携帯・デジカメ

2010/04/25

絵文字の使用について

最近メールやインターネット上の書き込みなどで、絵文字をよく見かけます。
携帯各社では、絵文字のサービスには力を入れており、携帯同士のメールには特に若い人を中心に頻繁に使われているようです。
パソコンサイトでも、mixi等のSNSサービスなどで絵文字が充実されており、多くの方が使用しています。
しかし、絵文字の使用は非常に危険な場合があります。

1つの例を示してみましょう。
次の画像は、実際にあるSNSのサイトで、あるユーザーがコミュニティで質問をしているところの一部を画面コピーしたものです(他人の書き込みをコピーしてこのようなところに晒すのは御法度なのですが、この画像では全く誰がいつ書いたものかもわからず、特定の個人情報などにも当たらず、どこにでもある書き込み内容なので、公開させていただくことにします)。

絵文字サンプル

この書き込み人は、この画像の前に質問内容を書いており、その最後にこの画像のように「教えて下さい + 絵文字」で終わっています。
この書き込みは、ちょっと見た目には何も問題ないように見えます。
しかし、本当は大いに問題がある書き込みなのです。

多分、書き込みをした人は、「教えて下さい よろしくお願いします」という様なつもりで画像を選択したのでしょう(つまり絵文字は「よろしくお願いいたします。」の意味)。
しかし、実際には「教えて下さい がく~、落胆」という内容になっているのです。
書き込みとした人の意図と全く異なった意味になっているのです。

なぜ意図と異なった意味になったかを簡単に説明しましょう。
今回例に挙げたケースでは、書き込みから公開までの手順は次のようになっています。
「書き込み画面」で、書き込み人は「画像一覧」から画像を選び書き込みを行います。
つぎに、「入力内容を確認する」ボタンをクリックして、「プレビュー画面」を表示し、書き込み内容を確認します。
そして、問題がなければ「書き込む」というボタンをクリックして、書き込みを完了し、公開されます。

「書き込み画面」の「画像一覧」では、画像が一覧表示されているだけで、画像の説明は一切ありません。
「プレビュー画面」と「公開画面」では、画像にマウスポインタを当てると、「画像の説明」がポップアップ表示されます。
今回の例では、「がく~、落胆」と表示されます。
このポップアップする画像の説明は、Web表示の元になる「XHTMLソースコード」の画像表示の部分に、「<img src="http://xxxxxx.yyy/img/emoji/zzz.gif" alt="がく~、落胆" width="16" height="16" border="0">」のように記されています("http"以下のアドレスは適当に変えています)。
このコードの「alt=」以下の文字が表示される仕組みです。
さらに、付け加えておくと、目の不自由な方は「音声読み上げブラウザ」というブラウザを使っておられ、書き込み文字は普通に読み上げられ、画像は「alt=」以下の文字を読み上げられます(今回の例では「がく~、落胆」と読み上げられます)。
また、画像を表示しないようにして、テキストのみでこのサイトを見ている人もいます。

以上のような手順と仕組みになっているのですが、ここで問題点を考えてみましょう。
書き込む人は、画像一覧のなかから、「画像を見るだけ」で(画像の説明なしで)画像を選択します。
画像を選択する時、顔の表情画面だけでは、見た人の受け取り方は人それぞれです。
多分、書き込み人は選択した画像を見て、「がく~、落胆」とは受け取らなかったのでしょう。
ここで、画像作成者の意図と異なった受け取り方をして、画像を選択したわけです。
第三者(画像の使用者)は、作者と違った見方をするかも知れないのです。
そして、「プレビュー画面」や「書き込み公開画面」では、「画像作者」の意図にしたがった画像の説明がポップアップするのですが、マウスポインタを画像に持って行かなければポップアップしません。
しかも、上に書いたXHTMLのソースコードでは、ブラウザが「Internet Explorer」ならポップアップしますが、ポップアップしないブラウザもあります(私のテストでは「Firefox」ではポップアップしません。)。
また、誰もがマウスポインタを使って、ポップアップさせその内容を読むとは限りません。
多分、そんなことをしない人の方が多いでしょう。

つまり、画像制作者と画像の使用者による画像の意味の受け取り方が異なることもあれば、画像使用者と第三者の読者との間で意味の受け取り方が異なることもあるわけです。
しかも、画像使用者・読者のそれぞれが、本来の正しい意味(画像制作者の意図した意味)のとおりに理解している場合もあれば、間違って理解している場合もあるのです。
さらに、画像を表示しないブラウザや表示しないように設定しているブラウザの使用者は、画像の存在など知らないこともあるのです(「alt」の文字を表示する場合もありますが)。

