« プリンター & スキャナーを交換 | トップページ | 一太郎2011 創 »

2010/12/25

PIXUS MP490を使ってみて

一昨日にプリンターを「PIXUS MP490」に替えたことは書いたのですが、実際に使ってみての感想をちょっと書いてみます。

一昨日にもちょっと書いたのですが、印刷は思った以上の品質です。
以前は6色インクのプリンターを使っていたので、PIXUS MP490の4色インクでは、かなり印刷品質が落ちるのではないかと思っていたのですが、想像以上の高品質です。
高級な写真用の用紙で、サイズの大きな写真プリントをするとかなら役不足でしょうが、普通紙や葉書に印刷するのがほとんどなので、印刷品質は全く問題ありません。

ちょっと気になるのが、印刷ヘッドの動作音です。
今、年賀状を印刷しています。
このプリンターは自動で両面印刷してくれるほど高級じゃありませんから、葉書1枚ずつ表と裏を印刷して行くことになります。
裏を必要枚数分一気に印刷して、相手先を選びながら表を印刷すれば早いのはよく解っています。
しかし、私の使用している葉書作成ソフトは、一人一人に「一言」を入力しながら印刷して行くことが出来ます。
そのために、相手ごとに「一言」を入力して、「裏」を印刷して、次に「表」を印刷すると言うことを繰り返しています。
少々手間ですが、それが良いのです。
そんな手順で作業をしていますから、葉書を裏表差し替えたり、「一言」を入力する数秒とか数分はプリンターは止まることになります。
この止まっている間に、ヘッドがやたらと動いている音がするのです。
所謂インク充填とかヘッドクリーニングのような音です。
電源を入れた時には、このような音がするのは分かります。
しかし、初期の起動動作がすめば、印刷時以外にそんなにヘッドが動くことはないと思うのです。
少なくとも今まで何台もプリンターを使っていますが、そんなことはありませんでした。
ところが、PIXUS MP490では印刷後数秒してからとか、印刷開始前とか、やたらと動いている音がします。
なにか、動くたびにインクが減っていくのではないかと不安になります(まさかそんなことはないでしょうけれど)。

スキャナー機能については、ちょっと感動しています。
最近では当たり前なのかもしれませんが、10年前のモデルを使っていた私にとっては感動します。
何かというと、ScanGear(スキャナードライバー)がとても賢くなっていることです。
マニュアルには基本的に、MP Navigator EXというスキャナー用ソフトを使うように書かれていますが、私は使っていません。
スキャンと同時にPhotoShopでレタッチなどを行うため、ScanGearというスキャナードライバーをPhotoShopから使います。
スキャナーを使う時、面倒なのが写真などの原稿の縦横を正確に合わせることです。
原稿台に置く時にどうしても傾きがでます。
以前は、この傾きをPhotoShop等で修正したものです。
PhotoShopの「ものさしツール」を使う裏技などが考え出されたものです。
ところが、今回のScanGearはこの傾きを自動的に修正してくれるのです。
何も考えずに使っていて、傾きが出ないので原稿を置くのが上手になったのかなと思っていたのですが、実はScanGearが修正してくれていたのでした。
これはとっても便利です。
仕事がとてもはかどります。
以前は、PhotoShopで1/10度単位で修正したりで、とても時間がかかったものが、自動で修正してくれるので次から次へとどんどんスキャンして行くことが出来ます。
やはり、時代と共にソフトも進歩して行くものです。
これだけでも買い換えた価値があります。
MP Navigator EXを使ってのスキャンも一度試してみようと思っています。
案外便利なのかもしれません。

|

« プリンター & スキャナーを交換 | トップページ | 一太郎2011 創 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/50398548

この記事へのトラックバック一覧です: PIXUS MP490を使ってみて:

« プリンター & スキャナーを交換 | トップページ | 一太郎2011 創 »