« インクジェットプリンターの詰め替えインク | トップページ | PIXUS MP490を使ってみて »

2010/12/23

プリンター & スキャナーを交換

つい3日前に、このブログの「インクジェットプリンターの詰め替えインク」で、今使用中のプリンターは7年間使い続けていると書いたばかりなのですが、急遽プリンターを交換することになりました。
理由は2つ。
その1は、10年近く使い続けたスキャナー(CanoScan D646U)がとうとう駄目になってしまったこと。
その2は、7年近く使い続けたプリンター(エプソン PM-G700)のプリンターヘッドの交換が必要になったこと。
ちょうどこの2つが重なったので、プリンター交換に踏み切ったのです。

CanoScan D646Uは発売が2001年、当初はWindows 98,Me,2000Proに対応だったのですね。
キヤノンはWindows XPまでのドライバーは公開しましたが、Vista以降はどうやらサポート外だったようです。
それでも、Windows Vistaで問題なく使い続けられました。
よく頑張ってくれましたが、最近スキャンすると何本かの線が出ます。
初めのうちは、レタッチソフト等でごまかしていたのですが、どうにもごまかしきれなくなってしまいました。
修理に出せば、多分新品買うより修理費の方が高いでしょう。

プリンター(PM-G700)も7年間よく頑張ってくれました。
7年間で二万枚くらいはプリントしたでしょう。
家庭用プリンターでこれくらい働いてくれれば、十分でしょう。
こちらも修理に出すより、新品を買った方が安いでしょう。

というわけで、新しく大手家電量販店(yodobashi.com)で注文したのはキヤノンのPIXUS MP490で、なんと7,040円。
しかも、スキャナー機能付きです。
おまけに、送料ゼロ、ポイント10%付きです。
昨年秋の発売で、一年型落ちだからでしょう。
10年くらい前なら、一年違えば性能にかなりの差があったものですが、最近は基本性能にほとんど差はありません。
最近のプリンターは、デジカメと直接接続だとか、パソコンなしで色々出来るとかあるようですが、私にはそんな機能は必要ありません。

注文して丸一日かからずに、品物は送られてきました。
開梱して、ドライバーや付属ソフトウエアをインストールするのに20分程かかりましたが、とにかく荷物が着いて30分もかからずに使用可能状態になりました。

早速プリントとスキャンを試してみました。
プリントについては、期待以上に美しい印刷状態でした。
以前使用プリンターは6色インクだったのですが、今回は4色インクです。
多少印刷のできが悪くても仕方ないと覚悟をしていたのですが、予想以上に美しい仕上がりです。
かなり廉価なモデルなので、ハイエンドモデルとは比較しても仕方がないのですが、普通に写真を見るのなら、十分なレベルです。
これなら、安心して使用できます。

スキャナーについては、解像度1200dpiと前モデルと同じで、ハイクラスのモデルよりはかなり低いのですが、スキャンした画像をそんなに大きなサイズで印刷するわけでもないのでこれで十分です。
スキャン画像をパソコンで見たり、ワープロでプリントする程度の使用法ですから。
驚いたのは、スキャン速度がとっても速いのです。
前モデルから、9年の歳月が経っただけのことはあります。
実際に、ストップウオッチで計ったわけではないのですが、3倍くらい速くなった感じです。
家で使い、誰かに気を使わなければならないわけでもないので、別にかまわないのですが、スキャナーの動作音が少々大きい気がします。

最近のハイエンドモデルは、無線LANで使えるとか、デジカメと直接接続して処理できるとか、パソコンなしで高度な印刷が出来るとかの機能がたっぷりついているようです。
しかし、印刷・スキャンという本来のプリンター・スキャナーの機能だけでよい、余計な機能は必要ないというユーザーには、このような廉価なモデルはありがたいと思います。
基本機能は、もう十分に満足できる域に達しているのですから。

他の方々のインプレッションを読んでみると、インク代が高いという意見が多いような気がします。
このプリンターは、インクカートリッジが二つに分かれているだけです。
一つが黒、他の一つが3色のカートリッジです。
従って、独立したカートリッジと違って、3色のうち一色でも空になれば、取り替える必要があります(最近では珍しい形式です)。
そのために、4色インク(最近のハイエンドモデルは6色とか8色です)にもかかわらず、高いと感じるのかもしれません。
早速、詰め替えインクを用意しておかなければなりません。
今回のキヤノンPIXUS MP490は、サンワサプライが詰め替えインクを販売しているようです。
サンワサプライのサイトで見てみると、詰め替えインクを使用すると、インクの残量検知機能が無効になるようです。
ちょっと残念なのですが、インクが無くなっていないか、注意して印刷するしかないようです。
経費節約のためなら、仕方がないでしょう。

とにかく、まず明日から年賀状の印刷にかかることにします。

|

« インクジェットプリンターの詰め替えインク | トップページ | PIXUS MP490を使ってみて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/50380465

この記事へのトラックバック一覧です: プリンター & スキャナーを交換:

« インクジェットプリンターの詰め替えインク | トップページ | PIXUS MP490を使ってみて »