« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010/06/23

ウエブページの更新日

シマンテックストア

インターネットを利用し始めて十数年になります。
ウエブサイトで資料を求め始めた十数年前は、ほとんどが書かれて数年以内の新しい資料でした。
日本最初のホームページ発信が1992年9月だそうです。
http://www.ibarakiken.gr.jp/www/index.html
私がインターネットを使い始めた1996年ですから、ネット上の資料は本当に書かれて数年以内のものだったわけです。

ところが、最近は「検索サイト」で資料を見つけても、それが新しくて信用のおけるものかどうかわからないものが沢山あります。
資料をネット上で苦労して見つけ、読み進めていくと何かおかしい、さらに読み進めると、どうやら十数年前に書かれたものらしいと言うことがあります。
書かれた日付、更新された日付などが明記されていないページが沢山あります。
つねに更新が続けられているサイトなら良いのですが、みんながみんなそうとは言えません。
十数年も更新されていないウエブサイト、放って置かれたホームページが沢山あります。
インターネット上の資料を利用する場合は、十分に注意しましょう。

全てのホームページに適応できるわけではありませんが、多くのホームページで「更新日」を調べることが出来ます。
次のように行います。

  1. 見たいページをブラウザに表示します。
  2. ブラウザの「アドレス」欄に、「javascript:alert(document.lastModified)」と入力します。
  3. 「Enter」キーを押すと、下図のような「メッセージボックス」が表示され、その中に「日付」が表示されています。

更新日のメッセージボックス

ただし、次の点に注意して下さい。

  • ブラウザは「javascript」が有効であること。
  • 表示される日付はウエブサーバに、そのページのファイルが置かれた日付であって、実際に「更新・書かれた」日付ではないこと。
  • ブログなどのように、サーバ側のプログラムにより生成されるページでは有効でないこと。

このような制約はありますが、役に立つこともあるので覚えておいて損はありません。

実は私もこのブログ以外に、ウエブサイトを管理しています。
その中に、パソコンやソフトウエアなどの資料を載せているのですが、随分長く放っておいたページがあります。
数日前から、少しずつ更新を進めています。
なにしろ、記事を書いた時はWindows XPについて書けばよかったのが、今ではWindows VistaやWindows 7もあるのですから。
そして、更新日を入れるようにしようと思っています。


ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/09

Firefox 右クリックでコピーできない

普段インターネットブラウザは「Firefox」(バージョン 3.0.15,OS Windows Vista)を使っているのですが、何故か右クリックから「コピー」が出来なくなりました。
インターネットで見つけたコンテンツを資料として残しておきたい時などに、「コピー & ペースト」をよく使います。
コンテンツのコピーしたい部分をマウスで「ドラッグ」して選択状態にし、右クリックのコンテキストメニューで「コピー」を実行します。
通常、コンテンツを選択状態で右クリックすると次のようなコンテキストメニューが表示されます。

コンテキストメニュー

間違いなく、以前はメニューが正しく表示されました。
3行目の「検索」は設定によって異なることがありますが、他は上の画像のように表示されるはずです。
ところが、いつからか「コピー」と「すべて選択」がグレーアウトされ、使用できなくなってしまったのです(いつどんな理由でそうなったのか不明です)。
コンテキストメニューから「コピー」が出来ないだけで、キーボードショートカットで「Ctrl + C」を実行すれば「コピー」は出来ます。
従って「選択状態」は認識されているようです。
ネットで検索して、似たような例はいくつか見つけました。
しかし、確実な原因と対処方法は見つけることは出来ませんでした。
「プロファイル」を削除して作り直す」などのアドバイスの書き込みがありましたが、それで成功したと言う例を見つけることは出来ませんでした。

「セーフモード」でFirefoxを起動させ、テストするのも一つの手かも知れません。
しかし、「コンテキストメニュー」に関する拡張機能などを使用しているわけでもありませんので、とにかく完全にアンインストールして、再インストールすることにしました。
アンインストールは「コントロールパネル」から「プログラムと機能」(Windows XPなら「プログラムの追加と削除」)から行います。
アンインストール時に、「ユーザーの設定とデータも削除する」というオプションがありますが、とりあえずこのオプションのチェックマークは外しておきました。
もし、もし問題が解決できなければ、再度チェックを入れてアンインストールするつもりでした。

アンインストールして、新しいFirefoxを入手しました。
http://mozilla.jp/firefox/
最新のFirefoxはバージョンが「3.6.3」になっていましたので、それをインストールすることにします。
前バージョンをインストールしてあったフォルダにインストールします。
インストールは、ものの一分もかかりません。
ストールが終わり、新しいFirefoxを起動して、テストしてみます。
適当なネットコンテンツを表示し、適当に選択して、右クリックを行ってみます。
なんと、上図のコンテキストメニューが表示されました。
「コピー」も「すべて選択」も正しく表示されています。
実際に「コピー」を行ってみましたが、問題なく実行されました。
トラブルは、一体何だったのかという感じです。

トラブルが起こって、ネット検索した時、アドバイスに従って実行したが、成功しなかったという書き込みもあったのですが、私の場合、アンインストールと再インストールで簡単に解決してしまいました。
いまだに、本当の原因はわかりません。
とりあえず、解決したと言うことで、このまましばらく使ってみることにします。
又問題が起きれば、ここで報告することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »