« 一太郎 2011 創 使ってみて その2 | トップページ | Windows 7パソコンへ その2 »

2011/05/28

Windows 7パソコンへ その1

仕事に、遊びに、メインに使っていたパソコンが駄目になってしまいました。
家にいるときは殆ど起動させっぱなしになっていたほど、酷使していたパソコンです。あまりにも短い寿命に驚いています。

4年足らず前、2007年に買ったものでした。OSはWindows Vista Ultimate 32bit、CPU AMD Athlon64 X2 4200+、メモリ 2GB。初めてのスリムタワーでした。そう言えば、CPUにAMDを選んだのも初めてでした。パソコンショップで買ったショップブランドです。
3日ほど前に怪しげな兆候は出ていました。一度プルースクリーンが出たのです。その時は、問題なく再起動できました。しかし、どうも怪しいので、バックアップの回数を増やしていました。通常は、1日に一度だったのですが、1日3度くらいに増やしていたのです。
おかげで、パソコンが駄目になっても、殆どデータファイルの消失はないと思っています。ちなみに、私は外付けハードディスクにバックアップをしています。

ブルースクリーンが出て2日後、パソコンは逝ってしまいました。
「再起動」させても、「システムの復元」を行っても、「修復インストール」を行っても、生き返ってくれません。みんなブルースクリーンで止まってしまいます。
最後に、パーテーションを切り直して、新規インストールを行ったのですが、それでもブルースクリーンで止まってしまいます。
ハードディスクに大きなトラブルが起きたか、メモリーに問題が起きたか、多分そんなところだと思うのですが、毎日使っているメインパソコンであり、現在、手元には殆ど部品がないので、パソコンショップまで出かけて部品を調達して、テストを繰り返す時間がありません。結局新品を一台購入することにしました。

4年足らずで買い換えは、早すぎるとは思うのですが、どうもWindows Vistaは好きになれなかったし、Windows 7に興味もあったし、買い換えは仕方がないと思っています。
私は、動画などのハイスペックを要求する作業は行わないので、ごく普通のスペックで十分です。4年足らず前に購入したときは、Windows Vista Ultimateをプリインストールされていて10万円足らずしたものでした。
ところが今回、Windows 7 Professional 64bit AMD Athlon Ⅱ X2 220(デュアルコア/2.8GHz/L2キャッシュ512KB×2)、メモリ4GBと少々スペックを上げたのですが、5万円足らず。パソコンも安くなったものです。

最近の使用状況では、Windows 7 Home Premiumでも十分なのですが、Professional(4,000円高い)を購入することにしました。大きな理由はサポート期限の違いです。メインストリームサポートは全て2015年1月13日までなのですが、"professional" と "Enterprise"は延長サポートが2020年1月14日まであるからです。
今回も、パソコンショップのショップブランドです。ネットでオーダーして、3日で届きました。

次回は使い心地などを書いてゆきましょう。

|

« 一太郎 2011 創 使ってみて その2 | トップページ | Windows 7パソコンへ その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/51790766

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7パソコンへ その1:

« 一太郎 2011 創 使ってみて その2 | トップページ | Windows 7パソコンへ その2 »