今回示した例では、書き込みをした方の意図とは全く異なった文章になっていたわけです。
読者に対し、非常に失礼な文章になっていたわけであり、私ならたとえ答えがわかっていても、回答を書き込む気にはなりません。
絵文字というのは、画像を見ただけでは、見る人によって様々に理解できるものですから、使用者と読者によって異なった受け取り方をしてもしようがないものです。
このような性格を持つ「絵文字」は、初めての人や、不特定多数の人、目上の人などに対する文章では使うべきではないと思うのです。
使うとすれば、本当に気心の知れた友人同士のみに限定すべきだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/16

オンラインソフトで遊ぶ-2 じゃるばむ

デジカメなどの画像閲覧・管理ソフトを探していました。
以前は「蔵衛門」という市販ソフトを使っていたのですが、3年ほど前に販売中止となり、今は工事写真管理用ソフト(とっても高価)のみとなりました。
持っている「蔵衛門」はWindows XP/2000対応で、Vistaでも動くのですが、正式サポートされておらず、いつ問題が発生するか解りません。
そこで、新しいアルバムソフトを色々探してみました。

求めていた主な機能は次のようなものです。

  • ハードディスクに保存した画像ファイルを、画像を撮影対象・撮影日など、何らかの区分(2006年北海道の旅などとして)でアルバム化して閲覧出来る
  • 画像に「タイトル」「簡単なメモ」等を付け加える事が出来、かつ閲覧時に表示出来る
  • 操作時ハードディスクの保存した元画像のファイルに、何らかの影響を与えない(元画像を書き換えたり、別フォルダにコピーしたりしない)
  • 複数のフォルダに保存されている画像ファイルを、一つのアルバム化出来る
  • スライドショーや、CDアルバムのようなものを作成出来る機能があれば尚良い

これらは、画像閲覧・管理ソフトとしてごく当たり前の機能のようですが、案外使いにくいソフトが多いものです。
オンラインソフトはもとより市販ソフトのトライアル版も数多く試してみました。
一つのアルバムは、一つのフォルダにまとめなければならないとか、画像毎にメモを付ける機能がなかったり、メモを付けてもその表示が見にくい、オリジナルの画像ファイル名を勝手に変えてしまうものなど、なかなか満足出来るものが見つかりませんでした。
そしてようやく見つけたのが「じゃるばむ」です。

「じゃるばむ」をつかってみて

じゃるばむ 初期設定の起動画

  • 様々な方法で、アルバムを作成出来る。
    一つのフォルダ毎アルバムにする、エクスプローラからドラッグアンドドロップでアルバムに追加する、CDやCVDから読み込む、デジカメから読み込むなど様々な方法で取り込む事が出来ます。
    CDやDVDの場合、ファイルそのものをPCにコピーしなくてもアルバムを作成する事が出来ます。
  • アルバム上で、サブフォルダを創る事が出来、一つのアルバムファイル上で、ツリー状態で管理する事が出来ます。
    旅行の写真を、日付毎にサブフォルダに分けて管理するなどが出来、非常に便利です。
  • アルバム上で、明るさなど簡単な画質調整を行う事が出来ます。この調整はアルバム上での閲覧や、アルバムからの印刷に有効となります。
    アルバム上のみでの調整で、レタッチソフトなどを使用せずに行う事が出来るため、オリジナル画像ファイルには、全く影響を与えないという非常に便利な機能です。
  • タイトルやメモをつける事が出来、画面上に表示・非表示を自由に変更出来る。

その他にも、写真の管理機能、表示機能、印刷機能など様々な機能があり、まだまだ全ての機能を試せていないのですが、多くのソフトを試した中では、はじめて満足させてくれるソフトです。
OSもWindows 95からWindows Vistaまで対応され、259ページに及ぶ詳しいマニュアルも非常にありがたいサービスです。

シェアウエアなのですが、630円という低価格であり、さらに試用期間が60日と長期間(多くのソフトウエアは30日程度)なのもありがたいと思います。
とにかく、一度試用してみる事をお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/05

ファインダーのないデジカメ

2台目のデジカメ(PENTAX Optio M50)を買って3ヶ月余りたち、今ちょっと後悔しています。
理由は、ファインダーがないことです。

買ってしばらくの間は、ほとんど室内で使っており、それほど気にせず使っていたのですが、最近野外で使うようになり、ファインダーがないことがとっても不便で、使いにくいのです。
カメラを使い始めて50年近くなりますが、ファインダーのないカメラは初めてです。
フイルムカメラの時代は当然ですが、1台目のデジカメ(OLYMPUS CAMEDIA C-700 Ultra Zoom)にもファインダーは付いていました。

