« ノートパソコンのタッチパッドを無効化 その2 | トップページ | インクジェットプリンターの詰め替えインク »

2010/10/29

降雨量9mmは強雨か弱雨か

台風14号が近づいているが、台風が来なくてもインターネットの気象情報はよく利用する。
天気予報も自由化され、幾つもの気象予報会社が天気予報を行っている。
インターネットのポータルサイトなどでも、サイトによって気象予報会社が異なる。
そのため、インターネットの気象情報を利用する場合、複数のポータルサイトの予報を同時に見て、総合的に判断して、予定を立てたりすることが多い。
私は、主に「Yahoo ジャパン」と「@nifty」の予報サイトを利用することが多い。
時によっては、その他のサイトも利用するが。
「Yahoo ジャパン」の予報は「日本気象協会」から提供されている。
「@nifty」の予報は「株式会社ウェザーニューズ」から提供されている。

「日本気象協会」も「ウェザーニューズ」も、複数のサイトに提供しており、サイトによって更新時刻が多少違ったりするので、同じ会社からの提供情報でもサイトによって情報内容が多少異なることがあるが、これはやむを得ないと思う。
しかし、どうにも不思議なのが、ある会社の予報で、同じ降雨量の値であるのに、サイトによって表現が異なることがあることである。

具体的に、例を挙げてみよう(気象情報なので、この例を後に再現することは不可能であるが、このような例はよく見かけるので、読者が後になってよく似た例を目にすることは可能であると思う)。
この例は、「Yahoo ジャパン」と「goo」の天気予報サイトである。
どちらも「日本気象協会」から情報は提供されている。
この記事を書いている今は、2010年10月29日18時10分である。
我が町「京都府宇治市」の10月30日の予報を「明日の天気」で見てみる。
「Yahoo ジャパン」は16時30分発表の予報が掲載されている。
「goo」は17時発表の予報が掲載されている。
どちらも、同じ会社のほぼ同じ時刻発表の予報である。
ここで、6時の予想「降雨量」を見てみる。
「Yahoo ジャパン」では「9mm」となっている。
「goo」でも「9mm」となっている。
どちらも同じ値である。
9時の予想「降雨量」では、どちらも「6mm」になっている。
つまり、「Yahoo ジャパン」と「goo」に掲載されている予想「降雨量」は同じ値なのである。
ところが、同じ表の天気欄に「晴れ」とか「曇り」とか書かれているのであるが、この表現が異なっていて、「Yahoo ジャパン」では6時も9時も「強雨」と書かれている。
一方、「goo」では「弱雨」と書かれているのである。
たしかに、「天気」欄の表現はあくまで「天気」で「降雨量」ではないのだから、雨が降るのであれば「雨」が正しいのであって、「強雨」とか「弱雨」とか書く方がおかしいのである。
しかし、このように書くのであれば、同じ会社が提供して、提供先が変わるだけで表記が異なるのはおかしい。
まさか、受け取り側が勝手に「弱雨」か「強雨」かを決めるとも考えられない。
この事は、以前から謎だった。
大したことではないのかも知れないが、どうも不思議なので今日書くことにした。

|

« ノートパソコンのタッチパッドを無効化 その2 | トップページ | インクジェットプリンターの詰め替えインク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/49879917

この記事へのトラックバック一覧です: 降雨量9mmは強雨か弱雨か:

« ノートパソコンのタッチパッドを無効化 その2 | トップページ | インクジェットプリンターの詰め替えインク »