« 一太郎 2011 創 使ってみて その1 | トップページ | Windows 7パソコンへ その1 »

2011/02/20

一太郎 2011 創 使ってみて その2

Just MyShop(ジャストシステム)

一太郎 2011 創を使い出して10日になるのですが、今回のバージョンアップはかなり気に入っています。
今回は「ツールパレット」についてです。

ツールパレット

一太郎 2011 創を初期設定のまま起動(オリジナルタイプで起動)すると、画面右側に「ツールパレット」が表示されます。
一太郎 2011のヘルプによると、「ツールパレットは、文書を作成・編集中に必要な操作がすぐに使えるようにまとめたパレットを表示する機能です」となっています。
作業フェーズや行う編集に合わせて、その時に役立つ機能がパレットに表示されます。

実は、昨年末に「一太郎 2011 創」の案内を見て、「やめて」と言いそうになっていました。
真っ先に、ワード等のマイクロソフトオフィスに4年くらい前から搭載された「リボン」を連想したからです。
私は普段一太郎を使っていますが、パソコンサポートを行っているので、ワードも使います。
ワード 2007が出た時、トライアル版をダウンロードして使ってみました。
今までのワード2003にあった「メニューバー」と「ツールバー」が無くなり、「リボン」に変わってしまったのです。
「行いたい操作に必要なコマンドが表示される」はずが、なかなかコマンドが見つからず困ったものでした。
挙げ句の果てに、以前の「メニューバー」と「ツーバー」で操作出来るアドオンソフトがサードパーティーから出される始末でした。
一太郎もワードと同じになってしまうのかと心配したのでした。

しかし、心配する必要はありませんでした。
以前はメニューバーやツールバーを使って操作していたコマンドが、時々の操作に合わせて「ツールパレット」に表示されます。
ツールパレットはワードと違ってシンプルですっきりしており、私は迷うことはありませんでした。
ワードと違ってメニューバーが有り、多くの操作はメニューバーを使っても操作ができますから安心です。
ワードのように、表示されたリボンに行いたい操作のコマンドが見つからず、あちこちのタブを探すと言った事はありません。
さらに、操作途中で「クラシックタイプのメニューを使う」というコマンドを使用することが出来、いざとなったら一太郎 2010までのクラシックタイプのメニューを使うように変更することが出来ます。
それでもやはり使い難いと感じたなら、最初から「クラシックタイプ」にしておくことも出来ます。

一太郎2010までのレアルビュー

ツールパレットになって特に便利になったと感じるのが、「リアルタイムプレビュー」を利用する時です。
一太郎 2009から、いくつかのコマンドで「リアルプレビュー」を利用出来るようになりました。
文字色などをリアルタイムで確認しながら変更出来るもので、非常に便利な機能です。
しかし、「ツールボックス」や「ポップアップコマンド」から利用するので、右上図のように文書の変更する箇所に「カラーサンプル」などがポップアップされ、見にくい時もありました。
結局、変更を完了させないと変更結果を見られない場合があるわけです。
これでは「リアルプレビュー」の意味がありません。

一太郎2011のツールパレット

「ツールパレット」では、左図のように、画面右側にパレットが表示されているので、文書に被って表示されることがありません(フォントとフォントサイズを除いて)。
これは、文書の一部の「文字色」や「アンダーライン」等を変更する時にはとても助かります。


|

« 一太郎 2011 創 使ってみて その1 | トップページ | Windows 7パソコンへ その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/50923277

この記事へのトラックバック一覧です: 一太郎 2011 創 使ってみて その2:

« 一太郎 2011 創 使ってみて その1 | トップページ | Windows 7パソコンへ その1 »