私にとって、ファインダーがないとどうして困る理由は二つあります。
第一は、カメラをしっかりと構えられないことです。
立派なポートレートの撮影などするわけではなく、ほとんどがスナップ写真を撮るのが目的ですから、滅多に三脚や一脚を使うことはありません。
このカメラは、シャツやジャケットのポケットに入れて、手軽に持ち運びたいために買ったのですから、余計三脚などもって行くことはありません。
そこでブレのない写真を撮るためには、しっかりとカメラを安定させることが大切です。
液晶画面を見るために、手を伸ばしてカメラを構えるのでは、いくら脇をしっかり締めて構えても、やはりブレます。
ファインダーがあれば、撮影する時カメラを持った手を顔に付けます。
これだけで、手を伸ばすより、カメラは遙かに安定します。
ブレ対策機能も万能ではありません。
そばに電柱や壁などがあれば、それを支えにしたりするのですが、どこにもあるわけではありません。
シャッター速度を速くすれば、ブレは軽減出来るのですが、このような低価格のカメラでは、自由に速度を変えることもできません。
せいぜい、ISO値を上げることくらいですが、あまり上げると画質が落ちてしまいます。

第二は、明るい所では、液晶画面は非常に見にくいことです。
ファインダーなら、液晶ファインダーでも、しっかり見えます。
たしかに、液晶ファインダーは、決して一眼レフのように、鮮明な画像が見えるわけではありませんが、明るくて見にくい液晶モニターより遙かにしっかりと見ることができます。

WEBサイトなどで、様々な意見などを見てみましたが、コンパクトデジカメから、カメラを始めた人は、ファインダーがあっても、液晶画面を使って撮影している人が多いようです。
ファインダーを使わない人が多いから、メーカーは価格を下げるために、ファインダーを取っ払ってしまった、と書かれているサイトもありました。
私は、ホームページの制作などの仕事をしており、ホームページ掲載用に、お客様が撮影した写真を扱うことも多いのですが、コンパクトデジカメで撮影された写真は、拡大してよく見るとブレている写真がかなり多いものです。
ファインダーを付けると、価格が上がったり、ボディーサイズが大きくなったりするとは思います。
メーカーは色々な撮影シーンをモードの切り替えで簡単にできるなどの機能の充実を売りにしたりしているようですが、そんなことより、多少価格が上がっても、ぜひとも全ての機種にファインダーだけは付けてほしいものです。

次にデジカメを買う時は、絶対にファインダーの付いている機種を買おうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/23

2台目のデジカメ

2台目のデジカメを購入しました。
初めてデジカメを買ったのは7年前の2001年でした。
それまで、私にはとうてい手の届かない最高機以外は、どう頑張ってもデジタルカメラは銀塩カメラ(所謂フイルムカメラ)にとうてい及ばないと思っていたのでした。
21世紀になってようやく、葉書程度のプリントなら何とか銀塩カメラと変わらない程度の性能のデジカメが庶民にも手の届く価格で手にはいるようになったのでした。

Camedia C-700 Ultra Zoom

私も、初めてのデジカメを買ったのでした。
買ったのは、オリンパスの「C-700 Ultra Zoom」(左の写真)。
200万画素で10倍ズーム、当時6万円以上で買ったものです。
デジカメの主な用途は、ホームページに掲載用写真の撮影と葉書程度のサイズでのプリント、パソコンでの鑑賞ですから、今でもこの性能で十分なのです。
ただ、カメラ本体のサイズが107.5mmX76mmX77.5mm、重さが450g(電池を入れて)あり、散歩中にちょっとポケットに入れて歩くには大きく重いのです。
もっとも、銀塩カメラなら当たり前の大きさ、重さなのですが。

そこで、小さくて軽いコンパクトカメラを買うことにしたのです。
シャツの胸ポケットに簡単に入る程度の大きさ、重さのカメラを探しました。
探すと言っても、最近のコンパクトカメラは大抵この程度の大きさ、重さなのですね。
手軽に持ち運べることが大切で、そんなに高機能を求めませんでしたので、20,000円程度のものを探したのですが、この程度の価格でとっても高機能なのですね。

Pentax Optio M50

ペンタックスの「Optio M50」に決めました(左の写真)。
はっきり言って、価格を決めればどこのメーカーの物でも機能に大差はなく、どれを買っても大して差はありません。
結局決め手はメーカーでした。
多分批判はあると思いますが、私はカメラはたとえデジタルでも昔からのカメラメーカー(ニコン、キヤノン、オリンパス等)の製品の方が安心できるのです。
そのなかで、今まで使ったことのないメーカーとして、ペンタックスを選択したのでした。
しかし、この値段で、とっても高機能に驚いています。
800万画素のデジカメがこの値段で買えるなんて、7~8年前には想像も出来ませんでした。

