探し出すといった使い方に期待しています。
メールマガジンなどに書かれていた興味ある内容や、ネットでダウンロード購入したソフトウエアのシリアル番号などを過去のメールから探すことがよくあります。

メールは「フォルダ」を作って振り分け、後日探し出すのが容易になるように整理しているつもりです。
また、「Shuriken」の検索機能も非常に高速で、高機能です。
しかし、検索キーワードがうまく合わなかったり、フォルダの中のメール数が増えてくると、探し出すのは案外面倒な物です。
こんな時のために、「付箋」に自分が普段よく使う言葉をキーワードとして書き込んでおくと後になって、「付箋」を検索することによって、目的のメールを簡単に探し出すことが出来るのではないかと思うのです。
例えば、ソフトウエアのシリアル番号にしても、「シリアル番号」「プロダクトキー」「プロダクトID」等々、ソフトによって色々です。
この場合、「シリアル番号」という言葉を「検索キーワード」と決めておき、この言葉を「付箋」に書き込んでおけば、検索が簡単になります。
「Shuriken 2010」は、通常のメールの検索機能の他に、「付箋」の検索機能が別にありますから、うまく使えばこのような使い方は便利ではないかと思っています。
勿論用途はこれだけではありません。
簡単な覚え書きや、後日処理する内容などのメモ書きなど様々な用途に利用できそうです。

「付箋」は十数種類のテンプレートが用意されています。
また、独自のテンプレートを作成することも出来ます。
テンプレートにより、背景色やフォントを変更することが出来、重要度や使用目的により使い分けることが出来ます。
「付箋」の一覧表示機能があるのですが、この一覧表示画面にはテンプレートのデザインを使って表示されますので、一目で重要度や使用目的がわかります。

検索は、通常のメールの検索と「付箋」の検索に分かれているため、「付箋」の検索では「付箋」のみを検索し、メールの内容を検索と混同されることはありません。
「付箋」の検索から、その付箋の着いたメールに簡単にジャンプすることが出来ます。

日頃多数のメールを利用する方には、この付箋機能は非常に便利な機能だと思います。
Thunderbird にはアドオンで付箋機能を加えることが出来るようですが(私は使ったことがなくネット情報です)、メールソフトに基本機能としてあるのは「Shuriken 2010」のみではないかと思います。

|

« Outlook Expressのトラブル 2 | トップページ | マイクロソフト製メールソフトのフォント設定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/47967753

この記事へのトラックバック一覧です: Shuriken 2010:

« Outlook Expressのトラブル 2 | トップページ | マイクロソフト製メールソフトのフォント設定 »