« メールのタイトル | トップページ | スマート家電のセキュリティー »

2012/06/26

Webサイトの写真

ホームページやブログなど、色々なWebサイトに自分で撮った写真を公開しておられる方は多いと思います。
私も、ブログなどに写真を載せています。最近ちょっと気になることがあって、様々な方のブログの写真を片っ端から調べてみました。その結果には、ちょっと驚きました。一々統計を取ったわけではありませんから、大体の感覚なのですが、調べた写真の2~3割で、撮影状況が詳しく分かるのです。撮影したカメラ、撮影日時等々みんな分かってしまうのです。

実は、デジタルカメラでは、画像データ以外に「EXIF(Exchangeable image file format)」という撮影データも同時に保存されます。通常のデジタルカメラだけでなく、カメラ機能を持った携帯電話やスマートフォンを使った撮影でも同様に保存されます。デジタルカメラで撮影すると、通常「JPEG」等のファイルとして画像は保存されるのですが、「EXIF」もこの「JPEG」ファイルに含まれているのです。通常の画像ビューア等で「JPEG」ファイルを見ると、画像が見えるだけですが、「EXIF」を見ることが出来るソフトウエアで見れば、「EXIF」の内容を確認することが出来ます。

「EXIF」は、カメラメーカー、モデル名、画像の解像度、画像サイズ、撮影日時、シャッター速度、絞り値、ISO値等々の撮影データが詳しく記されているのです。
一昔前までは、Webサイトに写真をアップロードするには、デジタルカメラ等で撮った写真をパソコンに取り込み、レタッチソフト等でサイズ変更やレタッチを施して、目的のサイトにアップロードしていました。
通常、デジタルカメラで撮影した画像は、Webで公開するには、サイズが大きすぎます。そのため、最低でもWebで公開のために、レタッチソフトなどでサイズの縮小をするのは常識です。サイズ縮小により、ファイルサイズも小さくなり、Webサーバーに占める容量も小さくなり、閲覧時の表示も速くなります。場合によっては、もっとレタッチ処理を行う場合もあります。
Webサイトにアップロードするのは、画像を見てもらうためであり、「EXIF」を見てもらうためではありません。基本的に、Webサイトで公開する写真に、「EXIF」など必要ありません。したがって、通常レタッチソフト等でWebへアップロードするための加工処理をすると、ソフトが「EXIF」の無いファイルを作成するのです。
「EXIF」は、削除機能のあるソフトで削除出来るのです。また、「EXIF」の無い画像ファイルを作ることも出来るのです。
この「EXIF」の無い画像ファイルをアップロードすれば、当然「EXIF」データの無い画像を公開することになるのです。
私は、今なおこのような流れでブログ等に写真をアップロードしています。

ところが、最近は写真機能の付いた携帯電話やスマートフォンで撮影して、直接ブログなどにアップロードする人が増えてきたようです。携帯電話やスマートフォンは通信機能があり、パソコンを使わなくても直接ブログサイトなどにアクセス出来、外出先からでも、撮してすぐに投稿出来るからでしょう。
こうして、撮影して何も加工していない写真がアップロードされてしまうのです。当然「EXIF」も削除されずにアップロードされてしまいます。
この結果、最初に書いたように、写真からカメラの機種名や、撮影日時等々が分かってしますのです。カメラの機種名や撮影日時くらい分かってもかまわないという人もいるかもしれませんが、なかには非常に困る方もおられるかもしれません。
さらに面倒なのは、最近「GPS」に対応したデジタルカメラやカメラ付き携帯・スマートフォンが増えてきたことです。実は、基本的に「GPS」機能のあるカメラの画像ファイルには、「GPS」データも「EXIF」に記録されるのです。したがって、家で撮した写真を公開して、その「EXIF」に「GPS」データが含まれていれば、公開した方の家の場所を特定することが出来るのです。これは、カメラの機種名や撮影日と違って、公開した人のプライバシーに大きく関わることです。
「GPS」データの入った写真を公開して、公開者の家が特定され、泥棒に入られたという事件も実際にあったようです。

カメラによっては、「GPS」データは「EXIF」に記録しないように設定出来るものもあるようです。しかし、はっきり言ってブログなどWebサイトに公開する写真に「EXIF」データは必要ありません。
私は、「EXIF」データを削除して、アップロードすることをお勧めします。
高価なレタッチソフトを買わなくても、「EXIF」データを削除してくれるフリーソフトも公開されています。
ここに、「EXIF」データの処理のためのフリーソフトを一つご紹介しておきます。
Exif読取り君
ほかにも、「ベクター」などで探すともっとあります。スマートフォン向けの、「EXIF」削除アプリケーションもあるかもしれません。ご自分で探してみて下さい。
注意しなければならないのは、「EXIF」データを削除して、元ファイルを上書きしてしまうソフトもなかにはあるようです。そんな場合、元ファイルを使わずに、コピーを作って削除作業を行うようにして下さい。

最初に、ブログの写真を調べた話を書きました。多分、撮影データが分かる写真を公開されていた方は、「EXIF」の存在など気にしていないか、存在を知らなかった方でしょう。ただ、そのなかに、かなり有名な「女優」さんが一人含まれていました。ここに名前など書くことは出来ませんが、20代の名の知れた女優さんです。女優さんなどは、プライバシーのためにも、必ず「EXIF」データは削除しておくものです。なんと無神経な「女優」さんだと、驚きました。
とにかく、「EXIF」データなど普通は公開しても、良い事は何もありません。
必ず削除した写真を公開しましょう。

|

« メールのタイトル | トップページ | スマート家電のセキュリティー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/55059226

この記事へのトラックバック一覧です: Webサイトの写真:

« メールのタイトル | トップページ | スマート家電のセキュリティー »