残念なのは、ファインダーがないことです。
デジタルのコンパクトカメラは、、カメラを持った手を伸ばして、液晶モニターを見ながら写すのが当たり前になっていますが、私はどうもこの写し方は好きになれません。
確かに、手ぶれ防止機能などが付いていますが、やはりファインダーをのぞきながら、カメラを顔に当て、しっかり肘を体に付けて構えて、写した方が安定して、ぶれない写真を撮ることが出来ます。
小型化して、難しいのかもしれませんが、やはりファインダーは欲しいものです。
もう一つだけ、不満がありました。
それは、専用バッテリーです。
専用バッテリーはメーカーによって異なるだけでなく、同一メーカーにおいても、機種により異なることがあります。
小型化してデザイン上やむを得ないのかもしれませんが、何とか標準化は出来ない物でしょうか。
携帯電話も同様ですが、機種が変わればバッテリーが異なり、各バッテリーに合わせた充電器があるというのは、資源の無駄、製造コストの無駄だと思うのです。
それ以外は、この価格では十分すぎる機能に大満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/15

有害サイトブロック

先日携帯・PHS各社が、未成年者に対しては契約時に有害サイト閲覧制限サービスに原則自動的に加入する仕組みにすると発表しました。
http://www.asahi.com/digital/mobile/TKY200712100253.html

有害サイトが絡む事件があるたびに、もっと有害サイトブロックを積極的に利用してほしい、なぜ利用しないのかと思っていました。
今回の発表で、「ようやく」かという感じです。

今までは加入時に保護者に選択してもらっていたのですが、どうして保護者がこのサービスを選択していなかったのか不思議でなりません。
「保護者がそのようなサービスがあることを知らなかった」「携帯会社が積極的に案内しなかった」と言うのが大きな理由ではないかと思います。

パソコンサポートなどでお客様宅を訪問するのですが、「有害サイトブロック」の機能・システムがあることを知らない保護者が案外多いように思います。
未成年者がおられる家庭では、この機能を有効にするように勧めるのですが、「うちの子供は大丈夫」と言われる方も多いのが実情です。
携帯だけでなく、パソコンにおいてもそうですが、保護者の方々はこのようなサービスやシステムがあることを知って、もっと利用してほしいと思います。

携帯の場合、携帯電話事業者が「有害サイトブロック」のサービスを行っていますから、サービス未加入の場合、是非とも加入するようにしてほしいものです。
パソコンの場合、「有害サイトブロック」機能が付いているセキュリティソフトを使用します。
セキュリティソフト全てに「有害サイトブロック」機能が付いているわけではありませんので、是非機能の付いたソフトを使用されることをお勧めします。
「有害サイトブロック」機能の付いたセキュリティソフトを幾つか挙げておきます

・カスペルスキーインターネットセキュリティ

・ウイルスバスター

・マカフィ インターネットセキュリティスイート

・ノートンインターネットセキュリティ

ノートンインターネットセキュリティは「Norton Add-on Pack」をダウンロート(無料)して、追加インストールする必要があります。

ここで注意してほしいことがあります。
最近は保護者より、中高生等のほうがパソコンにしろ携帯にしろよく知っています。
このようなサービスも、保護者に無断で解除しないとも限りません。
保護者でなければ設定の変更が出来ないようにする必要があります。
パソコンのセキュリティソフトには、パスワードを設定して、パスワードを入力しなければ設定を変更できない機能が付いています。
このようにパスワードを設定しておけば、保護者に無断で設定変更されることを防ぐことが出来ます。

決して「有害サイトブロック」機能だけで安全だとは言えませんが、多少でも危険に近づく事を防ぐ役割を果たしてくれると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/16

一円携帯の規制

先日来報道されているように、一円携帯を規制しようという動きがあります。
総務省の「モバイルビジネス研究会」は、携帯事業者の携帯販売代理店への販売奨励金による一円携帯のような販売方法の見直しを示唆する報告書をまとめました。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0706/27/news030.html
簡単に書くと、携帯電話は元々一台4~5万(高機能機種では8万)程度であるが、携帯事業者が販売代理店へ4万円程度の販売奨励金を支払うため、1円携帯等ごく低価格で代理店は販売している。
この販売奨励金は、携帯通話料に上乗せされている。
携帯利用者は、販売奨励金を上乗せされた高い通話料を支払っている。
これでは、短期間で携帯機種を変更する人が安く手に入れているのに対し、機種変更をせず長期間使用している人は高い通話料を通して、機種変更を度々する人の端末代金を支払わされている事になり、不公平である。
このような販売方法を規制して、通話料と端末代金を明確に分け、通話料を販売奨励金分引き下げ、端末を購入・変更する人は正当な代金を支払ってもらおうというものです。

