« 横長方向のはがき 印刷方向は? | トップページ | メールの開封確認 »

2014/02/28

ビットコイン騒動

"ビットコイン"を取引するマウントゴックス社が取引を中止したことにより、混乱が起きています。
ビットコインとは、ネット上の仮想通貨です。
マウントゴックス社が取引を停止したため、同社に預けたビットコインを引き出せなくなり、抗議の声が上がっています。

日本には、ビットコインに関する法律もなければ、監督官庁もありません。仮想通貨と言っても、通貨としての定義もなければ、発行者も管理者もいないのです。ネット上のデータだけで、実体はなく、法的にまともな通貨ではないので、トラブルになっても、誰も(警察や行政官庁も)助けてくれないかもしれません。28日付けのニュースによりますと、麻生太郎財務大臣も、「通貨として誰もが認めているわけではない。所管もよくわからない」「こんなものは長く続かないと思っていた。どこかで破綻すると思っていた」と言っています。今回の、マウントゴックス社の、取引停止問題でも、被害者は泣き寝入りになる可能性が高いでしょう。

私には、ビットコインは、子供銀行のお金のようにしか見えません。いや、子供銀行のお金のほうが、「紙切れ」という実体があるだけ、ましなのかもしれません。驚きなのは、こんな実体のないビットコインを、数十万円、数百万円分もマウントゴックス社に預けている人がいることです。さらに、店主が自分の店で、ビットコインを使えるようにしているなどと言った報道もあります。
私は、IT関係は大好きな方ですが、このビットコインばかりは、信用できません。

一刻も早く、ビットコインに関する法整備が求められます。法整備も、規制だけでなく、ビットコイン禁止の法律が必要だと思っています。
何の法律もない状態では、今後も被害者が増える可能性がありますから。

|

« 横長方向のはがき 印刷方向は? | トップページ | メールの開封確認 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58759/59212584

この記事へのトラックバック一覧です: ビットコイン騒動:

« 横長方向のはがき 印刷方向は? | トップページ | メールの開封確認 »