« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012/01/29

スマートフォンの普及

今月25日におこった、252万人に影響が出たNTTドコモの大規模通信障害の原因は、スマートフォンの普及に対するNTTドコモの見通しの甘さだったようです。
たしかにスマートフォン(以後スマホ)の普及速度は目を見張る速さです。ビジネスにおいて、スマートフォンの導入により非常に効率が上がる場面が多いのは事実です。ネットを見ても、様々な導入例が紹介されています。私は、すでに会社を退職しているのですが、もし在職していたら、当時行っていた仕事がもっとはかどったのではないかと思うことも多くあります。
しかし、全てが良いことばかりではないと思います。ちょっと気になることもあります。
今回は、その気になることについて書いてみます。

良くネットなどで紹介されているスマホ導入のメリットとして、「営業マンが会社に戻らなくても、資料やメールのチェックが出来る」と言うような意味のことが書かれています。移動中や帰宅途中が無駄なく使えるというわけです。確かに事実かも知れません。道を歩きながらでも、駅のホームを移動中でも、スマホと格闘中のサラリーマンらしき方をよく見かけます。先日、テレビでも放映していましたが、この格闘はとっても危険です。私自身は、スマホは使っていませんが、携帯でも歩きながらの使用は絶対にしないようにしています。駅のホームなどでスマホと向き合いながら歩いてくる人を見かけると、怖くてたまりません。いつぶつかってこられるか、どちらへ向きを変えるかわかりません。うっかりぶつかられて、線路にでも落とされたらたまりません。いくら業務効率を上げることが出来ても、見知らぬ人に怪我をさせては何もなりません。スマホと格闘しなければならない急ぎの仕事があるなら、せめて立ち止まってから行って下さい。歩く時は、前後左右の安全を確認することが第一です。仕事はその次です。

もう一つ気になることを書いておきます。
これも、会社へ戻らなくても、いろいろな仕事が出来るようになったことに関してです。スマホによって、仕事から仕事の移動中に、無駄なく他の仕事が出来るようになったことは、歩きながらとかいった危険な方法でない限り、効率的になったと言えます。しかし、出勤途中とか、帰宅途中とか、さらには帰宅後までとなると、ちょっと問題ではないかと思うのです。これらの時間は、一般のサラリーマンにとっては(特別な勤務体系の人を除いて)勤務時間外です。この時間に会社の仕事を行うなら、時間外勤務手当が支払われなければなりません。勿論、正当に時間外勤務手当を支給されているなら何も言うことはありません。しかし、支給されていない人も随分おられるのではないかと思うのです。タイムレコーダーを押して、退社した後に、会社のメールをチェックしても、翌日になって前日の超過勤務命令を受けるのは難しいでしょう。このような事情で、無償の超過勤務が発生する可能性が増えるのではないかと心配しています。
パソコンが普及し始めた頃にも、このような危険性はありましたが、スマホほどではなかったと思います。私が在職時代、会社でも家でもパソコンは使っていましたが、家のパソコンは会社のネットワークには決して繋ぎませんでした。仕事を家に持って帰る必要のある時は、時間外勤務として処理してもらっていました。しかし、不景気な今の時代、スマホではこのような処理が難しいのではないかと思うのです。
会社も、組合も、このようなケースに十分注意していただきたいと思います。

スマホには、もっともっとメリットもデメリットもあると思うのですが、今日は気になるデメリットを2点でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/16

一太郎2012 承へ

一太郎2012 承 バージョンアップ

ちょっと古い話ですが、一昨日「一太郎2012 承」バージョンアップのお知らせが届きました。毎年だいたい今頃に届くのですが、今回の案内は例年とちょっと違います。今回の案内は右開きになっています。つまり、縦書きになっているのです。
パソコンソフト等の案内書は、たいてい横書きで、左開きになっています。一太郎の案内も今までずっと横書きで、左開きになっていました。十数年ほぼ毎年受け取っていますが、縦書きは初めてだと思います。いかにも、日本語ワープロ「一太郎」の案内らしくて、とても良い感じです。少々感動しています。
最近は、毎年毎年のバージョンアップに付き合ってはいません。自分では、2~3年ごとにバージョンアップすることにしています。今年はバージョンアップしないことにしていたのですが、「EPUB 3.0」に対応するようなので、ちょっと興味があります。昨年に引き続きバージョンアップしようかと考えています。べつに小説を書こうとか、電子書籍を出版しようとか大それた事を考えているわけではないのですが、最近電子書籍に興味を持ちだし、買って読み始めたりしているので、一太郎のEPUB対応を触ってみたい気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/11

うるう秒が廃止に?