これにより、通話料は安くなり、携帯電話を機種変更したり、新規購入する場合は4~5万(機種によってはもっと高く)支払ってくださいという事になります。
携帯端末メーカーなどには反対しているようですが、この報告書にしたがってぜひ進めてほしいものだと思います。
この規制は、メーカーの国際競争力を高めるなどの目的もあるようですが、私は何より一円だ、0円だという事だけで一年、半年といった超短期で機種変更を促すような販売方法を改めるべきだと思うのです。
確かに、今まではそれなりにユーザーが増えなければ、携帯事業者の投資に見合わないため、インフラの整備のためにこのような販売方法が必要であったかもしれません。
しかし、利用者数が固定電話を超えるまでになった今、このような販売方法は是非改めるべきだと思います。

元々4~5万円(もっと高価なものもある)の携帯電話は半年・一年で買い換える商品なのでしょうか。
4~5万円といえば、掃除機や洗濯機と同じ程度の商品です。
よほどお金の有り余った人でない限り、掃除機や洗濯機を半年や一年で買い換えることはないでしょう。
多くの親は、幼稚園や小学生にまで4~5万円のおもちゃを簡単に買い与えはしないでしょう。
まともな価格をもとに、自分の使用目的や購入可能金額と相談して、買い換え期間や購入機種を考えるべきだと思うのです。
中には、機能満載の高い機種はいらない、もっと機能を絞った低価格機種がほしいと思う人もいるでしょう。
一つの携帯電話を大切に長期間使用するという正しい使い方をしている人が、高い通話料を支払わされ、簡単に機種変更をして、古い機種を捨ててしまうような人の電話機代を実質的に負担しているようなシステムは速やかに止めてほしいものです。

さらに総務省の「モバイルビジネス研究会」はSIMロック)の制限解除も求めています。
SIMロックの制限解除により、携帯事業者を変更しても携帯機器を買い換えることなく、SIMを変えるだけで使用が可能になります。

このような携帯販売方法に規制をかける事は、携帯電話の新機能の開発や携帯コンテンツの拡大を遅らせるなどの理由で携帯事業者やメーカーは反対しているようです。
確かに、他の様々な分野で販売奨励金のようなものが出されているのは事実です。
しかし、商品本来の価格とほとんど変わらない販売奨励金が出されているなど携帯電話の販売方法は異常であり、法務省の規制により正常な姿となるのだと思います。
これにより、携帯事業者やメーカーの言う機能開発やコンテンツの拡大が多少阻害されたとしても、やむを得ないものだと思います。
携帯電話の発達・普及により確かに便利になったのは事実ですが、そんなに急ぐ事もないでしょう。
多少スピードが遅れても間違いなく発達は進んでゆくのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/23

携帯MNPで変更

番号ポータビリティ(MNP)で携帯電話を変えました。
10年近く我慢をしたのですが、いつまでたっても電波状態がよくなりません。
家の前ではなんとかアンテナ3本ですが、家の中ではアンテナ1本、しかも時々
消えてしまいます。
初期の頃は、携帯は外で使うものでしたからそれでよかったのです。
しかし今は違います。
多くの人が、最初から携帯にかけてきます。
家にいても、仕事の電話が携帯にかかってきます。
そのたびに窓辺へ移動したり、表に飛び出して話をしていました。
NTTの固定電話で架けなおしたことも度々ありました。
ホームページ制作の仕事では、携帯サイトのテストも必要です。
以前から次第に電波状態は改善されると聞いていていたのですが、いつまでた
っても良くならなかったのです。
もう我慢ができません。
とうとう、約10年足らず使ったS社(昔は社名が違っていた)から、誰もが通
信品質が良いと言うA社に変えたのです。
変えた理由はもう一つあります。
約10年使っていて、長期利用割引がかなりあり、基本料無料月も付いていたの
ですが、パケット料金が安いプランに変えると、今までの割引は全て無くなり
新規契約と同じになるというのです。
これなら、契約会社を変えても同じことです。
変更してスッキリです。
家の中のどこで使っても、アンテナ3本でクリアーに話ができます。
ネットからのダウンロードも速く、スムーズです。
携帯サイト制作のテストも、ストレス無くできます。
パケット料金を含めると、以前より安くなりそうです。
今までのストレスは何だったのかという感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)