« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011/01/28

デジタルデータの保存・管理

部屋を掃除していると、1枚のフロッピーディスク(FD)が出てきました。
貼ってあるラベルを見ると、10年ほど前のパソコンデータです。
数年前に、過去のFDに保存してあるデータはCDRやDVDに移して、FDを廃棄したので、その時に処理を忘れた1枚が出てきたのだと思います。
サブマシンとして使っているパソコンにはまだフロッピーディスクドライブ(FDD)が付いているので、データを見てみようとFDを挿入してみましたが中身を見ることが出来ません。
どうやら、FDがお亡くなりになっているようです。
FDは10年くらいで寿命が来るのかと驚かれるかもしれませんが、早いものは数年で読めなくなってしまったこともあります。
そんなに悪条件の中で保存していたわけでもないのですが、結構早く寿命が来る場合もあります。
今回出てきたFDはそんなに重要なデータでもないので、諦めることにしますが、もし重要なものだったら大変です。

デジタルデータは、劣化せず半永久的に保存できるなどとよく言われます。
古い芸術作品や文書など様々なデータをデジタル化して保存することも行われています。
紙などより、保存性がよいということでしょう。
確かに間違ってはいないと思います。
しかし、絶対ではないのです。
特に、個人的な文書などを保存する場合は十分な注意が必要です。
最初に書いたFDの例もあります。
FDがたとえ生きていても、FDDが付いていないパソコンが増えており、何れはFDDなど何処をさがしても見つからず、処理のしようがない時が来るでしょう。

例えば、紙ならたとえ黄ばんできたり、一部破れかかっても、とにかく破って捨てない限り存在します。
そして、人間の目で見ることが出来ます。
細かい部分は、ルーペを使ってでも見ることが出来ます。
しかし、デジタルデータにした場合はどうでしょう。
大切な絵を、スキャナで撮ってJPGで保存したとしましょう。
後になって絵を見るためには、JPGを読めるソフトウエアが必要です。
JPGが永久的にサポートされているという保証はありません。
JPGを読めるソフトウエアが永久にあるという保証はありません。
保存を、CDRに記憶させておくとしましょう。
CDRも永久的にサポートされているとは限りません。
数年で読めなくなってしまった経験もあります(CDRの品質が悪かったのかもしれません)。
何時までも保存できる保証はありません。
永久的に保存するためには、これらのサポートが無くなる前に、新しいフォーマットに変換して保存し直す必要があります。
また、何らかの事故で読めなくなる前に、バックアップも必要です。
国家的に重要な文書や、そこまで言わなくても一般的に重要なものなら、永久的に保存し直す作業がどこかでなされるでしょう。
しかし、個人的なデータはそんな保証はありません。
紙等なら、そんな努力はしなくても、放って置いても、とにかく存在する可能性はあります。
デジタルデータは忘れられると、かえって2度と見られないこともあり得ると思うのです。
場合によっては、保存メディアにパスワードをかけておいて、パスワードをかけた人間が死んでしまって、2度と日の目を見なくなるなんて言うこともあるかもしれません。

デジタルデータは、紙などの以前のデータ保存方法以上に注意して扱わないと、ひどい目に遭うことがあると自分に言い聞かせたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/24

アナログ停波まで半年

今日は、アナログテレビの停波まであと半年の日だそうです。
本当にこのまま半年経てば、問題なく地デジ化になるのでしょうか?
世間では、地デジ普及率が90%を超えたとかで、何か安心ムードが漂っています。
本当に安心して良いのでしょうか?

まず、地デジ普及率とは、とにかく地デジを見られるテレビがありますという家の割合ですよね。
2台目、3台目のテレビは無視されているわけです。
2台目以降はまだアナログという家は沢山あります。
我が家もそうです。
ホテルや旅館、会社といった家庭以外のテレビはこの数字には入っていません。
地デジ化を急ごうにも、ビル陰対策などがなかなか進まない地域もあります。
車載テレビでは普及率は44%という数字が出たそうです。

アナログ停波は7月というものの、アナログテレビは4月以降アナログ停波の案内とか周知とかで、まともに見られないような画面になるというような噂も聞きます。
確かに周知は必要かもしれませんが、そのために停波の遙か以前から、まともに番組を見られないような状態にして良いのでしょうか?
7月に停波なら、それまでに地デジ化すればいいのであって、それ以前にまともに見られない状態にすることはおかしいと思うのです。
その時に、重大な放送があって見逃したりしたらどうなるのでしょうか。

エコポイントのおかげで、地デジ普及率が上がったのは確かでしょう。
しかし、本当にエコになったのでしょうか?
今まで18型くらいで見ていたのが、30型とか40型とかに買い換えた人を沢山知っています。
家電業界がこぞってこのような売り方をしていました。
こんな状態では、なかに電力消費量はかえって増えた家庭もあるかもしれません。
また、まだまだ使えるテレビを強引に買い換えさせているケースもあるわけで、いくら廃棄テレビはリサイクルされると言っても、本当にエコになっているのかよく分かりません。
余計なエネルギーを使っているケースもあるのではないかと思うのです。

テレビ地デジ化ほど、反対とか延期とかの声を聞かない変革はないのかもしれません。
とにかく、メディアとしてのテレビ業界、家電業界、電波の再割り当てを受ける携帯等の業界、総務省等がみんな地デジ化を急いでおり、メディアなどから延期や反対の声が上がるわけがないのです。
一般消費者のほとんどが全く知らないうちに期日まで決められて、強引に地デジ化が進められたのです。
地デジ化のメリットも必要性もよく分かります。
中止しろと言うのではありません。
もう少し現実を見て、ゆっくり進めないのでしょうか?
今からでも遅くありません。
何とかあと2~3年延期できないものでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/19

一太郎2011 創

Just MyShop(ジャストシステム)

日本語ワープロソフト「一太郎」のバージョンアップ案内が届きました。
私は、1990年代は毎年のようにバージョンアップをしていたのですが、今世紀に入ってからは2年に一度しかしていません。
ほぼ毎年バージョンアップの案内は来るのですが、私の使用法では2年に一度で十分です。
今年は、私にとってのバージョンアップ年です。
「一太郎」の後ろに「創」がつき、ユーザーインターフェースから変わるようです。
何か新しい一太郎に出会えるようで、非常に楽しみです。
今回は、ラインナップが3つになるようで、どの一太郎にすべきかまだちょっと迷っています。

話はちょっと変わりますが、ワープロソフトと言えば多くの人が「ワード」だと言うのはよく分かっています。
そして、日本語ワープロソフトなら、一太郎の方が遥かに使い勝手が良いと分かっておられる方が多くおられることも分かっています。
ワードを使わざるをえない事情がある人が多いのもよく分かっています。
業務上、MS Officeを使わざるをえない人に、無理に一太郎を使えとは言いません。
しかし、そんな事情など全くないのに、ワードを使っている方が多いのもよく知っています。
そのような方は、多分パソコンを買ったらワードが入っていたからとか、パソコンを習いに行ったらワードを教えられたからとかでワードを使っておられるのでしょう。
そのような、ワードに対して何のしがらみもない方には、一太郎を使えるなら使って欲しいと思うのです。
今までずっとワードを使ってこられた方の中には、一太郎なんて名前を聞いたこともない方も多いと思います。
一太郎は、日本で、日本語を扱うために作られたワープロソフトです。
元々英語を扱うために作られたワードとは違うのです。

2月10日には「一太郎2011 創」が発売されます。
それまでに、購入するラインナップを決めて、予約することにします。
そして、「一太郎について」をここでも書いて行くことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »