« Firefox 右クリックでコピーできない | トップページ | アナログいじめの始まりです »

2010/06/23

ウエブページの更新日

シマンテックストア

インターネットを利用し始めて十数年になります。
ウエブサイトで資料を求め始めた十数年前は、ほとんどが書かれて数年以内の新しい資料でした。
日本最初のホームページ発信が1992年9月だそうです。
http://www.ibarakiken.gr.jp/www/index.html
私がインターネットを使い始めた1996年ですから、ネット上の資料は本当に書かれて数年以内のものだったわけです。

ところが、最近は「検索サイト」で資料を見つけても、それが新しくて信用のおけるものかどうかわからないものが沢山あります。
資料をネット上で苦労して見つけ、読み進めていくと何かおかしい、さらに読み進めると、どうやら十数年前に書かれたものらしいと言うことがあります。
書かれた日付、更新された日付などが明記されていないページが沢山あります。
つねに更新が続けられているサイトなら良いのですが、みんながみんなそうとは言えません。
十数年も更新されていないウエブサイト、放って置かれたホームページが沢山あります。
インターネット上の資料を利用する場合は、十分に注意しましょう。

全てのホームページに適応できるわけではありませんが、多くのホームページで「更新日」を調べることが出来ます。
次のように行います。

  1. 見たいページをブラウザに表示します。
  2. ブラウザの「アドレス」欄に、「javascript:alert(document.lastModified)」と入力します。
  3. 「Enter」キーを押すと、下図のような「メッセージボックス」が表示され、その中に「日付」が表示されています。

更新日のメッセージボックス

ただし、次の点に注意して下さい。

  • ブラウザは「javascript」が有効であること。
  • 表示される日付はウエブサーバに、そのページのファイルが置かれた日付であって、実際に「更新・書かれた」日付ではないこと。
  • ブログなどのように、サーバ側のプログラムにより生成されるページでは有効でないこと。

このような制約はありますが、役に立つこともあるので覚えておいて損はありません。

実は私もこのブログ以外に、ウエブサイトを管理しています。
その中に、パソコンやソフトウエアなどの資料を載せているのですが、随分長く放っておいたページがあります。
数日前から、少しずつ更新を進めています。
なにしろ、記事を書いた時はWindows XPについて書けばよかったのが、今ではWindows VistaやWindows 7もあるのですから。
そして、更新日を入れるようにしようと思っています。


ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ

|

« Firefox 右クリックでコピーできない | トップページ | アナログいじめの始まりです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/48703076

この記事へのトラックバック一覧です: ウエブページの更新日:

« Firefox 右クリックでコピーできない | トップページ | アナログいじめの始まりです »