« PIXUS MP490を使ってみて | トップページ | アナログ停波まで半年 »

2011/01/19

一太郎2011 創

Just MyShop(ジャストシステム)

日本語ワープロソフト「一太郎」のバージョンアップ案内が届きました。
私は、1990年代は毎年のようにバージョンアップをしていたのですが、今世紀に入ってからは2年に一度しかしていません。
ほぼ毎年バージョンアップの案内は来るのですが、私の使用法では2年に一度で十分です。
今年は、私にとってのバージョンアップ年です。
「一太郎」の後ろに「創」がつき、ユーザーインターフェースから変わるようです。
何か新しい一太郎に出会えるようで、非常に楽しみです。
今回は、ラインナップが3つになるようで、どの一太郎にすべきかまだちょっと迷っています。

話はちょっと変わりますが、ワープロソフトと言えば多くの人が「ワード」だと言うのはよく分かっています。
そして、日本語ワープロソフトなら、一太郎の方が遥かに使い勝手が良いと分かっておられる方が多くおられることも分かっています。
ワードを使わざるをえない事情がある人が多いのもよく分かっています。
業務上、MS Officeを使わざるをえない人に、無理に一太郎を使えとは言いません。
しかし、そんな事情など全くないのに、ワードを使っている方が多いのもよく知っています。
そのような方は、多分パソコンを買ったらワードが入っていたからとか、パソコンを習いに行ったらワードを教えられたからとかでワードを使っておられるのでしょう。
そのような、ワードに対して何のしがらみもない方には、一太郎を使えるなら使って欲しいと思うのです。
今までずっとワードを使ってこられた方の中には、一太郎なんて名前を聞いたこともない方も多いと思います。
一太郎は、日本で、日本語を扱うために作られたワープロソフトです。
元々英語を扱うために作られたワードとは違うのです。

2月10日には「一太郎2011 創」が発売されます。
それまでに、購入するラインナップを決めて、予約することにします。
そして、「一太郎について」をここでも書いて行くことにします。

|

« PIXUS MP490を使ってみて | トップページ | アナログ停波まで半年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/50629879

この記事へのトラックバック一覧です: 一太郎2011 創:

« PIXUS MP490を使ってみて | トップページ | アナログ停波まで半年 »