1月11日付の朝日新聞によると、"うるう秒"が廃止される可能性があるらしいのです。現在、時刻は原子時計により定義されているのですが、これが地球の自転と合わなくなった時に"うるう秒"を入れることにより調整されるのです。1972年から始まり、26回実施されています。潮の干満や氷河の状況等々様々な影響により、地球の自転速度は不定期に変わります。そのため、必要に応じて実施されるので、"うるう年"のように定期的に行われるものではないのです。
ところが、この"うるう秒"がコンピュータの障害になるから、廃止しろとの意見があるそうです。1秒遅らせる場合、日本では8時59分59秒の次に8時59分60秒を入れるわけです。その1秒後が9時0分0秒です。だから、コンピュータに障害が出る可能性は十分にあります。例えば、8時59分60秒というタイムスタンプのファイルが出来てしまえば、エラーで処理されるかもしれません。
国連の専門機関である国際電気通信連合(ITU)の1月16日~20日の総会で廃止案の採決が行われるそうです。どうやら、廃止に賛成派が多数らしく、廃止される可能性がありそうです。
もし廃止して、そのまま放置しておくと、数年で何かが起こるというわけではありませんが、600~700年後には誤差が30分~1時間程度になり、遠い将来真夜中に太陽がさんさんと輝くことになるかもしれません。
もともと、1日というのは地球の自転により出来た概念であり、後になってより正確な定義のために原子時計が使われたものです。コンピュータの障害などの問題も、その後に出てきたわけです。後から出てきた機械(それもコンピュータだけ)のために、昔からある1日を基準とした時刻の概念が変えられてしまうということにはどうも違和感を覚えます。
私は逆に、障害が出ないコンピュータを作るのが人類の知恵ではないかと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

キーボードの交換

パソコンのキーボードを交換しました。別に今まで使っていたキーボードが壊れたわけではありません。元気に動いていました。でも、交換したのです。

コンパクトキーボードの選択

実は、マウスパッドが壊れたのです。
私のキーボード台の幅は約78cm。キーボードの左にマウスパッドを置いて、右に書類などを置いてパソコンの操作をすると、とても幅が狭いのです。キーボードは109キーのスタンダードサイズを使っていました。

以前のマウスパッド

そこで、少しでもキーボード台を広く使うために、右の写真のような、キーボード台を挟んで取り付けるタイプのマウスパッドを使っていたのです。そのマウスパッドが壊れてしまったのです。
同タイプのマウスパッドはなかなか見つかりません。普通のマウスパッドを置くと、台がとても狭くなります。そこで、幅の狭いコンパクトキーボードに変えることにしたのです。選んだのはエレコムの101キー、"TK-UP01MALG"です。
選択基準は
・キーピッチが19.0ミリであること
・テンキーがまともに使えること
・キーのスイッチ方式が"メンブレン方式"であること
・インターフェイスに"PS/2"が使えること
ざっとこのような条件です。

新しいキーボード

つい数年前まではごく当たり前の条件だったのですが、最近は意外とこれに合うキーボードがなかなか見つからないものです。最近はほとんどのキーボードのインターフェイスがUSBやワイヤレスになっており、PS/2対応のキーボードがなかなか見つかりません。PS/2対応が必要なわけは、PS/2対応の2台のパソコンのモニター・キーボード・マウスの切り替え機を使用しているためです。
キーピッチも19ミリでないと困ります。検証・テスト用のノートパソコンは17ミリのピッチですが、非常に使いにくいと感じています。
キースイッチがパンタグラフのキーボードはどうも好きになれません。やはり使い慣れたメンブレン方式でないと困ります。
なんとかこれらの条件にあるキーボードを見つけたのが、エレコムの"TK-UP01MA"(右上の写真)シリーズでした。

