« Windows 7 で遊ぶ=付箋 | トップページ | 我が家の地デジ化完了 »

2011/07/13

Windows 7 で遊ぶ=Snipping Tool

前回の"Windows 7" で遊ぶでは「付箋」を紹介しました。今回は「Snipping Tool」です。
「Snipping Tool」はパソコンの画面をキャプチャーし、画像ファイルとして保存するツールです。このブログでも、パソコン画面の画像をよく使っています。この右下の画像もパソコン画面です。このような画像を作るのに「Snipping Tool」を使うのです。

Windows 95時代から、画面キャプチャーは可能でした。一つは[Print Screen]キーを押す方法、もう一つは[Alt]+[Print Screen]キーを押す方法です。
[Print Screen]キーを押せば、画面全体の画像がクリップボードにコピーされます。[Alt]+[Print Screen]キーでは、その時アクティブなウインドウの画像がクリップボードにコピーされます。クリップボードに画像がコピーされれば、後は画像ソフトにクリップボードの画像を貼り付け、自在に加工して使用することが出来ます。
この方法では、「画面全体」や「アクティブなウインドウ全体」の画像なら良いのですが、その一部を利用したい時に、画像ソフト等でトリミング等を行う必要があり、その操作が面倒だったのです。

「Snipping Tool」を利用すれば、画面上の「希望する部分」のみを切り取って、画像ファイルにすることが出来ます。キャプチャー後の面倒な加工の必要が無いのです。
これは、ホームページを作ったり、ソフトの使用説明書を制作する時に、非情に便利なツールです。
それでは、簡単に「Snipping Tool」を紹介しましょう。

Snipping Toolの起動

[スタート]-[アクセサリ]-[Snipping Tool]をクリックすると[Snipping Tool]が起動します。起動と同時に、画面が白い半透明の膜に覆われたようになります。
画面キャプチャーの方法は、次のような4つのオプションがあり「新規作成」ボタン右の矢印で選択します。

  1. 四角形の領域切り取り
  2. 自由形式の領域切り取り
  3. ウインドウの領域切り取り
  4. 全画面領域切り取り
  1. 初期設定は「四角形の領域切り取り」で、カーソル(形は十字)で、キャプチャーしたい部分を囲みます。
  2. 「自由形式の領域切り取り」は、カーソルが「はさみ」の形になり、自由な形にキャプチャーすることが出来ます。
  3. 「ウインドウの領域切り取り」は、カーソルが「手」の形になり、カーソルで希望のウインドウをクリックすると、そのウインドウがキャプチャーされます。
  4. 「全画面領域切り取り」では、このオプションを選択すると同時に、「全画面」画像がキャプチャーされます。

それぞれのオプションで、キャプチャーを実行すると、「マークアップ ウィンドウ」という新しいウインドウが作成され、そこに画像が表示されると共に、クリップボードにも画像がコピーされます。
「マークアップ ウィンドウ」では、ツールなどを利用して、メモの文字を入れるなどの操作を行え、「JPG」「GIF」「PNG」「HTML」のファイルで保存することが出来ます。
また、クリップボードにコピーされたものを画像ソフト等にペーストして、加工することも出来ます。

メニューをキャプチャー

最後に、「メニュー」のキャプチャーについて書いておくことにします。
Windows 標準の[Print Screen]キー等を利用する画面キャプチャーで、右図のようなメニューバーをクリックして表れる「メニュー」やマウスの右クリックで表示される「コンテキストメニュー」をキャプチャーする場合、[Print Screen]キーを使って画面全体をキャプチャーした後、「メニュー」部分を切り抜く方法しかありませんでした。
「Snipping Tool」を使えば次のように簡単にキャプチャーすることが出来ます。

  • Snipping Toolを起動します。この時キャプチャーのオプションは初期設定の「四角形の領域切り取り」にしておきます。
  • Snipping Toolの「キャンセル」ボタンをクリックします。
  • メニューバーをクリックするなどして、キャプチャーしたいメニューを表示します。
  • キーボードで[Ctrl]+[Print Screen]キーを押します。
  • 「Snipping Tool」が表示され、マウスカーソルが「+(プラス)」になり、「Snipping Tool」で画面をキャプチャーする状態になりますので、通常どおりマウスで「メニュー」を囲って、キャプチャーします。

以上で、「メニュー」だけのキャプチャーが出来ます。

キャプチャーオプションの(3)、(4)は、以前からの[Print Screen]キーなどを利用しても可能なのですが、思い通りの形に画像をキャプチャー出来る(1)、(2)のオプションは、非情に便利で作業がはかどります。

|

« Windows 7 で遊ぶ=付箋 | トップページ | 我が家の地デジ化完了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/52188587

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7 で遊ぶ=Snipping Tool:

« Windows 7 で遊ぶ=付箋 | トップページ | 我が家の地デジ化完了 »