« Windows XPサポート終了まで9ヶ月 | トップページ | ビットコイン騒動 »

2013/12/23

横長方向のはがき 印刷方向は?

昨日までに、年賀状の印刷はほぼ終わりました。
ほっとしています。

昨年までにいただいた年賀状の整理を行っています。古い年賀状は、年ごとにまとめて保存していたのですが、年月が経つと、薄汚れたような色に変色してしまいます。そこで、汚くなる前に、スキャナで画像データに変換して、保存することにしました。複合プリンターのスキャナを使って、1枚ずつ両面スキャンしているので、けっこう時間がかかります。
と言っても、別に急ぐ必要もないので、暇な時に少しずつスキャンしています。

そこで、何枚ものはがきを見ていて、気付いたことが一つあります。受け取った年賀状は、大部分が、裏表とも縦長です。しかし、中には、裏面(本文を書く面)が横長にデザインされているものがあります。数多くのはがきを続けて見ると、たまに変だぞと感じる横長のはがきがあるのです。
印刷の方向が、間違っているはがきです。

縦長に使っている場合は、まず印刷方向をまちがえることはありません。
しかし、毎年いただいた横長のはがきの中に、1~2枚は必ず、間違った方向に印刷されてはがきがあります。ネットなどを見てみると、「そんなの気にしなくてもいい」「どっちだっていいじゃないか」と言う人もおられるようですが、何枚もの年賀状をまとめてみてみると、やはり変です。格好いいものじゃありません。

正しくは、裏面の左上のちょうど裏側が、切手・消印部分になるように使用します。言い換えれば、裏面を横長に読めるように置けば、面の左端の裏側が、郵便番号の位置になります。
横長の年賀状を作られる方は、注意された方が良いと思います。

|

« Windows XPサポート終了まで9ヶ月 | トップページ | ビットコイン騒動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/58806381

この記事へのトラックバック一覧です: 横長方向のはがき 印刷方向は?:

« Windows XPサポート終了まで9ヶ月 | トップページ | ビットコイン騒動 »