コンパクトキーボードを使ってみて

スタンダードサイズのキーボードと比べれば、間違いなく使いにくいです。
デスクトップパソコンより、ノートパソコンのユーザーが多い昨今、多くの方がコンパクトキーボードと同じようなキー配列を使っておられるわけで、「今更何を言っているんだ」と言われそうですが、私はまともにコンパクトキーボードを使ったことがなかったのです。
ミニノートも持っていますが、検証・テスト用に使っているだけです。パソコンサポートにお伺いした先ではノートも使いますが、設定などでキーを打つ程度ですから、まともに使っているとは言えません。

スタンダードサイズのキーボードは、キー数が同じなら配列は皆同じなので、初めてのキーボードでブラインドタッチで打鍵してもほとんど問題はありません。しかし、コンパクトキーボードではそうはいきません。キーボードによって、キー配列が異なりますから。カーソルキーやファンクションキーの配置・役割がキーボードによって異なります。これを覚えるのが大変です。
今回買った"TK-UP01MALG"では、よく使う「Del」キーがファンクションキーの右端にあります。ついつい指が変なところへ言ってしまい、キーボードに目を移して、探すことになります。
「Fn」キーと組み合わせて行うキー操作もなかなか覚えられません。よく使うのが、カーソルを文書のトップや最後に動かす操作です。スタンダードサイズのキーボードなら、"Ctrl" + "Home"(又はEnd)で済むものが、"Fn" + "Ctrl" + "←"(又は→)になります。この操作に慣れるまで、頭の中がおかしくなりそうです。
省スペース化のために色々工夫して、キー配列を考えていただいているのですから、多少の不便はやむを得ないと理解はしているのですが、慣れるまではかなり苦労を覚悟しなければならないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/04

年賀状の整理

ぼつぼつ年賀状の整理をしなければなりません。

昨年末に、"片づけコンサルタント"とかの女性がテレビに出ていて「年賀状の役割は挨拶なので内容を見て捨てると」とか言っていました。聴いていて、呆れました。中には義理で送られてくる年賀状もありますが、多くの方は一生懸命文章やデザインを考え、それぞれの相手に一言を添え、送ってこられるのです。それを、「ちらっと見て、挨拶状が来たと分かったから、あとはごみ箱へ」だって? この女性何を考えているんだと、怒りさえ感じたものです。

私は、そんなことはしません。と言っても、確かに何年も保管していると、結構かさばるものです。それに、次第に色あせてくるのです。
そこで、昨年からパソコンで保存することにしました。
どのような形式で保存するか、色々考えました。年賀状ソフトなどに、保管用のソフトが付いているものもあり、オンラインソフトもあるようです。しかし、そのようなソフト固有のファイル形式では、何年も先までそのソフトが存在するという保証がありません。ファイルを保存しておいても、開くソフトが無くなっているということもあり得るのです。
その点、PDFファイルなら、すでに何年も使用されており、多くのユーザーが使用しているので、まず私が生きている間くらいは間違いなく見ることが出来るだろうと思い、PDFファイルで保存することにしました。
PDFは"アドビシステムズ"が開発したものですが、国際標準化機構によってISO 32000-1として標準化されており、作成の"Adobe Acrobat"、ファイル再生の"Adobe Reader"をはじめ、多くの作成ソフト、再生ソフトが公開されており、安心して保存しておくことが出来ます。

年賀状を配置

私は、A4サイズの1ページに1名分の表・裏を配置して、保存することにしています(右図のように)。毎年50~70枚程度なので、20~30メガバイトくらいのファイルサイズになります。CDR一枚あれば20年分くらいは保存できます。

作成については、ワープロソフトで「A4横」に設定して、1ページごとに葉書の表・裏をスキャンして貼り付け、PDFファイルとして書き出すだけです。「あいうえお」順などわかりやすい方法で並べて置くと便利です。また、背景など色々考えるのも楽しいものです。
PDFファイル作成には作成ソフトが必要です。私は、"JUST PDF2"というソフトを持っており、それを使っています。
葉書をスキャンした画像から直接PDFにすることも可能ですが、縦書きの葉書や横書きの葉書があり、サイズが異なる(ほんのわずかの違いですが)葉書もありますので、ワープロソフトなどを利用して、そこへ貼り付けてからPDF化した方がきれいに作成できます。

もし、やってみようと思われる方で、PDF作成ソフトが無い場合、フリーウエアのソフトもあります。"Cube PDF"はフリーウエアでも非常に高機能で、扱いやすくお勧めです。
ファイルを開く時は、たいていのパソコンには"Adobe Reader"が入っているので、何時でも見ることが出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »